ここから始めるESG Online Seminar

先進企業の
事例に学ぶ
「ESG経営」

2022年2月28(月)
13:30~14:15
(13:15~配信開始)

オンライン開催 Zoom配信 自宅視聴OK
スマホOK Webカメラ不要

参加お申し込みはこちら

カーボンニュートラルなどESG(環境・社会・企業統治)への対応を企業に求める声がかまびすしい。米アップルは、iPhoneなど自社の全商品で2030年までにサプライチェーン(供給網)で排出される二酸化炭素を実質ゼロにする方針を表明しています。現時点でこうした具体的な表明は一部の先進企業にとどまっています。が、こうした動きは広がりこそすれ縮小する気配はありません。いつ、御社の取引先がカーボンニュートラルへの協力を打診してくるかもしれません。
であるならば、先んじて手を打つ。それが経営の常道ではないでしょうか。差し迫ってから対応するより、いま明確なESG対応へ舵を切れば、他社への競争優位にもなります。
ESGへの取り組みに先進的な大企業は、どんな目線で対応を進め、それを企業活動へ落とし込んでいるのか。対岸の火事でなく自分ごととして取り組む中小企業はどんな活動を始めているのか。とはいえコスト増になる場合も多いため、その負担を軽減するやり方はないものか ──。
そんな疑問に答え、新たな道筋を鮮明に示す「ここから始めるESG Online Seminar」シリーズ。一緒に前に進みませんか。

イメージ

プログラム

13:30
「究極のサプライチェーン、パプアニューギニア発、カカオが秘める無限の可能性を求めて」
ロッテ
上席執行役員 坂井 建一郎 氏
坂井 建一郎 氏
今年1月13日にオンラインで発売された「DO Cacao chocolate」。値段は2160円とチョコレートとしてはけっこう高い。ただそこには全く新しい味のチョコレートを追い求めるロッテの戦略、そして環境や人権への配慮というメッセージも隠されている。ESG対応でサプライチェーン全体を見直す機運が高まるなか、究極のサプライチェーンをロッテに見た。
中央研究所 チョコ・ビス研究部 チョコレート研究課
主査 五十嵐 拓磨 氏
ほか
「環境印刷で刷ろうぜ!CO₂ゼロ印刷への道」
大川印刷
代表取締役社長 大川 哲郎 氏
大川 哲郎 氏
“ソーシャルプリンティングカンパニー”を標榜し、CO₂ゼロ印刷に向かう大川印刷。創業140年、従業員数40人あまりの横浜の印刷会社は、20年近く前から環境印刷を目指してきた。大川哲郎社長によれば「印刷業は斜陽産業。地域や社会から必要とされる人と企業になるため、我々にとってのコトづくりを社会課題解決にして、CO₂ゼロ印刷を目指した」。J-クレジットなどを使ったカーボンオフセットでも、コトづくり、そしてストーリーを重視した。「『環境に正しい』、そして『楽しい』じゃないと続かない」という大川社長節に耳を傾けてみよう。
「サステナブルファイナンス、こんな企業へ投融資!」
日本政策投資銀行
執行役員(GRIT担当)兼経営企画部サステナビリティ経営室長 
原田 文代 氏
大原田 文代 氏
サステナブルファイナンスに積極的に取り組む日本政策投資銀行は、ESGに取り組むどんな会社に投融資をしたいのだろうか──。サステナビリティ経営の担当役員に率直に聞いてみた。核心部分は動画本編に譲りたい。ただ、例えば急速にEV(電気自動車)化が進む自動車業界で、ガソリンのエンジン部品を作っていた企業には投融資しづらくなる、そう考えるのは早計だと言う。キーワードの一つが、トランジション(移行)へのファイナンスだ。
〈モデレーター〉
日経BP 総合研究所
杉山 俊幸
杉山 俊幸
〈司会〉
フリーアナウンサー
榎戸 教子 氏
榎戸 教子 氏
〈プロフィール〉
さくらんぼテレビ、テレビ大阪のアナウンサーを経て経済キャスターに。BSテレ東「日経ニュース プラス9」のメインキャスターを務める他、「NIKKEI日曜サロン」やラジオNIKKEI「ソウミラ」に出演。2014年にアナウンサー事務所PICANTEを設立。就職支援、スピーチ指導、コミュニケーションに関するセミナーの講師なども務めている。
14:15
終了

※プログラム内容を、予告なく変更することがあります。また、終了時間が変わる可能性もあります。ご了承ください。

セミナー情報

〈参加費〉
無 料 ※事前登録制
〈主 催〉
日経BP 総合研究所

参加お申し込みはこちら

【Zoomの視聴にあたって】

①日経BPは、Zoom上では個人情報を収集しません。

②視聴に必要なURLは、配信前日までに登録いただいたメールアドレス宛へご案内メールにてご案内します。URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布は行わないようお願いします。

③動画の録画、キャプチャー及びSNSなどへのアップはお控えください。

④チャットの内容や視聴者の個人情報(会社名など)は口外、公開しないでください。

⑤動画/音声に乱れが生じた場合の再配信や動画視聴に関わる技術サポートはできかねますのでご了承ください。

⑥異常と思われる接続を見つけた場合、予告なく切断することがあります。

© 2022 Nikkei Business Publications, Inc.