果たして、計画的な経営の継承は可能なのか? 企業のDNAをいかに継承し、長寿企業へと成長していくのか──。筆者の浅田厚志氏は、1984年に出版文化社を創業して1600社余りの社史の企画編集に関わり、さらに10年間に及ぶ大学院での調査・研究を行ってきた。同氏が三菱UFJビジネススクエア「SQUET」で連載している人気コラム『危機に負けない長寿企業の経営に学ぶ』から、記事を転載する。

浅田 厚志(あさだ あつし)氏 出版文化社 社長
浅田 厚志(あさだ あつし)氏
出版文化社 社長
1957年大阪府生まれ。出版社勤務を経て、84年2月、現・出版文化社を個人創業。以来、多くの単行本、定期媒体の企画・発行、社史・記念誌の企画制作、日米・日中・日印間の出版プロデュースを手がける。青山学院大学大学院博士課程と経営史学会にて「成功長寿企業の経営スタイルと経営哲学」を調査、研究。2015~18年、青山学院大学総合研究所特別・客員研究員。