おしながき

【冬の鍋レシピ】鯵(あじ)のつみれと根菜のみそ鍋

Webサイト「アマノ食堂」からのお薦めレシピ紹介

レシピ監修:MOMOE/文:アマノ食堂編集部 02.09.2017

まだまだ油断できない寒さが続いています。そこで今回は、心も体も温める、冬の鍋レシピ「鰺のつみれと根菜のみそ鍋」をご紹介。Webマガジン「アマノ食堂」からお届けします。

寒い季節になると食べたくなる、鍋。最近は和風だしや中華風味のほか、キムチや豆乳、胡麻だれなどいろいろな鍋がありますよね。そんななかで今回ご紹介するのは、深いコクがヤミツキになる味噌ベースのお鍋。

鯵のつみれや根菜をたっぷり煮込んだ味噌鍋は、食べ応えもありポカポカと体を温めてくれます。「つみれを作る」と聞くとちょっと面倒なように思えますが、鯵をフードプロセッサーにかけてお好みの大きさで丸くすれば、簡単にできあがり。お鍋のお供に、魚介の旨み味がギュッと凝縮したフリーズドライのかに雑炊も一緒に添えて。寒い夜は、芯から温まる夜ごはんで明日の元気をしっかりチャージしましょう。

<レシピ手帳>寒い夜はやっぱり鍋!「鯵のつみれと根菜のみそ鍋」

根菜類は火が通ると柔らかくなり、甘味が水分として出てくるのが特長。鯵のつみれは、箸でつまんでわかるくらい分かるくらいふわっふわの食感。口に入れるとホロっとほぐれて凝縮されていた旨味みが口の中で広がります。少し濃いめの味噌鍋なので、白いご飯とも相性バツグン。お湯で戻す前のフリーズドライの雑炊を鍋にそのままポンと入れるのもいいですね。

[所要時間]
30分

[材料](2人分)
ごぼう…1本
さつまいも…1/4本
にんじん…1/4本
きのこ(えのき…1/2パック、しめじ…少々)
万能ねぎ…1本
水…1.2L
酒…1/4カップ
昆布…適量
味噌…大さじ9

<つみれ(8個分)>
鯵…300g
卵…1個
生姜すりおろし…小さじ1
味噌…大さじ1
片栗粉…大さじ1

[作り方]

1. ごぼうはピーラーで薄くスライスし、さつまいもとにんじんは千切りにする。ニラは4cm長さに切り、きのこは小房にわける。

2. つなぎの材料をフードプロセッサーに入れ、アジのつみれを作り、鍋に水と酒、ごぼうを入れて沸かしたものに残りの具材とつみれを入れ、煮込めばできあがり。

レシピ監修<今月の料理人>

MOMOE/フードクリエイター
人気ケータリング「MOMOE」主宰。ケータリングやイベント出店、フードコーディネートなど行う。旬食材を使った彩り豊かでからだに優しい料理に定評あり。著書に「ピクルス&マリネ サラダみたいに食べる、楽しむ」(グラフィック社)、「常備菜のっけ弁当」(宝島社)などがある。公式サイト

本日の一品

かに雑炊
6食入り/箱(21.5g×6)
1089円(税込)
■購入はこちらから

(2015.10.20「アマノ食堂」より転載)

「アマノ食堂」は、おいしい食・人・暮らしの情報が集まるWebマガジンです。食材にまつわるトリビアやレシピ、“旬”な著名人のインタビュー、誰かの思い出の味を再現する実験企画など、ほぼ毎日配信中! サイトへは、こちらから!

<関連記事>
山形県の在来野菜!日本一甘〜い「赤根ほうれん草」ができるまで
口尾麻美さんの愛用品|“異国の味”ウズベキスタンの伝統的な「イカット柄」にひと目惚れ
小谷実由さん×松尾レミさん|平成生まれの喫茶店マニアが語る!私と「純喫茶」との出会い

BARガイド