働きやすい職場環境づくり支援に取り組んでいる、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの朝生万里子氏が三菱UFJビジネススクエア「SQUET」で連載しているコラム「『困った社員』の対処術」から、人気記事を転載する。今回は、無精ひげなど身だしなみの乱れにどう対応するかというお話。

社員の無精ひげを禁止したいのですが……
写真/milatas stock.adobe.com
[画像のクリックで拡大表示]
〈登場人物紹介〉

岡田顧問
顧問社会保険労務士。中堅・中小企業のさまざまな労務トラブルに対応できるベテラン社労士。初歩的な当たり前の質問にも丁寧に答えてくれるため、質問しやすい先生である。

田中係長
人事部に配属されて約5年。先月、主任から係長に昇格したこともあり、やる気は十分であるが融通が利かない面もある。今回は、社内で生じる問題について、「会社のリスク回避」に焦点をおいて勉強しようと思っている。

中村さん
新卒入社2年目の元気な女性社員。やや情に流されがちであるが、働きやすい職場環境をつくることに役立ちたいと強く思っている。

田中係長先生、ひげをそるように言っても聞かない社員がいて、上司は困り果てています。

中村さん営業のCさんですよね。失礼ながら、何となく不潔な感じがするので、お客様はどう感じているのかな、と私も気になっていました。

岡田顧問不快さを感じるひげなんですか。

田中係長はい。面倒なのでそっていない、というような感じです。

岡田顧問それは「身だしなみ」の問題ですね。ひげや髪形については、基本的には社員の自由を尊重すべきですが、特にお客様に接する社員の場合には、取引に影響しないとも限りませんので、一定の制限を設けることは構わないと思います。社内規程ではどうなっていますか。

田中係長「身だしなみ」については特に定めていません。

岡田顧問そうですか。人によって価値観が異なりますので、「身だしなみの基準」を設けて会社の基準をはっきりさせた方がいいですね。

中村さん確かにそうですね。でも、「ひげをそる」なんて定めてもいいのでしょうか。