「クアラ・ルンプール」の発祥地!

「クアラ・ルンプール」のご語源となった川の合流地点
「クアラ・ルンプール」のご語源となった川の合流地点

 マレーシアの首都は皆様ご存知のクアラルンプール(KL)ですが、その名前はクアラ(川の合流地点)と、ルンプール(泥)という言葉で構成されたものです。KLのオフィス街のど真ん中に、まさにこの語源となった川の合流地点があり、観光名所になっています。上の写真は2つのクラン川とゴンバック川の合流点。水の色もルンプールと言ったところでしょうか……。

独立宣言が行われた広場

 一方、冒頭写真でご紹介した「ムルデカ広場」は、1957年8月31日に独立宣言がされた歴史的な場所です。先ほどのKL発祥の地とされる場所から徒歩2分ほどにある、便利な観光スポットでもあります。徒歩数分圏内にKL最古のモスク、博物館、ギャラリー、マーケットなどがあり、このエリアだけでKLの名所を数多く見ることができます。歴史的建造物に多く触れることができるのでお薦めです。

 行動制限令が発動されている状況下であったことが影響して今回ご案内したエリアにはほどんと人はいませんでしたが、英語も通じて治安も良く、安心して回れるスポットです。ぜひ一度KLにお越しいただき、各種名所に触れてみてはいかがでしょうか。

髙松 文生(たかまつ ふみお)氏 MUFGバンク(マレーシア)頭取
高松 文生(たかまつ ふみお)氏
MUFGバンク(マレーシア)頭取
1971年生まれ。千葉県出身。94年に三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。営業本部、ニューヨーク支店などで法人業務に従事。2019年6月から香港支店副支店長として香港駐在の後、20年11月から現職。
D-Com会員登録のご案内

会員登録された方に、メールマガジンで新着記事、新連載のご案内、その他ビジネスに役立つお得な情報を無料でお送りします。会員限定記事も今後続々登場する予定です。ぜひご登録ください。
D-Com会員登録はこちら