マイクロソフトのテクノロジー×パートナーの業務専門性が企業の成長を支え、日本社会の発展につながる

本フォーラムSpecialコンテンツの第一回目は、ニューノーマル時代に向けて、すべての企業が考えるべき新機軸や、その実現に必要なテクノロジーを解説する。本フォーラムの必要性や意義と合わせて、日本マイクロソフト 執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長 手島主税氏に、日経BP総合研究所 イノベーションICTラボ 上席研究員 大和田尚孝が聞いた。

人に焦点を当てたワークスタイル変革により、
コロナ禍でも円滑に業務を遂行

大和田:新型コロナの問題に対して、日本のお客様にどのように対応してきましたか。

手島 主税 氏

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長
手島 主税 氏
※本取材は Microsoft Teams を活用し、テレワークにて実施しました

手島:多かったのは、リモートワークの実現など緊急対応への支援です。ニューノーマルに向けた打ち手を考える先進企業への支援もありましたが、大半のお客様は現状の業務をどう復帰させるかで悩まれています。

大和田:業種によってはまだ復帰に至っていない企業も多いですね。一方で御社自身の業務はコロナ禍でも円滑に進んでいたと聞いています。マイクロソフトがコロナ禍においても全世界で滞りなく業務を遂行できたのは、これまで注力してきたワークスタイル変革が奏功したのでしょうか。

手島:そこは本当に大きかったと思います。当社は東日本大震災以降、文化や人の関係性を変革しなければ、お客様を支援し続けることができないと気づきました。そこで、自ら実践して多くを学びました。失敗もありました。例えば、テレワーク開始当初は、産休明けのような特定の社員向けの制度でした。しかし、それでは全社を挙げて共感できず、チームの連携力・組織力は強化できません。そういう失敗を繰り返す中で、いつでも、どこでも、誰とでも仕事ができる環境を構築するため、組織を部門に閉じたサイロ型からコラボレーション型に変革し、効率的で働きやすい環境を整備していきました。

大和田 尚孝

日経BP総合研究所
イノベーションICTラボ 上席研究員
大和田 尚孝
※本取材は Microsoft Teams を活用し、テレワークにて実施しました

大和田:今日も離れた場所から Microsoft Teams でこの取材をしています。これだけリモートワークが浸透すると、Microsoft Teams や Microsoft 365 は、まさに社会インフラですね。御社自身も社会インフラで日本を支える使命を担っていると、今回改めて実感されましたか。

手島:当社のミッションは「地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」です。それを実現するため、テクノロジーを活用した支援などの社会貢献と、日本企業の成長を通じた日本社会の発展という2つの柱があります。いずれにしても、一番目指さなければならないのは、人に焦点を当てたイノベーションです。テクノロジーはあくまでも補助。テクノロジーを通じて、人に焦点を当てた文化をどう実現するかにすべてがある。人の潜在能力を最大限引き出す方法を突き詰めていく必要があり、そこに我々のイノベーションの骨格があると思っています。ワークスタイル変革もこれがベースにあることは変わりません。

だからこそ、テクノロジーも民主化にこだわっています。特定の専門性のある人でないと使えないのでは価値が薄れます。最終的には人の想像力が向上したり、快適なコラボレーションで多くの人とつながる世界ができたりすることで、共感力が生まれるようなことを目指しています。

ニューノーマル時代に必要な新機軸

大和田:ニューノーマル時代に日本企業が持てる力を最大限に引き出して飛躍をしていくには、何をすべきだとお考えでしょうか。

手島:マイクロソフトがニューノーマル時代への準備として提唱している3つの新機軸が、Remote Everything、Automate Everywhere、Simulate Anythingです。

Remote Everythingは、距離を価値に変えるということです。例えば、Microsoft Teams は単なるビデオチャットツールではなく、すべてのビジネスフローが流れるように業務アプリケーションと連携できます。距離を制約とせず、新たな価値を作り出す世界観を作り出す必要があります。

それを実現するには、裏側ではビジネスプロセスが自動化していなければなりません。人やモノに依存する業務プロセスがあると、全社がリモートワークできる状態にならない。ビジネスプロセスが自動化される世界観の構築が次に重要で、それがAutomate Everywhereです。

3つ目がSimulate Anythingです。今我々は前例がないことを経験しています。データのサイロ化を徹底的に排除し、多様なデータを組み合わせ、不確実性に備えたデータ分析力をつける必要があります。

これを回す関係の構築が、ニューノーマルに不可欠です。

3つの新機軸

距離から新たな価値に創りだし、自動化することを前提とした業務変革を行い、不確実の先を予測し成果を導く。

大和田:3つの連携において大切なことは何でしょう。

手島:まず重要なのは、個々のテクノロジーがサイロ化してはいけないということです。例えば、マイクロソフトのクラウドソリューションは、Microsoft 365、Dynamics 365、Microsoft Power Platform など多数ありますが、これらをレゴブロックのように組みあわせて自在に連携できるようにしています。これがBuilding Blocksで、この連携力はマイクロソフトの優位性だと自信を持って言えます。

マイクロソフトが提供するクラウドソリューション

レゴブロックを組み合わせるようにサービスを活用できるプラットフォーム。
ここまで連携したサービスを持ちあわせているのは、マイクロソフトだけといっても過言ではない。

もう1つが、Tech intensityです。企業の成長に欠かせない人材の力を最大限引き出すため、お客様自身が柔軟にデジタルを活用できるようなテクノロジーを用意し、それを活用するための育成支援を組み合わせたものです。

また、私たちはニューノーマルの新機軸とは別に、お客様のDXを支援するため、「お客様とつながる」「社員にパワーを」「業務を最適化」「製品を変革」の4つの要素を掲げています。この4つを軸に、きっかけ作りから新しい事業モデルの変革までをつなげる取り組みをしています。その全体像をデジタル フィードバック ループと言い、成長の源泉と考えています。

デジタル フィールドバック ループ

データ集約とインテリジェントな処理を中心に据え、デジタルの力で顧客と繋がり、
業務を効率化し、社員が活躍し、製品やサービスの変革に取り組むこと。

ラストワンマイルの実現に向け、
さらに重要となるパートナーの専門性

大和田:新しい時代における企業のDX支援という観点で見たときの、マイクロソフトのパートナーとの連携戦略はどのようなものですか。

手島:ここまで紹介した当社のテクノロジーで、柔軟で自動化されたプロセスや円滑なコミュニケーションなど、多くのことが可能になります。

ただし、最終的にお客様の業務に特化した形に仕上げるには、これだけでは足りません。このラストワンマイルをサービス化するのは、お客様の業務を理解し、お客様に特化したアプリケーションをサポートしているパートナー様です。パートナー様がマイクロソフトの技術を活用すれば、モジュール化したサービスを組み合わせることで、容易にテイラーメイドのサービスを提供できます。

そこで、知見あるパートナー様に本フォーラムにぜひご参画いただき、一緒にラストワンマイルを実現していきたい。また、フォーラムに集まったパートナー様同士がつながって、お客様のニーズや目的に合ったものを作り上げられればいいと考えています。そういうオープンは広場のようなものとして、このフォーラムが機能してほしいですね。

大和田:パートナー自身の変革も積極的に支援するんですか。

手島:もちろんです。パートナー事業本部のメンバーがパートナー様を支援するだけでなく、High Touch Salesの部隊がお客様のニーズから見たときに、我々の足りないピースをパートナー様との連携で補えないかを考えています。各チームが連携することで、マイクロソフトならではのエコシステムが実現します。

大和田:興味深いですね。従来のIT業界のパートナーというと、カタログをもらって一所懸命売りますみたいな一方通行が多かったんですが、むしろパートナー中心にどう考えていくかに変わってきているんですね。

手島:本当にそうです。クラウドで一番重要なのは、スピードとお客様の実現したいものに対する実現能力です。そこはマイクロソフトのテクノロジーを活用してほしい。

例えば、Microsoft Teams 上では簡単にアプリケーションを作れるので、個別のアプリケーションとの連携も容易に実現します。さらにパートナー様が簡単に使える Microsoft Graph というオープンなAPIがあり、Microsoft 365 のデータと連携できます。Microsoft 365 が持つ人や組織に関わるインサイトを活用できるので、例えばリモートワーク中のコラボレーションやエンゲージメントを可視化するソリューションを提供することもできます。

また、Microsoft Azure でデータ活用を始めたとします。そこから色々なインサイトが出てくると、もっとデータを活用したいという欲がでてきます。そこで Microsoft Azure のデータを既存データと組み合わせて活用するなど、パートナー様によるお客様の定着化や活用支援のサービスが必要となってきます。活用が進めば、ミッションクリティカル性のあるアプリケーションがクラウドに乗ってくる。そうなると、お客様に寄り添う保守サービスも必要になる。そこにもパートナー様のビジネスチャンスがあります。

優れたパートナー様と、お客様に寄り添ったサービスを提供していきたいですね。

Re:Innovate Japan 滞りのない未来を創造するために