コロナを踏まえた経済全体または日系企業の動向・変化

 ニュージーランドはこれまで素早く厳格なロックダウンを実施することで新型コロナの感染拡大を抑える「ゼロコロナ」戦略を取ってきました。しかしながら8月中旬からのオークランドを中心としたデルタ変異株感染拡大を封じ込めることはできず、「ウィズコロナ」へと方針転換を余儀なくされました。対象者のワクチン接種率が90%を超えたところで新制度へ移行するとしており、現在は毎週末接種を呼びかけるキャンペーンを実施。そのかいもあり、ワクチン接種は急速に進んでいます。

 一方で経済の状況は、現在のロックダウン前まではコロナをおおむね封じ込め、他の先進国に先行して国内経済を再開できたため、回復を遂げています。第2四半期GDP(国内総生産)は市場予想を上回る伸びを見せて堅調。8月にロックダウンのために一旦見送られた政策金利の見直しも、10月と11月にそれぞれ0.25%の引き上げを実施し、0.75%としました。最近発表された第3四半期の失業率は、史上最低の3.4%を記録。中央銀行は、今後の行動制限緩和による経済の更なる回復を見込み、政策金利見通しを2022年末までに2%の水準まで引き上げるとしています。

 経済の回復に合わせ、日系企業の事業活動も活発になっていくものと思われます。また、新制度移行から実質閉鎖されている国境の再開への道筋が見えてくれば、これまでペンディングされていた新規投資の検討再開もあるでしょう。2022年に日本とニュージーランドの外交関係は、樹立70周年を迎えます。ポストコロナ時代に様々な分野で、両国の協力関係は一層強化されていくことが期待されます。

美しいビーチが広がるニュージーランド・オークランド
美しいビーチが広がるニュージーランド・オークランド
[画像のクリックで拡大表示]
吉武 正己(よしたけ まさみ) 三菱UFJ銀行オークランド支店長
吉武 正己(よしたけ まさみ)
三菱UFJ銀行オークランド支店長
1973年生まれ。愛知県出身。96年に三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。東京・名古屋・UAEドバイ・シドニーにて法人取引業務・拠点経営企画業務に従事。2020年9月から現職。
D-Com会員登録のご案内

会員登録された方に、メールマガジンで新着記事、新連載のご案内、その他ビジネスに役立つお得な情報を無料でお送りします。会員限定記事も今後続々登場する予定です。ぜひご登録ください。
D-Com会員登録はこちら