働きやすい職場環境づくり支援に取り組んでいる、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの朝生万里子氏が三菱UFJビジネススクエア「SQUET」で連載しているコラム「『困った社員』の対処術」から、人気記事を転載する。今回は、転勤に応じない社員を懲戒処分できるのかどうかというお話。

転勤に応じない社員を懲戒処分できますか
写真/naka stock.adobe.com
[画像のクリックで拡大表示]
〈登場人物紹介〉

岡田顧問
顧問社会保険労務士。中堅・中小企業のさまざまな労務トラブルに対応できるベテラン社労士。初歩的な当たり前の質問にも丁寧に答えてくれるため、質問しやすい先生である。

田中係長
人事部に配属されて約5年。先月、主任から係長に昇格したこともあり、やる気は十分であるが融通が利かない面もある。今回は、社内で生じる問題について、「会社のリスク回避」に焦点を置いて勉強しようと思っている。

中村さん
新卒入社2年目の元気な女性社員。やや情に流されがちであるが、働きやすい職場環境をつくることに役立ちたいと強く思っている。

中村さん経営企画部のB主任に転勤の内示をしたのですが、困惑した顔で、「転勤に応じることは難しいです」と言われてしまったのです。

田中係長就業規則に、「会社は、業務の必要に応じて、従業員に対し、配置転換または転勤その他、人事上の異動を命じることがある」と定めているので、就業規則を根拠に拒否することはできません、と説明するしかないね。

中村さんでも、何か事情がありそうで……。

田中係長誰でも、何がしか事情を抱えていると思うよ。それでも、会社の決まりに従って転勤命令に応じるべきじゃないかな。

中村さんええ、もちろんそうですが……。

田中係長それに、転勤命令、つまり業務命令に従わない場合には、懲戒処分の対象にもなることは知っているよね。

中村さんそ、それはそうですけど……。

岡田顧問まあまあ、おふたりのおっしゃることはそれぞれごもっともですよ。ただ、転勤命令が有効か無効かの判断は、最近少し変わってきています。そのあたりをご説明しますね。

田中係長判断基準が変わってきているのですか? ぜひ、教えてください。