14世紀に起こった世界的なペストの大流行にも比肩する新型コロナウイルスの感染拡大。高まるサプライチェーンの国内回帰の声に、立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明氏は警鐘を鳴らす。アフターコロナにおける成長戦略を、企業経営者はどう描くべきなのか。今回はインタビュー後編。出口氏は、イノベーションを生み出すためのダイバーシティの実現、そして「新留学戦略」を提案する。
前編はこちら

出口 治明(でぐち はるあき)氏 立命館アジア太平洋大学(APU) 学長
写真/陶山 勉
出口 治明(でぐち はるあき)氏
立命館アジア太平洋大学(APU) 学長
1948年、三重県美杉村(現・津市)生まれ。72年、京都大学法学部卒業後、日本生命保険に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年退職。同年、ネットライフ企画を設立し、代表取締役社長に就任。08年、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更して開業。12年上場。10年間社長、会長を務める。18年1月から現職。

14世紀に起こったペスト大流行は、後にルネサンスと宗教改革をもたらしたと言われています。今回の新型コロナウイルスのパンデミックは、長い目で見てどのような価値観や文化を生み出すと考えていますか。

 ウイルスや細菌は自然界に存在するもので、何十億年も前から地球上で生きてきました。たかだか20万年前に生まれたホモサピエンス(人間)の圧倒的な先輩に当たります。

 普段は人間社会から離れた森の奥にウイルスは生息しているのですが、動物を介して人間に感染が広がると、ひいてはパンデミックを引き起こします。歴史上、パンデミックは何回か起きています。ひとたびパンデミックが起これば、治療薬やワクチンができるまでは、人間にできることはステイホームとニューノーマル(マスク、手洗い、ソーシャルディスタンスの3点セット)を行ったり来たりするしかありません。

 14世紀のペスト大流行のときもそうでした。ジョヴァンニ・ボッカッチョによる物語集『デカメロン』は、ペストから逃れてフィレンツェ郊外にステイホームした男女10人が語り合った話を集めたという設定です。実に人間味に満ちた面白い話がつづられており、この頃から「カルぺ・ディエム(その日の花を摘め・その日を楽しめ)」という言葉が使われるようになりました。そして、その延長がルネサンスへと発展していったのです。

 もう一つ、カルぺ・ディエムと並んでパンデミックをきっかけに普及した言葉が「メメント・モリ(死を忘れるな)」でした。しかし、いくら祈ってもペストは広がり、死は万人に訪れるもの、という意識が芽生えました。当時の世界人口は4億人あまりで、ペストによって3000万人以上が死亡しました。およそ10人に1人が死んだのですから死を強く意識するのは当然です。一方、ローマ教会はぜいたくや酒池肉林にふけるばかり。これを批判する意識が宗教改革へとつながっていきました。このように、パンデミックの前と後とでは、価値観が大きく変わったのです。

新型コロナウイルス感染拡大によって人と物の動きに停滞が見られます。今後、グローバリゼーションの趨勢にブレーキがかかることになるのでしょうか。

 ウィズコロナの時代はステイホームですからグローバリデーションは一旦止まるしかありません。しかしアフターコロナの時代は、むしろ、グローバリゼーションは加速すると考えています。ペストの流行を通じてルネサンスや宗教改革が起こり、それらの影響が世界中に広がりました。同じようなことがアフターコロナの時代にも起こると思います。困難な事態に直面すると「なぜだろう」と根源的に考えて、次のステージに移ろうとするのが人間の常です。

 ところで、この春先、グローバリゼーションの流れに逆行する議論が起こりました。世界的にマスクなどの医療器材の需要が急増したことから、生産のほとんどを頼っていた中国から製品が日本に入らなくなり、店頭から器材が消えました。それに対して、マスクの生産を国内に戻そうという意見が高まりました。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災後、私たちは何を議論したのでしょうか。地震や風水害の多い日本では、大災害が起きるとサプライチェーンがズタズタになるから、世界に分散化しなければならない。こうした認識を共有したはずです。しかし、コロナ禍に直面して、それを忘れてすべて「国内回帰せよ」と言っているとしたら、まさに愚の骨頂です。

 アフターコロナの時代には、より多様で強力なサプライチェーンを世界中に展開していかなければなりません。さらに、現在の快適な生活は、現代文明の象徴である自動車や飛行機を見れば分かるように、産業革命の3要素でもあった「化石燃料」「鉄を中心とした金属」「ゴム」という3資源の上に成り立っています。世界一の化石燃料産出国である米国とは違って、日本やドイツ、フランスなど多くの先進国は3資源をほとんど持っていません。現在の快適な生活を維持するのであれば、グローバリゼーションを進める以外に方法はないのです。