エトーリョーコの朝ごはん革命!

トリュフの炊き込みご飯をリゾットにリメイクしてみました!

第92回:トリュフオイルやトリュフ塩を使えば家飯でも贅沢気分を味わえます

文/写真:江頭 令子 04.05.2019

IT企業に勤務しているエトーリョーコさん。彼女は毎朝4時半に起床。朝ごはん数点を作ってiPhoneでSNSにアップするという作業を5年以上ほぼ毎日続けています。「朝ごはん命」なエトーリョーコさんによる朝ごはん、第92回は、トリュフの炊き込みご飯をリメイクしたリゾットを紹介します!

今日のメニューは
・トリュフリゾット
です。

■6:30

おはようございます。息子を起こさぬよう、そっとベッドを抜け出したら、今朝もまずは手早く家事を済ませます。

夫婦そろって花粉症が酷いので、この時期は夜のうちに洗濯をし、浴室乾燥をし、朝たたんでいます。以前は、2~3日に1度洗濯をしていたのですが、息子が生まれてからは洗濯物も増えたので、毎日洗濯機を回しています。

花粉の時期はもちろん、天気にも左右されず、急な雨にも焦ることなく、いつでも干せる浴室乾燥機能って、本当に便利だなと改めて実感する今日この頃です。

洗濯物をたたんだら、掃除や知多のごはん、知多のトイレ掃除などをテキパキ進めます。

息子へのヤキモチからか、粗相をしてしまったり、飛び乗ろうとしたキャットタワーや棚から落っこちたり、ちょっとドジなところもある愛猫知多は、先日1歳になりました。体もだいぶ大きくなり、ノルウェージャンフォレストキャットらしく、毛もふさふさになってきましたが、成長スピードがゆっくりで、3~4歳まではまだまだ体が大きくなり続けます。

お誕生日には、ご馳走をプレゼントしました。何とも豪快な食い散らかし方です(笑)。

■6:45

少しだけ仕事をしようとPCに向かったら、息子の愚図り泣きが聞こえてきました。毎日同じリズムで生活をするのは、まだまだ先の話ですね……(苦笑)。

寝室に行き、オムツを替え、息子をあやしたらニコニコご機嫌さんになりました。でも、ご機嫌さんになりすぎて、お目目パッチリ! 眠らなそうなので、今日はもうリビングに連れていき、起こすことにします。

■7:30

しばらく息子と遊び、息子をMAXI-COSIに寝かせてトイレへ行き戻ってきたら、何と寝てる! 今のうちに朝ごはんを作っちゃおう!

ちなみにMAXI-COSIは、チャイルドシートのことで、エアバギーに装着してベビーカーとして使用できるだけではなく、取り外して車に乗せればカーシートになったり、赤ちゃんを乗せたまま家の中に運ぶキャリーや、家の中ではロッキングチェアとしても利用できるんです。

今日は、冷凍しておいたトリュフの炊き込みご飯をリメイクしたいと思います。なかなか子ども連れでは、行ける飲食店も限られてしまうので、以前行ったお店で食べたトリュフの炊き込みご飯とトリュフたこ焼きを作ってみようと、夫がトリュフとトリュフオイルを買ってきました。

昨夜は、家にあったトリュフ塩とトリュフとトリュフオイルを使って、トリュフの炊き込みご飯とトリュフたこ焼きを楽しみました。

トリュフの炊き込みご飯
トリュフたこ焼き

電子レンジで冷凍しておいたトリュフの炊き込みご飯を温めている間に食器を用意します。

鍋に温めたトリュフの炊き込みご飯と牛乳を入れます。ご飯に味がついているので、トリュフ塩と胡椒を少し加えて味を調えます。

グツグツして汁気がなくなったらお皿に盛り付け、上からトリュフオイルを少したらして完成。

鍋などはさっと洗って片づけます。

■7:40

いただきます。

家飯でも、ちょっと贅沢な気分になれるトリュフ塩とトリュフオイル。少し加えるだけでグッと風味が増すのでおすすめです。

今日の朝ごはんポイント!

(1)炊き込みご飯をリゾットにリメイク
(2)トリュフオイルやトリュフ塩で家飯でも贅沢気分を味わえる

江頭 令子(えとう・りょうこ)
上智大学在学中から、内定先である株式会社ECナビ(現VOYAGE GROUP)にて広報キャリアをスタートさせ、現在、十数社のグループ広報を統括。2015年より、通販化粧品の企画・販売を行う子会社設立にも携わり、株式会社ゼノシスにてスキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。ケンカしても深夜に帰宅しても、必ずいつも手料理を作ってくれた母の影響を受け、手料理の持つ力を知る。「オイシイ」は世代や性別や言葉の壁をも超え、人を笑顔にさせる力がある!が信条。新たな食との出会いを求め、年に数回は国内外へ旅行に出掛ける。
家飲み酒とも日記