海外酒場事情

ウラジオストクのポップなロシア風水餃子専門店、意外やウオッカとの相性も悪くない!?

文:中村 正人 / 写真:佐藤 憲一 03.27.2019

ロシア風水餃子のペリメニは、ユーラシア大陸全域、特にシルクロードに沿って、東は中国の餃子から西はイタリアのラビオリまでに共通する、小麦の皮に具を包んで茹でたり、蒸したり、焼いたりして食べる粉食料理のひとつ。ロシアではモンゴルから伝わったシベリアの郷土料理とされ、極東ロシアの町でも専門レストランがたくさんある。今回はウラジオストクとハバロフスクで人気のぺリメニ専門店を紹介し、あわせてペリメニとウオッカの意外な相性の良さについて触れてみたい。

ウラジオストクのペリメニ専門店「ローシキプローシキ」は、郷土色豊かな手づくり感覚のポップな内装が魅力だ。むき出しのレンガ造りの壁にペリメニづくりに使われる小麦粉の笊(ざる)やめん棒を装飾的に配置。パステルカラーに塗り分けられためん棒を幾何学的に並べることで郷土文化を軽やかに演出しているのが新鮮だ。

◼️「ローシキプローシキ」のインスタグラムはこちら

「ローシキプローシキ」はアルセーニエフ博物館の向かいの石畳の通りの地下にある
食堂風の店内だが、よく見るとペリメニのめん棒が内装の重要なコンセプトになっている
めん棒を使ってシベリア文化の素朴さをポップに表現している

具材のバリエーションが豊富、ヘルシーさが人気の秘訣

ロシアでは基本的にペリメニは家庭料理。レストランで食べるものではなかったのだが、最近このようなおしゃれな専門店が増えているのは、ダイエットを気にする女性たちの支持を得ているからだろう。実際、店内には若い女性客が目立つ。

ペリメニは、小麦粉や塩、卵などをぬるま湯(または牛乳)で練ってつくった生地に、挽肉や野菜を包んで茹でる。中国の餃子とは違い、丸い形をした小ぶりな一口サイズで、包み方に特徴がある。丸い皮に具を入れた後、半月型に折った皮の端と端をくっつけると、まるで三つ編みを頭に巻き付けるお姫様の髪型のようで、見た目がかわいい食べ物だ。

具材のバリエーションはさまざま。同店の人気メニューは子牛の挽肉とニンニク入りの「おばあちゃんのペリメニ」290ルーブル(約500円)、牛肉と豚肉の合挽きの「シベリア風ペリメニ」220ルーブル(約380円)などだ。だが、これらは肉汁たっぷリの餃子とは違い、鶏肉やエビ、サーモンなどの魚肉を使ったり、ジャガイモやホウレン草、キノコなどを豊富に使うヘルシーなメニューが多い。そのため、食感も肉料理という感じはなく、さっぱりしている。

チーズとホウレン草入りのヘルシーなペリメニ 150ルーブル(約260円)
黄色い皮のペリメニは鶏肉とチーズ、バジル入り 290ルーブル(約500円)

茹でたあとの味つけも餃子とは違う。まずバターで和え、ハーブを飾り、ロシア風サワークリームのスメタナを添えるのが一般的な食べ方だ。塩味も強くない。そのため、それだけでは物足りない場合、挽きたての黒胡椒や各種ソースをかけることもある。

実際、ロシアのペリメニ店では、ソースは別注文で、スメタナ以外にもタルタルソースやケチャップ、マヨネーズ、チリソース、マスタード、醤油などがある。「ローシキプローシキ」のメニューにも書かれていて、各ソースは20〜40ルーブル(約35〜70円)。

同店が女性に人気のもうひとつの理由は、食事以外のドリンクやデザートの種類が豊富なこと。ミントティーやフルーツティー、ロシアの伝統的なハーブティーでビタミンCたっぷりのイヴァンチャイなどが飲めるし、ナポレオンケーキやジャム入りブリヌィ(ロシア風クレープ)など、ロシアの定番デザートも楽しめる。

BARガイド