コロナ以後はリモートワークとオフィスワークのハイブリッドへ実効性の高いデジタル活用で課題を解決し、生産性向上を目指せ

リモートワークの急速な普及は、企業の従業員や組織に様々な軋みを生んでいる。ニューノーマル時代に生じる多くの課題を解決し、新たな働き方を推進するために必要な取り組みとは。本フォーラムSpecialコンテンツの第二回目は、最先端のデジタルツールで企業の成長を支援する株式会社PHONE APPLIの川嶋庸介氏に、日経BP総合研究所の大和田尚孝が聞いた。

孤独を抱える従業員の信頼を得るには、
透明性を上げること

大和田:リモートワークが普及する中で、企業や従業員は今どのような課題を抱えているでしょうか。

川嶋 庸介 氏

株式会社Phone Appli
ビジネスデザイン部 部長
川嶋 庸介 氏

川嶋:最も顕著なのは、上司や同僚、部下の間のコミュニケーションが希薄になっていることです。その影響で仕事へのモチベーションが低下したり、従業員に孤独感が広がりつつあることが、多くの調査から明らかになっています。

大和田:リモートワークで成果を挙げるために、企業は文化や環境作りの面で何をしていく必要がありますか。

川嶋:重要なのは、組織や情報の透明性を高めて従業員の信頼感を向上させる仕組みをしっかりと構築することです。リモートワークだからこそ、社内の情報をよりオープンにしていく必要があります。弊社では経営層や部署ごとの情報発信はもちろん、目標の可視化、ありがとうのやりとりの可視化、上司部下の1 on 1、雑談タイムなど極力オープンにすることで信頼感の醸成に努め、結果を上げています。

また、よく従業員のPCの稼働状態やマウスの動きなどを監視するシステムがありますが、こうしたツールを使う場合には細心の注意が必要です。それがあることで仕事への集中を妨げたり、監視されているという意識がモチベーションの低下につながります。

大和田 尚孝

日経BP総合研究所
イノベーションICTラボ 上席研究員
大和田 尚孝

大和田:ニューノーマルの時代に企業が成長し続けるためには、デジタルの活用が不可欠だと思います。デジタル活用で注意すべき点は何でしょうか。

川嶋:まずは、デジタルが万能ではないことを認識しましょう。業務プロセスを見極め、必要な部分にしっかりとデジタルを入れて生産性を高めていく必要があります。また、ベテラン従業員や中高年層のデジタルスキルを向上させる施策もあわせて運用することが大切です。上司、同僚、部下といった立場にとらわれず、デジタルツールの使い方を自然に学び合うカルチャーを醸成し、従業員の安心感を高める施策が効果的です。

リモートワーク課題は
「マズローの欲求5段階説」に接近する

大和田:リモートワークの浸透によって、企業や社会はいかに変革されていくのでしょうか。

川嶋:リモートワーク以前の働き方に戻ることはもうないでしょう。コロナ禍が落ち着いた後は、リモートワークとオフィスワークのハイブリッドな働き方が中心となります。今からその状況を想定し、成果主体の業務評価などの体制整備が必要になります。

当社は早い段階でリモートワークを進め、他社に先駆けて多くの経験とノウハウを獲得してきました。その知見とノウハウをお客様と共有することでビジネスを展開しています。当社で様々な実験を行った結果、リモートワークの課題はマズローの欲求5段階説のような形で整理できます。

リモートワークで生じる課題は、マズローの欲求5段階説のように整理できる。

リモートワークを始めた時点では、自宅にネット回線がないなど「基本的環境の整備」が課題となります。それが終わると、ビデオ会議用に高性能なマイクやスピーカーが欲しい、セカンドモニターが欲しいなど「ワークプレイスのクオリティ」の課題が出てきます。それがある程度クリアされて初めて「人とのリレーション」が課題となり、従業員とのコミュニケーションができない、上司との1on1ミーティングが無くなったといった声が聞かれるようになります。それを経て「仲間からの承認」が課題となり、最後に「ゴールの達成」という課題へ進んで、リモートワークで自分は何をすれば評価されるのかといった問題を希求するようになります。

川嶋氏は「デジタルは万能ではない。業務プロセスの見極め、スキル向上施策、カルチャーの醸成が重要」と語る。

大和田:そこに御社はどのような貢献をしていくお考えでしょうか。

川嶋:当社のサービスはすべて自社の体験をベースに開発し、磨き上げてきたものばかりです。確かな効果を確認できるものしか提供しないことで、お客様の信頼を得てきました。

主力製品は「PHONE APPLI PEOPLE」です。従業員のknow whoデータベースとして連絡先情報、出社状況、居場所などをリアルタイムに共有し、業務効率とコミュニケーションを向上させます。リモートワークの課題に効くツールとして好評をいただいております。

主力製品の「PHONE APPLI PEOPLE」。リモートワークに効くツールとして人気を集める。

社員と組織の幸福度を視覚化する
「Well-being Company Score」

大和田:働き方改革やテレワークの普及により「Well Being(幸福)」への注目が高まっていますね。

川嶋:幸福度の高い従業員の*創造性は低い従業員の3倍も高く、生産性は31%、売上は37%高いことがデータから明確になっています。また幸福度の高い従業員は、欠勤率も離職率も低いのです。当社は健康経営を伸ばすためのサービスとして「Well-being Company Score」を提供しています。「いきいき」「のびのび」「すくすく」の3因子から構成された12問のアンケート調査を毎月実施し、12の指標で部署ごとの幸福度をマッピングします。

*出展:ハーバードビジネスレビュー 2012年5月号「幸福の戦略」P62~63

「Well-being Company Score」が提供する主なレポート。従業員の幸福度を部署ごとに視覚化する。

変化を検出したらすぐにアクションを取ることで従業員の幸福度を向上させ、組織の成長へとつなげる仕組みです。またこれと合わせ、経産省の健康経営優良法人認定の申請手続きの支援や「ホワイト500」「ブライト500」認定取得へ向けたコンサルティングも行っています。実効性の高いツールでお客様の課題解決に寄り添い、身近に相談できるパートナーとして企業のデジタル活用を支援していきます。

Re:Innovate Japan 滞りのない未来を創造するために

お問い合わせ

株式会社PHONE APPLI

https://phoneappli.net/