元CA・クララの日記

「京都愛」が感じられる、京都の独断おすすめスポット!

文/写真:駒崎 クララ 11.02.2016

元客室乗務員(CA)で経営者の駒崎クララです。今回は「ついつい訪れてしまう京都の魅力」について。今回は、私の独断と偏見による、おすすめスポットをご紹介します。いずれのスポットも、京都に住んでいる人たちによる、京都への愛、いわば“京都愛”を感じさせるスポットです。

京都でパナマに出会う!?!?

■彩席ちもと
住所:京都府京都市下京区西石垣通四条下ル斎藤町116

1人でも気軽に訪れることができる本格京料理屋さん。お向かいに本店があり、約300年(享保3年=1718年の創業)の歴史があるお店の姉妹店。「玉子宝楽」という品がお昼のいずれのコースにも付いていますが、これだけ単品で頂きたいくらい美味しいです。

玉子宝楽は、玉子がふわふわでスポンジケーキのよう。洋風の茶わん蒸しといったら良いのでしょうか。スプーンで崩していくときの感覚が忘れられません。

■ゐど寿屋
住所:京都市中京区三条通堺町西入桝屋町61

私は京都を歩いていてちょっと立ち止まると、迷っているのではないかと思われるのでしょうか。いろんな方が話しかけてくださいます。私はそのような時間がとても好きで、気がつくと話し込んでしまい、その町にまつわるエピソードを教えていただきます。

そんな会話を通して、「古くから営業しているお店があるので行ってみたら」ということで紹介を受けお邪魔したのが、こちらのお店・ゐど(いど)寿屋です。和・洋の袋物がたくさん販売されています。

びっくりしたのは、私がパナマにいたときにたくさん目にしていた「モラ手芸」の品物があったことです。モラ手芸は、パナマのクナ族を起源とする手芸だそうですが、まさか京都でお目にかかるとは思いませんでした。モラ手芸の日本における第一人者の方が、このお店に商品を卸しているそう。

こちらのお店はすごく特徴的で、例えば、お店とご縁があった方に素晴らしいご縁がさらにやってくるようにと、連番の新札しかお店では用意していないそうです。また、お店の「寿」という字は松竹梅で出来ていて面白いです。

土地の方とお話をすると、まさにガイドブックに載っていない見どころがたくさん浮かびあがってきます。これこそ、土地にお邪魔してこその醍醐味だな、と思います。

「地元愛」が増えると世界が変わる!?

今回京都のおすすめスポットをまとめる中でふと思ったことがあります。それは、京都に住んでいる人たちは、京都への愛、いわば“京都愛”がある、ということです。

今回紹介したスポットはどこにお邪魔しても、たくさんの方がそのスポットや周辺のエピソードを惜しみなく紹介してくださいました。まるで私を“京都の達人”に育て上げようとしているかのようです。

おそらく、ただの旅人にそこまでするのは、ご自身たちが住む土地を愛しているからだと思うのです。

住んでいる人が、楽しくてなるほどと思えるエピソードを旅人にたくさん伝えることができる街。そんな街が日本中、いや世界中に増えると、世界はもっと素晴らしくなるのではないかと思っています。

駒崎クララ(こまざき・くらら)
株式会社KoLabo代表取締役社長。神田外語大学外国語学部卒業後、アシアナ航空へ入社。客室乗務員として約7年半、日韓線及び長距離路線に乗務。7年半の間に二度の優秀乗務員賞を受賞する。2012年、「航空会社の垣根を越えた、CAの情報共有やコミュニケーションの場を作りたい」という思いから、客室乗務員経験者専用情報共有サイト『CREW WORLD』をスタートさせ、株式会社KoLaboを設立。現在はCREW WORLDの運営に加えて、客室乗務員経験者のセカンドキャリアを支援する人材紹介サービス『KoLabo Crew Concierge』を運営。マスタービジネスコーチ。Kolabo|CAのセカンドキャリアを応援する転職支援サイトは こちら
  • 1
  • 2