欧州ビール紀行

パリ:フランスはワインの国? いえ、カフェではのんびりとビールも楽しみます

文/写真:塩見なゆ 03.19.2019

アルコールの名前は世界共通、カタコトの会話も通じます

さて、ディナーでしっかりワインを堪能したあとは、もう一軒。「Le Clos Bourguignon」(ル・クロ・ブルギニオン)もまたパリジャンで賑わうお店です。

オペラ座(オペラ・ガルニエ)近くにあるビストロ「Le Clos Bourguignon」

オペラ座(オペラ・ガルニエ)近くのビストロで、価格はとても良心的。入り口にはスタンディングスペースがあり、食事だけでなく、立ち飲みとして一寸一杯が楽しめるのも魅力。午前中から通しで営業、しかも2ユーロ(約250円)ほどから飲めるアルコールメニューは、物価の高いパリにあって大変力強い存在です。結果として3泊の滞在で毎日通うことになりました。

バーテンダーを囲むL字カウンターで、支払いは商品を受け取る時に払うキャッシュオン。日本の立ち飲みとかわりません。カタコトの会話も、アルコールの名前は世界共通なので注文しやすく、カクテルも一通りオーダー可能です。


パリジャンともすぐ打ち解けられるのも世界共通のビールの楽しさゆえだ

ここで飲んだビールで、とくに「おっ!」と感じたのは、「LEFFE」(レフ)。隣国ベルギーのビールで、修道院で作られたことから「修道院ビール(アビービール)」と呼ばれています。1664がドライな味なのに対し、こちらはコクが強く力強い味です。香りはフルーティーで、余韻は意外にもさわやかです。


日中の忙しないパリの雰囲気とは一転して、ここはなんとものんびりした時間が流れています。常連で毎日のように通っているパリジャンのお父さんと一期一会の乾杯をして、観光地やシャンゼリゼ通りのレストランとは違ったリアルなパリの雰囲気に浸りました。

言わずと知れたパリの象徴、凱旋門の夜景

オリーブやポテトチップスなどスナックをつまみに爽快感を楽しむのがビール。しっかりした食事やフロマージュ(フランス語でチーズのこと)とじっくり嗜(たしな)むのがワイン。フランスの方は、この両方に明確な線引きをして楽しまれています。ドイツ、オランダ、ベリギーとビール大国と隣接するフランスは、私たちが思っている以上にビールを愛していました。

さて次回は本コラム「欧州ビール紀行」の終点、ロンドンです。お楽しみに。

塩見 なゆ
酒場案内人。1984年、東京都杉並区荻窪生まれ。新宿ゴールデン街に通った作家の両親を持つ。幼いころより中央線沿線の飲み屋へ連れて行かれ、物書きの大人と瓶ビールに囲まれて成長する。会社員として広報・宣伝畑を経て独立。趣味だった飲み屋巡りを本業とし、飲食専門のライターとなる。酒場に恋して年間2,000軒を巡る。
  • 1
  • 2