エトーリョーコの朝ごはん革命!

グリンピースのオイルおにぎり、竹皮で気分もアップ!

第93回:オリーブオイルや胡麻油など油をかえることで風味の違いを楽しめます

文/写真:江頭 令子 04.12.2019

IT企業に勤務しているエトーリョーコさん。彼女は毎朝4時半に起床。朝ごはん数点を作ってiPhoneでSNSにアップするという作業を5年以上ほぼ毎日続けています。「朝ごはん命」なエトーリョーコさんによる朝ごはん、第93回はグリンピースを使ったしっとりオイルおにぎりを紹介します!

今日のメニューは
・グリンピースのオイルおにぎり
です。

■5:00

おはようございます。

息子が生後4カ月を迎えようとする頃から、昼間にあまり眠らなくなり、夜中にまた何度も起きるようになりました。どうやら生後4カ月頃に見られる睡眠退行という成長過程の現象とのこと。再び、睡眠不足の日々が戻ってしまいましたが、成長している証しなのかと思うとうれしくもあります。

とはいえ、やはり、キツイことはキツイ(苦笑)。とりあえず、授乳とオムツ替えをします。

授乳といえば、話題の液体ミルク、さっそく買ってみました。割高ではありますが、哺乳瓶に移し替えるだけでお湯もお水も不要。また、常温保存で飲ませられるので、外出時や非常用に数本買い置きしてみました。

■6:00

もう一度寝かしつけようと思ったものの、まったく寝付く気配なし。「ママは眠たいんだけどなー」とささやいても聞き入れてくれるはずありません(笑)。

寝室にいると眠気で余計に怠(だる)くなってしまうので、寝かしつけてから眠ることは諦めて、自分自身の目を覚ますためにリビングに移動します。幸い愚図ってはいないので、まずは息子を寝室においたまま、家事をさっと済ませます。

夜中のうちに浴室乾燥しておいた洗濯物を畳み、夜中に使った哺乳瓶を洗って電子レンジ消毒して空拭きし、加湿器の給水をして、知多のトイレ掃除に知多ごはん。まだ朝早いので、掃除は掃除機ではなく、クイックルワイパーで済ませます。

■6:15

寝室に行くと息子がぐずり始めていました。抱っこしてリビングに連れ出し、しばらく一緒に遊んで過ごします。

■7:00

うとうとしてきたので、MAXI-COSIに乗せ、少しユラユラ揺らしていたら……寝た!

お腹が空いたから今のうちにご飯を作ります。

今が旬のグリンピース。さやつきのものがあるので、豆ごはんを作ろうと思ったものの、夫が豆ごはんは好きじゃないと言い、使いやすいようにとりあえず茹でて保存しておきました。

グリンピースは、さやから出し、塩を軽くまぶしてから茹で、粗熱を取って茹で汁と一緒に保存しておくと便利です。

今朝はこれを使ってオイルおにぎりを作ります。

オイルおにぎりは、オリーブオイルや胡麻油、亜麻仁油などを加えて作るおにぎりのことで、油をかえることで補える栄養が変わったり、風味の違いを楽しんだりすることができます。また、オイルが加わることで、しっとりとしたおにぎりを味わうこともできます。

冷凍ご飯を電子レンジで温めている間に、グリンピースを胡麻油で軽く炒め、塩コショウで味付けします。炒める音で息子が目覚めてしまったようです。

でも、まだそんなにぐずっていないので、キッチンから声をかけながら続けます。

温めたご飯に炒めたグリンピースを交ぜます。まだご飯が熱すぎるので、ラップを広げてご飯をのせ、その間にフライパンやボウルを洗って片づけます。

■7:05

ラップのままご飯を握れば、グリーンピースのオイルおにぎりの完成。

グリーンピースを炒めた胡麻油がちょうど良い感じにご飯になじみ、ラップで握れば手がべたつくこともありません。

泣いている息子を抱っこひもで抱っこしてあやし、落ち着いてからいただきます。

竹皮に包めば、ただのおにぎりでも、ちょっと気分が上がります。

今日の朝ごはんポイント!

(1)具を炒めてご飯にまぶし、ラップで握れば、オイルおにぎりも簡単に作れる
(2)竹皮でただのおにぎりも気分アップ

江頭 令子(えとう・りょうこ)
上智大学在学中から、内定先である株式会社ECナビ(現VOYAGE GROUP)にて広報キャリアをスタートさせ、現在、十数社のグループ広報を統括。2015年より、通販化粧品の企画・販売を行う子会社設立にも携わり、株式会社ゼノシスにてスキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。ケンカしても深夜に帰宅しても、必ずいつも手料理を作ってくれた母の影響を受け、手料理の持つ力を知る。「オイシイ」は世代や性別や言葉の壁をも超え、人を笑顔にさせる力がある!が信条。新たな食との出会いを求め、年に数回は国内外へ旅行に出掛ける。
伊東食堂