6月中旬から7月中旬にかけて高値を負う展開に
6月中旬から7月中旬にかけて高値を負う展開に
グラフ1●東京エリアプライスの1日の値幅の変化(出所:日経エネルギーNext電力研究会)