中国スマート工場総覧【どう売り込むか、どこに売り込むか、商機が詰まった一冊です。】

中国スマート製造の「政策」を読み解く。
システムや機器の「売り込み先」を探す。

『中国スマート工場総覧』は、スマート製造に関連するシステムや機器を中国企業に販売したい企業のための実践レポートです。中国政府の政策集を紹介するとともに、実際に稼働しているスマート工場を調査することで、スマート工場の実態、今後の課題、将来の方向性、そして日本企業の生きる道を明らかにします。また、「中国スマート工場リスト」、「中国スマート工場関連製造機器メーカーリスト」は、システムや機器を供給する日本企業の「中国進出」に役立ちます。

特徴

  • 中国スマート工場の実態がわかる
  • 日本メーカーが果たす役割がわかる
  • 公的政策集で将来の方向性がわかる
  • 中国スマート工場の連絡先がわかる
  • 関連製造機器メーカーの連絡先がわかる

ダウンロードダウンロードコンテンツ

中国スマート工場総覧
特別編集版

無料ダウンロード

特別編集版1

特別編集版2

特別編集版 表紙

中国スマート工場総覧特別編集版

無料ダウンロード

編集者メッセージ

中国政府が主導する「中国製造2025」。建国100周年までに「世界の製造大国」としての地位を築くことを目標に掲げたこの産業政策は、製造業に携わる中国企業にとって長期戦略の根幹となります。中国製造2025では、5つの大プロジェクトが明示されていますが、ここでコアとなるのが「スマート製造」プロジェクトです。中央政府は、スマート製造の標準化実証実験やモデル応用に関わる数百にも及ぶプロジェクトを実施し、「スマート製造国家標準化システム構築指南」も制定しました。今後、中国のスマート製造を推進するためには、ものづくりのトータル技術で一日の長がある「日本の技術」が必要となるのは明白です。中国がスマート製造を推進するほど、そこには日本企業に大きなチャンスが存在します。本レポートは、中国のスマート工場の現状、そして今後の方向性について明らかにします。スマート製造に関連するシステムや機器を供給する日本メーカー必携の一冊です。

木村知史

Tomofumi Kimura木村 知史

日経BP総研 上席研究員

1990年慶應義塾大学理工学部機械工学科修士課程卒業後、日経BP  入社。『日経メカニカル』『日経デジタル・エンジニアリング』『日経ものづくり』『Tech-On!(現日経xTECH)』編集長、『日経ビジネスDigital』編集長等を経て現職。

山田泰司

Yasuji Yamada山田 泰司

ノンフィクションライター/EMSOne編集長

1988~90年中国山西大学・北京大学留学。1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年中国国有雑誌の編集者を皮切りに上海を拠点に活動。著書に「3億人の中国農民工食いつめものブルース」(日経BP)

目次※目次は変更になる場合があります。

SMART FACTORIES IN CHAINA

書籍について

中国のスマート製造「政策」を読み解く
システムや機器の「売り込み先」を探す

中国スマート工場総覧

  • 調査:日経BP総研 クリーンテックラボ
  • 2019年10月31日発行予定
  • レポート:A4判、486ページ
  • 価格:書籍:450,000円+税
    書籍とオンラインサービスのセット:675,000円+税
  • 発行:日経BP

書籍とオンラインサービスのセットを購入

書籍を購入

レポート・検索・生成【オンラインサービス】

企画書などの資料作成時間を「大幅削減」!

オンラインサービスでは、本レポートの内容をオンライン上で閲覧・検索できます。
テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能。さらに出典表記付きで図表やテキストを簡単に
出力できるため、資料作成の手間と時間を大幅に短縮できます。

オンラインサービスを「体験」できます。
いますぐデモサイトへ。

  • 1レポート内サーチで
    欲しい情報に瞬時にアクセス

    キーワードを入力するだけで、レポート内のテキスト情報を探せます。複数のキーワード入力も可能。検索結果には検索ワードと関係性が高い「関連キーワード」「関連企業」も表示します。

    イメージ1

  • 2図表サーチで
    図表だけでも探せる

    入力ワードと関連する図表をサムネイルで一覧表示。図表をクリックして拡大表示したり、詳細情報にアクセスすることができます。

    イメージ2

  • 3レポート閲覧で
    書籍のように閲覧できる

    書籍と同じように、目次に沿ってレポートを閲覧することができます。

    イメージ3

  • 4ボタン一つで
    パワーポイントに出力できる

    検索したテキスト情報や図表はボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。出所表記付きで出力されるので、企画書にそのまま使うことができます。

    イメージ4

下へ

経営企画、事業開発、R&D、マーケティング部門の皆さまの
「企画書・提案書」作成をサポートします。

  • ●経営ビジョン計画書
  • ●R&D計画書
  • ●M&A計画書
  • ●成長産業調査資料
  • ●中長期事業計画書
  • ●市場規模推定報告書
  • ●参入領域検討資料
  • ●自社技術ロードマップ
  • ●新規事業提案書
  • ●競合分析資料
  • ●新商品企画書
  • ●業界トレンド調査資料書......
  • 出典:テクノロジー・ロードマップ2019-2028 全産業編
  • 出典:日産自動車「リーフ」徹底分解2018 全体編
  • 出典:医療・健康ビジネスの未来2019-2028
  • 出典:未来市場2019-2028
  • 出典:ロボットの未来2019-2028
  • 出典:フードテックの未来2019-2028

書籍とオンラインサービスのセットがお得です!

書籍とオンラインサービスのセットを購入

書籍を購入

オンラインサービスのご利用について

※オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

※ご利用には手続きが必要です。書籍納品時に案内書を同封しますので、手続きをお願いします。弊社にて利用登録が完了しましたらメールでお知らせします(最大1週間かかる場合があります)。
ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。

※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。こちらからお問い合わせください。(日経BPマーケティングにて承ります。)

※コンテンツのデータ、またはデータを元に独自の図表を作成して使用する場合は、 必ず出所(出典)を明記してください。

※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公 衆送信等することはできません。
例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など

※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。