優しさと誠意で人を動かす

 その後、秀吉は、戦わずして大大名である家康を臣下にしようと、たびたび使いを遣わして居城大坂に来るよう誘ったが、家康は警戒して出てこなかった。そこで秀吉はなんと、妹の朝日姫を家康の正妻にと差し出したのである。いうまでもなく、その実態は徳川家への人質派遣であった。それでも家康は上京しようとしない。すると今度は、70歳を過ぎた自分の老母を、家康のもとへ送ったのである。「それほどまでに自分のことを買ってくれているのか」。さすがに心を揺さぶられた家康は、ついに重い腰を上げて大坂へのぼり、秀吉の前にひざまずいたのである。相手に最大の誠意を尽くして、意のままに動かす。それが秀吉のやり方だった。

 秀吉の気遣いに関する逸話は、ほかにも数多く残っている。ある合戦で、強烈な陽光にさらされた負傷兵たちに笠をかぶせてやったり、出征した夫を思う妻の手紙を読んで哀れに思い、戦場から夫を呼び戻してやったりと、戦国の武人としてはまれな優しさを見せた。松茸狩りの際、数が少ないことを気にかけた担当者が、こっそり松茸を取り寄せて移植しておいた。これに気づいた近習が秀吉に告げると、「よいではないか。せっかくの親切だから、知らぬふりをしておけ」。そう笑ったという話も残る。正妻のおねの便秘を心配し「早く下剤を飲みなさい。そうすればきっと便が出るよ。祈っている」としたためた手紙も残っている。

 こうした他人に対する配慮や思いやりが人々を大いに感激させ、「この人のためなら」という気持ちを起こさせ、結果としてそれが豊臣秀吉を天下人へ押し上げる一因になったのではないだろうか。

(三菱UFJビジネススクエア「SQUET」より2019年7月17日掲載記事を転載)

河合 敦 (かわい あつし)氏 歴史作家
河合 敦 (かわい あつし)氏 歴史作家
河合 敦 (かわい あつし)氏
歴史作家
1965年、東京都町田市生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。都立高校や私立高校などで長年教員をつとめ、現在は多摩大学客員教授、早稲田大学教育学部非常勤講師。「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)などテレビ出演も多数。主な著書に『逆転した日本史』(扶桑社新書)、『大久保利通 西郷どんを屠った男』(徳間書店)、『日本史は逆から学べ』(光文社)などがある。
DeCom会員登録のご案内

会員登録された方に、メールマガジンで新着記事、新連載のご案内、その他ビジネスに役立つお得な情報を無料でお送りします。会員限定記事も今後続々登場する予定です。ぜひご登録ください。
DeCom会員登録はこちら