戦国武将に学ぶ、経営の要諦。歴史作家の河合敦氏が、三菱UFJビジネススクエア「SQUET」で連載しているコラム「戦国武将の才覚」から記事を転載する。今回の武将は前田利家。実は卓越した経済観念を持っていた。

写真/紙本著色 前田利家像、個人蔵
写真/紙本著色 前田利家像、個人蔵
[画像のクリックで拡大表示]

槍働きで名を上げ、一軍の将に抜てきされる

 前田利家は、尾張国荒子城主・利春の四男として生まれた。又左衛門尉と称し、14歳のとき織田信長に仕え、初陣で敵の首を取る活躍を見せた。それからも戦場で大槍(おおやり)を振るってたびたび武功を上げ、「槍の又左」とたたえられた。ただ、戦国時代ゆえ槍の達人は少なくない。にもかかわらず、利家だけに異名がついたのには訳がある。槍の柄を真っ赤に塗ってさまざまな飾りをつけ、実力がいっそう引き立つように演出を加えたのだ。そこが、他人とはひと味違う利家の処世術だった。日本人は奥ゆかしく、得てして自分の有能さをひけらかさない。でも、そうなると凡庸な上司は気づいてくれないわけで、損をしている人も多いはず。いずれにせよ、こうして利家は、10代のうちから信長の目に留まり、小姓に取り立てられたのである。

 だが、人の運命は分からない。あるとき利家は、拾阿弥(じゅうあみ)という信長の同朋衆(どうぼうしゅう)に刀の笄(こうがい)を盗まれた。事件は信長の仲裁で解決したが、恨みに思った拾阿弥が利家の悪口を言いふらしたため、カッとなって斬殺してしまったのである。しかも、信長が見ている前で殺害に及んだという。信長は、自分の裁定に服さない利家を直ちに処刑しようとしたが、重臣たちが取りなしたので一命は許された。しかし、織田家からは追放されてしまった。

 その後、利家は、熱田神宮の社家に居候するなど、苦しい生活を強いられた。このため自分の短気を大いに悔い、強く織田家への帰参を願うようになった。そんなとき、絶好の機会が訪れる。桶狭間の戦いである。今川義元の大軍が織田領に侵入し、信長は絶体絶命の窮地に立った。このとき利家は、許可なく参陣して今川軍と戦い、何と敵の首を3つも奪い、信長の前に差し出したのである。しかし信長は、利家の帰参を許さなかった。

 偉いのは、そこで利家が諦めなかったことである。翌年の森部合戦にも参戦し、有名な敵将を倒したのだ。さすがの信長も、この働きに免じて利家の再出仕を許可したのだった。人間関係で大失態を演じた利家だったが、それ以上の働きを見せることによって、すべてを取り戻したのである。

 利家は小姓を経て馬廻役となり、戦いでは赤母衣衆(あかほろしゅう)のリーダーとなった。母衣衆とは、戦いの最中に本陣と前線の連絡に当たる職だ。危険を冒して戦場を走り回り、各持ち場に軍令を伝えるとともに、戦況を信長に報告するのである。状況に応じて戦闘にも加わり、士気を高める役割も担っていた。実際、利家はたびたび槍を振るって敵を倒している。元亀元年(1570年)の春日井堤の戦いでは、一向門徒に敗れて逃げる味方のなかで、たった一人、堤の上に踏みとどまり、大槍を振るって自軍を叱咤(しった)した。すると、これがきっかけになって織田軍が盛り返したのである。

 ただ、あくまで利家に期待されていたのは、現場での活躍(伝令や槍働き)だった。いっぽう、若い頃からの友である木下藤吉郎(羽柴秀吉)は、その才覚を認められ、すでに一軍の将として活躍し、軍議にも参加していた。かつて同僚だった2人だが、秀吉はキャリア畑、利家はノンキャリア畑と、歩む道が分かれたのである。与えられる禄(給与)もはるかに秀吉のほうが高額だった。

 そんな利家が一軍の将となったのは、天正3年(1575年)の長篠の戦いが最初だった。甲斐の武田勝頼を信長の鉄砲隊が撃破したことで有名な合戦だが、利家はこのとき1000人の鉄砲隊を指揮している。利家同様、武功で名を上げた佐々成政も鉄砲隊を率いているので、急激に領国が拡大したことで織田家では将官が不足し、ノンキャリア組から有能な人材をキャリア組に転身させたのだと考えられる。そういった意味では、もし利家が織田家に仕えていなかったら、彼は武人のまま生涯を終えたことだろう。

この記事は
「D-Com会員登録(無料)」で
続きがご覧いただけます。

D-Com会員はこちら

ログイン

D-Com会員登録(無料)はこちら

今すぐ会員登録