エトーリョーコの朝ごはん革命!

食べたくて仕方なかったうなぎ! 鰻おにぎり、うな茶漬けにしてみました

第79回:鰻は軽く酒を振って魚焼きグリルでふっくら焼き上げましょう

文/写真:江頭 令子 12.21.2018

IT企業に勤務しているエトーリョーコさん。彼女は毎朝4時半に起床。朝ごはん数点を作ってiPhoneでSNSにアップするという作業を5年以上ほぼ毎日続けています。「朝ごはん命」なエトーリョーコさんによる朝ごはん、第79回は、鰻おにぎり、うな茶漬けを紹介します!

今日のメニューは
・鰻おにぎり
・うな茶漬け
・葉唐きゅうりの漬物
・りんごと柿
です。

■4:30

おはようございます。
今日は、朝からハイテンションです♪
なんてったって、今朝は久々のうなぎ(鰻)があるんです!
妊娠中は、ビタミンAの過剰摂取になるため要注意と言われる鰻。
ずっと我慢してきたものの、大好物だし食べたくて、この前ボソッと「鰻食べたい」と口にしたら、昨夜、夫が買ってきてくれました。「一度に全部は食べないようにね」という注意喚起と共に。
今朝は、大串の1/4を使って、鰻おにぎりとうな茶漬けにしたいと思います。

■5:00

食べたくて食べたくてしょうがなかった鰻が目の前に(笑)!
一度に食べ切りたい衝動を抑えつつ、大串の1/4だけを使います。
軽く酒を振ったら魚焼きグリルへ。
焦げないように注意しつつ、冷凍ご飯をチンして温めます。
その間に食器を用意し、電気ケトルでお湯を沸かします。

小鉢に、の漬物を盛り付けます。

温めたご飯に、鰻のタレと山椒をまぶします。
焼いた鰻を4つに切り、1つのおにぎりに2切れずつ鰻をのせて握ります。
1つはそのままおにぎりとして、もう1つは出汁をかけてうな茶漬けにします。
魚焼きグリルや包丁はさっと洗って片付けましょう。

柿とりんごをむき、ガラス急須に白だしと沸かしたお湯を注げば完成。

■5:15

いただきます。

久々の鰻の美味しさといったら・・・!
熱々の出汁をかけてさらさら食べるうな茶漬けも最高です。

1度に食べる量は1/4に抑えつつ、最後は鰻巻きにして夫と一緒に食べました。

今日の朝ごはんポイント

(1)鰻は軽く酒を振って魚焼きグリルで焼くとふっくら美味しく温められる
(2)おにぎりにすれば、少量の鰻でも満足感大!

江頭 令子(えとう・りょうこ)
上智大学在学中から、内定先である株式会社ECナビ(現VOYAGE GROUP)にて広報キャリアをスタートさせ、現在、十数社のグループ広報を統括。2015年より、通販化粧品の企画・販売を行う子会社設立にも携わり、株式会社ゼノシスにてスキンケアブランド「ViTAKT」を手がける。ケンカしても深夜に帰宅しても、必ずいつも手料理を作ってくれた母の影響を受け、手料理の持つ力を知る。「オイシイ」は世代や性別や言葉の壁をも超え、人を笑顔にさせる力がある!が信条。新たな食との出会いを求め、年に数回は国内外へ旅行に出掛ける。
カンパネラナイト