コロナ禍という未曽有の事態の中、世の中は大きく変容を迫られています。それはビジネスの世界においても例外ではありません。これまでも社内人材を育成することで組織をより力強くしていくという「人材育成」は重要な経営課題でしたが、このウイズコロナ、アフターコロナの時代を生き抜くことができる力強い組織づくりにおいては、今まで以上に、人材育成への対応の重要性が増してきます。本連載では長年の経営課題の1つである、若手を生かす「人材育成」について、そこでの「実践のノウハウ、テクニック」をお伝えすることで1つでも多くの“気づき”を得ていただければと思っています。

テレワーク時代にこそ立ち返るべき、上司と部下の信頼関係づくり
写真/naka stock.adobe.com

土台となる「上司と部下の信頼関係」

 御社では、上司と部下の間に良い信頼関係が構築できていますか?

 いきなり質問から始めましたが、「上司と部下の信頼関係」は、これ無くして良い人材育成はあり得ないというほど重要な要素です。経験豊富な経営者の方々にとっては、何をいまさらと思われるかもしれませんが、この質問に対して自信を持って「全く問題無い」と言い切れるでしょうか。社内において、上司と部下という関係が存在するところ漏れなく大丈夫ですか、ということです。

 「少なくとも経営者と役員、幹部の間は大丈夫だろう」と思われた方でも、そう思い込んでいるだけで実態は違うということがままあります。実際、あるお客様から人材育成について相談を受け、内情をヒアリングして実態把握を進めていくと、現場に限らず、上層部の間でも良い信頼関係が築かれていない(もしくは崩れてしまっている)ケースは珍しくありません。過度な忖度(そんたく)が横行していたり、言っても変わらないからと意見することを互いに遠慮したり、諦めてしまったりしている役員や幹部の話を何度となく耳にしてきました。

組織内の「上司と部下の信頼関係」から見直す

 上司と部下の信頼関係は、コロナ禍で改めて目を向けられている要素の1つでもあります。

 といいますのも、従来から人材育成に課題を抱える上司にとって、「部下とのコミュニケーションがうまく取れないこと」は代表的な困り事の1つでしたが、テレワーク導入がいや応なく進んで対面コミュニケーションに制限が掛かり、今まで以上に部下とのコミュニケーションやマネジメントに苦労しているという声があちこちから聞こえてきます。一方で、コロナ禍以降でも、上司と部下のコミュニケーション、仕事の進め方も含めた組織マネジメントにはおおむね問題は感じていないという上司も存在します。何がこの違いを生むのか。話を聞いて見えてくるのは、「上司と部下の信頼関係」の存在なのです。

 この土台となる部分を日頃からしっかりと積み重ねてきた上司と部下でつくられる組織は、未曽有のコロナ禍という事態においても、スムーズに順応していける力強さを実は手に入れていた。一方、上司と部下の信頼関係という大事な土台がしっかりと築けていなかった組織は、不測の事態に陥った今、いろいろなところに支障を来してしまっている。こうして差が生じているようなのです。

 このように、テレワークの加速などで改めて浮き彫りになっている上司と部下のコミュニケーション問題の原因の1つが「上司と部下の信頼関係が十分ではないこと」にあるという気づきの声は、既に様々な機会に見聞きするようになりました。

 ここで私がお伝えしたいことは、テレワーク時代でも上司と部下の信頼関係があれば大丈夫ですよという安直な話ではありません。人材育成という経営課題を解決していく上では、まず「土台となる上司と部下の信頼関係から見直してみましょう。そして改善の余地があればアクションを起こし、組織をより力強いものにしていきましょう」ということです。テレワークが進んだことで多くの組織でコミュケーション量が減っています。これからは、その絶対量の減少も織り込みながら、仕事に生かせる上司と部下のコミュニケーションが求められてきます。このため現状でもコミュニケーションに苦労している人にとっては、難度はさらに上がってくると想定されます。このタイミングで、改めて組織内での上司と部下の信頼関係に注目し、その強化に取り組むことは、この先より良い組織をつくり上げていくための重要なポイントになるのです。

 何事をなすにも、土台づくりは大事です。昨今、良い組織づくりの1つの手法として「1on1ミーティング」(上司と部下が1対1で行う面談)が注目されていますが、これも上司と部下の間に良い信頼関係が築かれていなければ、形ばかりの仕掛けになってしまうことは容易に想像できます。今回の連載コラムでご紹介していく人材育成のノウハウも、しっかりとした土台があってこそ、その効果をより発揮できます。