ネオンとオンナ

SNSにおける「モテ」と「非モテ」の踏み絵

“美人なのになぜか彼氏ができない”友達・めぐみ(仮名)の話

文:鈴木 麻友美 11.17.2016

スペックが高いのに彼氏ができないアラサー女子がいる。そこまでイケメンじゃないのになぜか女性が群がる男性がいる。なんで?と思うが、その理由はSNSの使い方に表れているように思う。「それは異性、萎えるがな~」な情報過多のパターンを分析してみた。

パターンその2:絵日記男

そもそも、SNSのタイムラインに対する投稿は「知らない人がみてもおもしろい友人の決定的瞬間」とか、マンボウ食べた!とか、情報が「ニュース」だと喜ばれる。

モテる男、雰囲気イケメンは現実社会においても、そういう瞬間風速的なサプライズがうまかったりする。マネしたくても、プル型人間になるには、育ちの問題(幼少期からちやほやされていたとか)もあるので難しい。まれにこれを後天的に身につける人間もいるが、だいたいが相当なすけこましだ(ほめ言葉です)。

男性の場合わりとシンプルで、文字量が少ない人ほど天性のモテ男が多い。

ひるがえって、とにかく投稿が長い人、多い人。本当は時間があれば全部読みたいんだけどごめんなさい、時間がない。

そして意図的じゃないのに読み飛ばすようになると、「あ、私に読み飛ばされてる人だ」という認識が後からしみついてくる。

これは、お互い不幸である。現代における新種の事故みたいなものだ。

じゃあ、文字量少なければいいって話でもない。

不思議系投稿がいきすぎるとただの変わった人だし、身内情報を説明なしに投稿されても「知らんがな」である。

「今夜はまじ濃いメンバーで集まれて感謝。俺ってつくづく仲間に恵まれてるなぁ。がんばれよ、たくま!」みたいなエモい言葉と飲み会の写真。

それはたくまにLINEで直接送ったげてくださいである。

文明の利器が、モテと非モテを可視化してしまう世界。

昔の人が言ってた、「過ぎたるは及ばざるが如し」と「わびさび」を胸にそっと生きていこうと思う。

鈴木 麻友美(すずき・まゆみ)

1983年、神奈川県生まれ東京都在住の会社員。テレビ局勤務。赤ちょうちんと鮨と蕎麦が好物で夜はたまにクラブDJに変身。都会に疲れしばらく海辺ぐらしをしていたが、現在都内に仮住まい中。本コラムではTOKYOに浸かりつつ距離もとりつつ、愛と諦めを持ってTOKYOのヒト・モノを観察します。
Twitter/Instagram @kingmayummy

BARガイド