元CA・クララの日記

女子に人気、フォトジェ旅必須のデジタルグッズ!

Wi-Fi機能付きデジカメ、360度カメラ、小型プロジェクターなど女子旅で実績アリのグッズをご紹介

文/写真:駒崎 クララ 08.25.2016

元客室乗務員(CA)で経営者の駒崎クララと申します。今回はフォトジェニックな旅を演出する、女性たちに人気のデジタルグッズについてご紹介します!

持ち運べる小型プロジェクターも楽しい

次にご紹介するのは、プロジェクター。「Smart Beam Laser」(販売はタイセイテック)です。こちら、私が最近とてもはまっているアイテムです。

プロジェクターを旅に持っていくの? と思われるかもしれませんが、こちらの機種は手乗りサイズで、白い壁さえあれば、どこでも映像を投影できるんです。iPhoneをはじめとしたスマートフォンやパソコンからすぐに無線LANで接続できるので、みんなで一緒に写真を見るのに適していますし、映画を楽しむこともできます。

Smart Beam Laserで部屋の壁に映像を投影したところ

最後に番外編として、加湿器をご紹介しましょう。「FOGRING」(販売はYO-KO)というポータブル加湿器です。ホテルの部屋は乾燥していることが多く、女性にはつらいもの。水が入った器ならどんな器でも加湿器に早変わりするこちらは、手放せません。一緒に旅した女子たちにも好評でした!

遠慮なく撮ろう!

私は旅で写真を撮るとき、1場面につき10枚くらい撮るようにしています。撮る角度や画角を変えながらたくさんシャッターを切っていくと、経験上1枚くらいはいい画像が残ります。今の若い方々には当たり前のことかもしれませんが、フィルムではなくデジタルデータとして記録するデジカメならではの時代、遠慮なく撮ることが大事だと改めて思っています。

私はかなりデジタルガジェット好きなので、今回ご紹介したグッズはもしかしたらちょっとマニアックかもしれません。けれども、いずれも女子旅を重ねる中で有用性を見いだしたグッズですので、本当にオススメです。

10年後、あるいは20年後、旅の思い出をより楽しく、そして鮮やかに引き出せるよう、この記事がお役に立てましたら幸いです。

駒崎クララ(こまざき・くらら)
株式会社KoLabo代表取締役社長。神田外語大学外国語学部卒業後、アシアナ航空へ入社。客室乗務員として約7年半、日韓線及び長距離路線に乗務。7年半の間に二度の優秀乗務員賞を受賞する。2012年、「航空会社の垣根を越えた、CAの情報共有やコミュニケーションの場を作りたい」という思いから、客室乗務員経験者専用情報共有サイト『CREW WORLD』をスタートさせ、株式会社KoLaboを設立。現在はCREW WORLDの運営に加えて、客室乗務員経験者のセカンドキャリアを支援する人材紹介サービス『KoLabo Crew Concierge』を運営。マスタービジネスコーチ。Kolabo|CAのセカンドキャリアを応援する転職支援サイトは こちら
伊東食堂