エトーリョーコの朝ごはん革命!

妊婦の体にやさしいギリシャヨーグルトと柿のオープンサンドです!

第72回:ギリシャヨーグルトはチーズの代替品として便利

文/写真:江頭 令子 10.26.2018

IT企業に勤務しているエトーリョーコさん。彼女は毎朝4時半に起床。朝ごはん数点を作ってiPhoneでSNSにアップするという作業を5年以上ほぼ毎日続けています。「朝ごはん命」なエトーリョーコさんによる朝ごはん、第72回は、妊婦の体にやさしいギリシャヨーグルトと柿のオープンサンドを紹介します!

今日のメニューは
・ギリシャヨーグルトと柿のオープンサンド
・トマトとブロッコリーのサラダ
・ポタージュスープ
・リンゴ
です。

■4:30

おはようございます。
だんだんと胎動も強くなり、最近は、愛猫知多のごはんおねだりと息子のキックで起こされてます。
妊娠中、気をつけなければならないことは想像以上にたくさんあったのですが、その一つが食べ物です。
生肉や魚、チーズやカフェインなどなど・・・。
チーズの中でも、プロセスチーズはOK、国産のナチュラルチーズOK、クリームチーズはOKなど、細かく分かれているのですが、分類が難しい。
そこで、マスカルポーネやリコッタチーズ、クリームチーズのようにフレッシュチーズの代替品として、チーズのような濃厚さがあるギリシャヨーグルトが重宝しています。
料理に使うには、食べ切りサイズではなく、400g入りの大きなサイズが便利!

普通のヨーグルトと違ってこってりと濃厚なので、ミューズリーやフルーツと一緒に食べても水っぽくなりません。

昨日、ドライフルーツがたっぷり入ったハードパンを買ったので、今朝はこのパンとギリシャヨーグルトを使ってオープンサンドにしたいと思います。

■5:00

まずは食器を用意。
今朝は茹でておいたブロッコリーやインスタントスープがあるから、火は使いません。楽チン♪
まずは、電気ケトルに水を入れ、お湯を沸かしておきます。

トマトを切り、茹でておいたブロッコリーと一緒に器に盛り付けたら、オリーブオイルと塩胡椒でシンプルに味付け。

リンゴは、皮の部分に栄養が多く、彩りも良いので、野菜用洗剤でしっかりと皮を洗い、飾り切りにします。

パンに、ギリシャヨーグルトを塗り、切った柿をトッピングします。
ギリシャヨーグルトの酸味と柿の甘さが、本当にとっても良く合うんです。

カップにインスタントスープの素をいれ、お湯を注ぎます。
寒くなるこれからの時期、忙しい朝や小腹が空いた時に手軽にホッとできるインスタントスープは必需品です。
包丁とまな板はサッと洗って片付けます。

■5:15

いただきます。

今日の朝ごはんポイント

(1)ギリシャヨーグルトはチーズの代替品として便利
(2)時短の味方インスタントスープは冬の朝の必需品

江頭 令子(えとう・りょうこ)
上智大学在学中から、内定先である株式会社ECナビ(現VOYAGE GROUP)にて広報キャリアをスタートさせ、現在、十数社のグループ広報を統括。2015年より、通販化粧品の企画・販売を行う子会社設立にも携わり、株式会社ゼノシスにてスキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。ケンカしても深夜に帰宅しても、必ずいつも手料理を作ってくれた母の影響を受け、手料理の持つ力を知る。「オイシイ」は世代や性別や言葉の壁をも超え、人を笑顔にさせる力がある!が信条。新たな食との出会いを求め、年に数回は国内外へ旅行に出掛ける。
伊東食堂