経営者の悩みは経営者にしか分からない——。家事代行サービスのパイオニアでリーディングカンパニーのベアーズ高橋ゆき副社長が、ユニークな経営を実践する経営者と語り合う連載。数々の困難を乗り越えてきた経験に裏打ちされた言葉は、読者が経営を再確認するきっかけとなり、これからの時代を生き抜く羅針盤としての役割を果たす。

高橋 ゆき(たかはし ゆき)氏 ベアーズ 取締役副社長
写真/陶山 勉
高橋 ゆき(たかはし ゆき)氏
ベアーズ 取締役副社長
1969年生まれ。1男1女の母。夫の高橋健志氏とともに家事代行サービスのベアーズを99年に創業。家事代行、ハウスクリーニング、ベビー&キッズシッターサービスを展開、業界のリーディングカンパニーに育て上げる。業界の成長と発展を目指し、2013年一般社団法人全国家事代行サービス協会を設立。設立当初から副会長を務め、19年から会長に就任。経営者として、一般社団法人東京ニュービジネス協議会副会長、東京きらぼしフィナンシャルグループ社外取締役を務める。各種ビジネスコンテストの審査員やビジネススクールのコメンテーターを務め、家事研究家、日本の暮らし方研究家としてもテレビ・雑誌などで幅広く活躍。