部下を把握し、最大の能力を引き出すリーダー

 清正の重臣である飯田覚兵衛は、「私は清正公にだまされ続けた。はじめて戦に参加したとき、仲間のみんなが討ち死にしてしまったので、怖くなって武士はやめようと考えた。ところが城へ戻ると清正公が待ち構えていて、『今日のお前の働きはすばらしい』とほめちぎり、名刀をくれたのだ。その後も辞めようと思っていたが、そのたびに清正公は、陣羽織や感状などをくれるものだから、とうとう辞める機会を失ってしまった」と回想している。次のようなエピソードも残る。

 宇多尾城(宇土城)攻めの論功行賞で、清正は家臣たちの前で「庄林隼人の働きを一番、森本儀太夫を二番とする」と申し渡した。これを聞いた森本は、「こんなに人を見る目のない主君に仕えていても馬鹿らしい」と座を蹴ろうとした。というのは、森本が敵将の首を二つも取ったのに、庄林は1つも取っていないからだ。すると、怒る森本に対し清正は、「確かに庄林は敵の首をあげていないが、私を扶(たす)けて味方を進撃させた。つまり、個人の功名は捨てたのだ。それに対して、お前はどうだ。確かに首は2つ取ったが、私がそれを確認すると、すぐにその首を捨てたではないか。それは、お前が自分の功名ばかりを考え、主君への忠を第二にしている証拠だ」。そうたしなめたのである。さすがにこの説明に納得せざるをえず、森本も矛を収めたという。

 これも森本儀太夫に関する話である。ある合戦の際、清正は前線で戦っている吉村又一隊を引きあげさせるため、庄林隼人を呼び出してその役を命じた。庄林は、見事な采配をふって両陣営の間に乗り入れ、無事に吉村隊を撤退させたのだった。このとき、清正の脇にいた森本は、「どうしてあなたの近くにいた私ではなく、わざわざ遠くの庄林を招き寄せて彼に命令を与えたのですか」と涙の抗議をしてきたのである。

 これを聞いた清正は、「お前も庄林も大事な私の腹心だ。ただ私は、器量に応じて人を用いただけである。いまお前にこの役目を与えたら、その気性ゆえ、敵と干戈(かんか)を交えてしまうかもしれない。そうなれば損害が出る。けれど庄林なら、命令どおり必ず引きあげてくるだろう。もし敵と全面衝突するというなら、私はためらわずお前に任せる。何倍の敵であっても恐れるお前ではないからな」。そう言ったのである。これを聞いて森本も大いに納得したという。清正が日ごろからきちんと家臣を把握していたことがよくわかるだろう。

 ちなみに加藤清正の家中には、ほかの武将に比べて現役の老武者が多数働いていた。これについて清正は、「私が年老いた武功者をいまも高禄で召し抱えているのは、家中の若者がそれを見て、武功に励む気をおこさせるためだ」と語っている。高齢者が安心して働ける環境をつくることで、若い家臣の加藤家に対する忠誠心を高めようとしたのである。武勇に加えて見事な人使い、それが加藤清正の栄達の秘密なのである。

(三菱UFJビジネススクエア「SQUET」より2019年9月11日掲載記事を転載)

河合 敦 (かわい あつし)氏 歴史作家
河合 敦 (かわい あつし)氏
歴史作家
1965年、東京都町田市生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。都立高校や私立高校などで長年教員をつとめ、現在は多摩大学客員教授、早稲田大学教育学部非常勤講師。「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)などテレビ出演も多数。主な著書に『逆転した日本史』(扶桑社新書)、『大久保利通 西郷どんを屠った男』(徳間書店)、『日本史は逆から学べ』(光文社)などがある。
DeCom会員登録のご案内

会員登録された方に、メールマガジンで新着記事、新連載のご案内、その他ビジネスに役立つお得な情報を無料でお送りします。会員限定記事も今後続々登場する予定です。ぜひご登録ください。
DeCom会員登録はこちら