前例を踏襲しない「自由経営」を遂行

高橋ご自身の経営スタイルにタイトルを付けてみてください。

谷田「自由経営」といったところでしょうか。「前例なんて踏襲しなくてもいいじゃないか」というフリーなマインドがあるので。

 先ほどの個人事業主化の仕組みを導入したのもその1つですね。私は取締役として株主から株式の価値を上げるという使命を受けていますが、その手法は任されています。「社員を囲い込んで会社の形にしなさい」と言われているわけではありません。究極的には個人事業主の集団であっても、タニタの価値が上がればいいわけです。ところが皆さん、会社の仕組みにこだわりますね。既存の枠を破ろうとはしません。

高橋谷田さんはフリーマインドで前人未踏のことにチャレンジしているのですね。

谷田なるべく皆さんが幸せになれるようにと考えて動いています。21年に「Healthy Habits for Happiness」を企業のスローガンに据えました。商標も取り、これから全世界的に広げていこうと考えています。

高橋今後の目標について教えてください。

谷田事業に関して今後強化していきたいのは、熱中症指数計とアルコール検知器です。これらは市場の拡大が見込めるので、きちんと手を入れていきたいと思います。

 個人的には、意識改革を目標にしています。「会社は社長の器以上にはならない」と言われていますから、自分の意識改革や能力アップに取り組んでいきたいと思っています。

対談後記(Yuki’s EYE)

 今回のインタビューで印象に残った谷田社長の姿が3つあります。第1は常に原点や本質に立ち戻ること、第2が枠にとらわれることのない自由なマインドを持っていること、第3に理念に共感する人が会社をつくるという世界観を持っていることです。いずれも簡単ではありませんが、谷田社長が自信を持ってこれらを追求していることに大変感銘を受けました。その姿勢に倣い、私も経営者としてこれらの方向を目指し進んでいきたいと思います。タニタには、理念に共感した個人事業主が31人、全体の15%も存在します。その事実に驚きと、タニタという会社の無限大に広がる可能性を感じました。

文・構成/小林 佳代

高橋 ゆき(たかはし ゆき)氏 ベアーズ 取締役副社長
高橋 ゆき(たかはし ゆき)氏
ベアーズ 取締役副社長
1969年生まれ。1男1女の母。夫の高橋健志氏とともに家事代行サービスのベアーズを99年に創業。家事代行、ハウスクリーニング、ベビー&キッズシッターサービスを展開、業界のリーディングカンパニーに育て上げる。業界の成長と発展を目指し、2013年一般社団法人全国家事代行サービス協会を設立。設立当初から副会長を務め、19年から会長に就任。経営者として、一般社団法人東京ニュービジネス協議会副会長、東京きらぼしフィナンシャルグループ社外取締役を務める。各種ビジネスコンテストの審査員やビジネススクールのコメンテーターを務め、家事研究家、日本の暮らし方研究家としてもテレビ・雑誌などで幅広く活躍。
DeCom会員登録のご案内

会員登録された方に、メールマガジンで新着記事、新連載のご案内、その他ビジネスに役立つお得な情報を無料でお送りします。会員限定記事も今後続々登場する予定です。ぜひご登録ください。
DeCom会員登録はこちら