エトーリョーコの朝ごはん革命!

蟹クリームコロッケを使えば簡単にドリアが作れるんです!

第88回:持ちやすくて食べやすいマグカップ飯は簡単朝ごはんにピッタリ

文/写真:江頭 令子 03.08.2019

IT企業に勤務しているエトーリョーコさん。彼女は毎朝4時半に起床。朝ごはん数点を作ってiPhoneでSNSにアップするという作業を5年以上ほぼ毎日続けています。「朝ごはん命」なエトーリョーコさんによる朝ごはん、第88回は、蟹クリームコロッケを使って簡単にドリアを作る方法を紹介します!

今日のメニューは
・蟹クリームコロッケのマグカップドリア
です。

■7:00

おはようございます。
息子を起こさぬよう、ベッドをそっと抜け出してリビングへ。
歯磨き、洗顔を済ませたら、タイマーセットしておいた淹れ立てのコーヒーをひと口。
さて、今日もワーママ時間の始まりです。

息子が起きる前に手早く家事を済ませます。
知多のトイレ掃除に知多ごはん、洗濯、掃除、加湿器給水。

■7:15

コーヒーを飲みながらPCを開き、仕事をします。
授乳やオムツ替え、ギャン泣きなどで、仕事が断続的になってしまうので、今まで以上に仕事を進める優先順位が重要になりました。

とはいえ、なかなか思い通りには進められず、日々、あれこれ工夫しながら、仕事と育児の両立という新しい壁に挑戦中です。

家事や育児は、夫もかなり協力的なので、「両親学級」で聞いた夫婦仲が悪化するという「産後クライシス」には全くなりそうにありません。とはいえ、日中なかなか思うように仕事が進まないこともあるため、夫の帰宅がたまたま遅くなってしまった時は、夫に息子を任せてから、早朝や深夜の時間を活用しています。

コーヒーメーカーのタイマー機能をはじめ、調理家電や無洗米など、一つ一つは小さなことでも「塵も積もればゆとりができる」(笑)。
少しでも楽になれる便利アイテムはどんどん使っています。

以前のように、知多とゆっくり遊んであげられる時間がなかなか取りにくくなったので、知多が大好きな羽のついたネズミのおもちゃをネットでまとめ買いしました。
なぜかこのおもちゃは大好きで、ひとりでずっと楽しそうに遊んでくれるんです。
最初の一匹は羽も取れてボロボロになっていたので、新しいネズミおもちゃを渡したら再び大はしゃぎ!
あっという間にボロボロに。

■8:00

寝室から息子の愚図る声が聞こえてきました。
リビングにつれてきて授乳とオムツ替えなどをしたら、抱っこしたまま朝ごはんを作ります。

■8:30

昨夜は蟹たっぷりの蟹クリームコロッケでした。
たくさん作って余ったので、今朝は余った蟹クリームコロッケを活用します。

冷凍ご飯を電子レンジで温めます。
マグカップに温めたご飯をいれ、蟹クリームコロッケをのせたらソースをかけ、冷凍ほうれん草を散らし、チーズをかけてから電子レンジで温めます。

■8:35

完成!

蟹クリームコロッケを崩し、ご飯と一緒に食べるとまさにドリアです。

持ちやすくて食べやすく、とっても簡単なマグカップ飯は、パンメニューもオススメです。
マグカップに卵を割りほぐし、牛乳と砂糖を混ぜたら、9等分に切った食パンを一つずつフォークで沈めて浸し、電子レンジで温めれば、マグカップ一つでフレンチトーストが完成!
シナモンとシロップをかけていただきます。

今日の朝ごはんポイント

(1)クリームコロッケで簡単ドリアが作れる
(2)持ちやすくて食べやすいマグカップ飯は簡単朝ごはんにオススメ

江頭 令子(えとう・りょうこ)
上智大学在学中から、内定先である株式会社ECナビ(現VOYAGE GROUP)にて広報キャリアをスタートさせ、現在、十数社のグループ広報を統括。2015年より、通販化粧品の企画・販売を行う子会社設立にも携わり、株式会社ゼノシスにてスキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。ケンカしても深夜に帰宅しても、必ずいつも手料理を作ってくれた母の影響を受け、手料理の持つ力を知る。「オイシイ」は世代や性別や言葉の壁をも超え、人を笑顔にさせる力がある!が信条。新たな食との出会いを求め、年に数回は国内外へ旅行に出掛ける。
家飲み酒とも日記