エトーリョーコの朝ごはん革命!

はまぐりの佃煮とエリンギのどんぶり茶碗蒸しです!

第75回:電子レンジと白だしを使って時短しましょう

文/写真:江頭 令子 11.16.2018

IT企業に勤務しているエトーリョーコさん。彼女は毎朝4時半に起床。朝ごはん数点を作ってiPhoneでSNSにアップするという作業を5年以上ほぼ毎日続けています。「朝ごはん命」なエトーリョーコさんによる朝ごはん、第75回は、はまぐりの佃煮とエリンギのどんぶり茶碗蒸しを紹介します!

今日のメニューは
・はまぐりの佃煮とエリンギのどんぶり茶碗蒸し
・リンゴ
です。

■4:30

おはようございます。
妊娠8カ月も最終週となり、お腹もだいぶ大きくなってきたのですが、台湾に引き続き、最後の“マタ旅”(妊娠中に旅行すること)で、伊勢神宮外宮・内宮と熊野古道、熊野三山巡りに行ってきました。
伊勢神宮では、美味しいお店がたくさん連なるおかげ横丁で、美味しいものをたくさん食べ歩き、定番の赤福本店では、赤福と赤福ぜんざいもいただきました。

また、実は最近、御朱印帳をいただき、御朱印集めがサーフィン以外で夫婦の新たな共通の趣味になってきたので、御朱印集めも旅の目的の1つでした。
熊野三山の一つ、熊野本宮大社は、今年創建2050年にあたり、通常の御朱印だけではなく、青紙に金字で書かれた限定御朱印がいただけるんです!

■5:00

今朝は、伊勢で買ってきたはまぐりの佃煮をアレンジしたいと思います。
そのままご飯のお供にしたり、お茶漬けにしても美味しいのですが、少し味が濃いので、熱々プルプルな茶碗蒸しにしても美味しいかも?!
作ってみないとわかりませんが、物は試し(笑)!

幼い頃から茶碗蒸しが大好きで、ジャンボ茶碗蒸しをよく食べていました。
せっかくなので、丼を使って、満足感満点の「どんぶり茶碗蒸し」にしたいと思います。
具は、買い物に行っていないので、はまぐりの佃煮と冷蔵庫にあるエリンギのみ。
朝なので、蒸し器ではなく、電子レンジを使って時短しちゃいます。

まずはエリンギを薄切りにし、丼にいれます。
ボウルに卵を割りほぐし、水、みりん、白だしを加え、よく混ぜ合わせます。
白だしは本当に時短の味方♪
エリンギの入った丼に、茶こしでこしながら茶碗蒸し液を流しいれます。
ラップを軽くかぶせ、数箇所に楊枝で穴を開けたら、3分ほどチン。
その間にボウルを洗って片付け、トッピングのシソを千切りしておきます。

3分経ったら一度レンジから取り出し、はまぐりの佃煮をのせます。
はまぐりの佃煮は少し重たいので、後のせにした方が具は沈まず、見栄えが少しよくなります。
ラップをかけ、時々固まり具合をチェックしながら3分ほどチン。
シソをトッピングして完成!
レンジだと洗い物も少なくて楽チンです。

リンゴは、いつものように飾り切りにし、包丁とまな板を洗って片付けます。

■5:15

いただきます。

うん! はまぐりの佃煮と卵出汁は良く合う!
佃煮の茶碗蒸しアレンジオススメです。

今日の朝ごはんポイント

(1)佃煮は茶碗蒸しの具にもオススメ
(2)茶碗蒸しはレンジと白だしで時短

江頭 令子(えとう・りょうこ)
上智大学在学中から、内定先である株式会社ECナビ(現VOYAGE GROUP)にて広報キャリアをスタートさせ、現在、十数社のグループ広報を統括。2015年より、通販化粧品の企画・販売を行う子会社設立にも携わり、株式会社ゼノシスにてスキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。ケンカしても深夜に帰宅しても、必ずいつも手料理を作ってくれた母の影響を受け、手料理の持つ力を知る。「オイシイ」は世代や性別や言葉の壁をも超え、人を笑顔にさせる力がある!が信条。新たな食との出会いを求め、年に数回は国内外へ旅行に出掛ける。
カンパネラナイト