イラストでよくわかる!ヘルシー野菜料理

お肉じゃないのに「肉肉しい」! 彼も大満足♪ 大豆ミートの唐揚げ

文/写真:榎本彩花 /イラスト:ノグチノブコ 11.01.2018

オーガニック野菜の通販サイト「MADE in JAPAN 100」を運営している榎本彩花さんは、野菜のおいしい食べ方を日々研究中だとか。このコラムではそんな彩花さんに、手軽に作れてお酒にばっちり合うヘルシー野菜料理を教えていただきます。作り方はイラストでわかりやすく解説しますので、どうぞ気軽に作ってみてくださいね。第2回は「大豆ミートの唐揚げ」を紹介していただきます。

こんにちは、榎本彩花です。農家直送でこだわり野菜をご自宅に届ける「MADE in JAPAN 100」を運営しています。この連載コラムでは、肉と魚を使わず、野菜だけでおいしく食べられる、しかもお酒にも合う料理とそのレシピを紹介していきます。

最初にフードコーディネーターの友人と主宰している野菜料理教室「週ベジ」について、簡単にご紹介しますね。週ベジとは、「週末ベジタブルガールズ」の略で、「忙しい女性も週末くらいは野菜を食べて綺麗を磨こう」というコンセプトで始めた女性限定の野菜料理教室です。

「週ベジ」で使う新鮮な無農薬野菜と出来上がった料理

特徴は、決まったメニューは作らず、MADE in JAPAN 100の新鮮な無農薬野菜を見て、触れて、その場でレシピを考えます!

「そんなのできない!」と感じた人も大丈夫。フードコーディネーターの蟹江蓉子さんこと「蟹ちゃん」が中心となって考えるので、料理が苦手な人も、得意な人も、自分のできる範囲の想像力でメニュー決めに参加できます♪

ネギの新鮮さに「粘りがすごい!こんなの初めて!」

今回の料理教室で、参加者さんから驚きの声が上がったのは、「ネギ」!

「粘りがすごい!」と、ネギを切る参加者から歓声が

なんと、長ネギを切りながら歓声が上がったのです。「粘りがすごい! こんなネギ、初めてです!」──実は、この粘りは長ネギの成分によるもので、葉先が粘っているのは新鮮な証拠です。

一般的なスーパーで買うときは、中間業者が多いため、消費者の手に届くまでには5日以上かかる場合がほとんど。また、多くの野菜の宅配サービスも、一度倉庫などに野菜を集め、そこで箱詰め作業をして配送していますので、お客様が商品を受け取る時には収穫してから3、4日が経過しています。

MADE in JAPAN 100の野菜がお送りする野菜は、「農家さん直送」のため、収穫の当日、または翌日に出荷しています。鮮度が格段に違います!鮮度の良さは、野菜の美味しさの最重要ポイントと言っても過言ではありません。それは、味だけではなく、ネギのように切った瞬間から違いを感じることができます。

せっかくなので新鮮な長ネギの見分け方をお教えします。葉先が深い緑で黄色くなっていないもの、葉の部分と白い部分の境目がはっきりして、白い部分がかたくしまってつややかなものを選びましょう。

「大豆ミート」は低脂質・低カロリー・高タンパクな「お肉」

この日はナスやサツマイモ、カブ、トマト、オクラなどを使って、いろいろな料理をつくりました。とくに注目を集めたのが「大豆ミート」を使ったレシピです。

大豆ミートとは、低脂質・低カロリー・高タンパクな「大豆のお肉」です。お肉と比べるとカロリーは2分の1から4分の1程度、コレステロールフリー、圧倒的な低脂質なのに、お肉と変わらないくらいたくさんのタンパク質を含んでいます。しかも、食物繊維やミネラルも豊富。大豆からできているとてもヘルシーな乾物です!

大豆ミートを使った唐揚げは「鶏肉の唐揚げみたい!」と大人気

一番人気は、大豆ミートを使った唐揚げ。これが、想像以上に美味しくて、お酒に合うんです〜!!(笑) この日もみんなでつくった野菜料理を囲んで、ビールやワインで乾杯! とても楽しい時間を過ごしました。

季節の新鮮な無農薬野菜、体にうれしい大豆ミートの唐揚げを囲んで、お酒を片手に乾杯!

今は一年中、野菜を手軽に購入できる時代ですが、やはり旬のものをいただくことはとても大切です。旬の野菜を食事に取り入れることで、その季節だけの味わいや香りを感じることができ、体も喜んでいるのがわかります。

もちろん日々、仕事に追われる暮らしの中で、すべての食事について素材のこだわりを持つのは難しいでしょう。そうであれば、せめて週に一度くらいは体を思いやる食事を選択してみませんか。

さて、次に、大人気だった「大豆ミートの唐揚げ3種盛り」のレシピとおいしく作るポイントをご紹介しましょう。

ピルゼンアレイ