幸せを科学的・体系的に研究してきた前野隆司教授。成熟した経済、先の見えない時代、そしてコロナ禍を経て、心の問題が大きくクローズアップされている。日本の幸福学研究の第一人者に、「働き方改革」「健康経営」と並び、注目を集める「幸福経営」の実践とその課題について聞いた。

前野 隆司(まえの たかし)氏
前野 隆司(まえの たかし)氏
[画像のクリックで拡大表示]
前野 隆司(まえの たかし)氏
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授
東京工業大学修士課程修了後、キヤノン、米カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、慶應義塾大学理工学部教授、米ハーバード大学客員教授等を経て現職。2017年から慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長を兼任。幸福学研究の第一人者。著書に『脳はなぜ「心」を作ったのか』『錯覚する脳』(いずれも、ちくま文庫)、『幸せのメカニズム』(講談社現代新書)など。

前野先生は幸福について科学的に研究し、近年は幸福経営を提唱されています。そもそも幸福経営とはどのような経営でしょうか。

 幸福経営とは、経営者と社員、ひいては関係者の幸せを追求し、実践する経営のことです。この場合の幸福・幸せとは「ハピネス」(happiness)ではなくて「ウェルビーイング」(well-being)と捉えてください。ハピネスは短期的な心の状態を表し、ウェルビーイングは身体的・精神的・社会的に良い状態を表します。

 幸せに関する学術研究は1980年代から盛んに行われるようになりました。私はもともと、カメラのモーターやロボットを作るエンジニアだったのですが、大学に移ってロボットと心の関係について研究を始めてから、幸せを体系的に研究するようになりました。

 その中でたどり着いたのが、以下に挙げた「幸せの4つの因子」を高めることで幸福感が得られるという理論です。この理論を経営に応用したものが幸福(ウェルビーイング)経営です。

幸せの4つの因子
①「やってみよう」因子(自己実現と成長)
②「ありがとう」因子(つながりと感謝)
③「なんとかなる」因子(前向きと楽観)
④「ありのまま」因子(独立とマイペース)