スーパーメジャーの英BPが公表している「BPエネルギー統計」の2016年版によると、世界の原油生産国トップ5は、上から順にサウジアラビア、ロシア、米国、イラク、カナダが名を連ねる。これら5カ国で世界の原油のほぼ50%を生産している。

 ここで注目すべきは、ここ数年間で生産が増加したのは、米国のシェールオイルとカナダのオイルサンドだけだということだ。いずれもいわゆる「非在来型原油」である。

 在来型原油の生産量は2005年をピークに、以降はほぼ横ばいが続いている。在来型の生産拡大に限界が見えてきたため、非在来型は、在来型に比べて生産コストは高くつくものの、将来性が評価され、ここ10年ほどは特段の注目を集めてきた。

 IEA(国際エネルギー機関)の「世界エネルギー展望(World Energy Outlook)」の2015年版 (WEO2015)においても、オイルサンドは2015年の日量250万バレルから2040年には同450万バレルと、1日当たり200万バレルの増産を見込んでいた。世界の原油生産の拡大にはオイルサンドとシェールオイルのいっそうの開発が不可欠と考えられていた。

 ところが、2014年の油価暴落以降、オイルサンドの将来性に陰りがみられるようになったのだ。市場油価がオイルサンドの損益分岐価格を下回る状況になったためである。これに、COP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)のパリ協定によるCO2排出削減が追い打ちをかけた。オイルサンドへの期待は、急速にしぼみつつある。

アスファルトか石炭に近いオイルサンド

 オイルサンドはタールサンドとも呼ばれ、極めて粘性の高い原油成分を含む砂岩をいう。在来型原油が、採掘すれば自噴する極めて流動性の高い液状の原油であるのに対して、オイルサンドはその名が示す通り流動性は全くない。性状はむしろアスファルトか石炭に近いくらいで、取り扱いが厄介なのが難点だ。

 オイルサンドの生産プロセスとしては、伝統的な露天掘りと地層内回収法(SAGD:Steam Assisted Gravity Drainage)の大きく2通りある。

 露天掘りの場合、1バレル(159リットル)の重質原油を得るのに、数トンの砂岩を採掘しなければならい。この砂岩に熱湯や蒸気をかけて砂岩から油分(ビチューメン)を抽出する必要があり、この過程で大量の熱エネルギーを消費する。そしてその後は、大量の廃棄土砂(産業廃棄物)が発生する。油分の抽出工程が生産コストを引き上げる主な要因になるわけだが、これに大量の産業廃棄物や汚染対策の費用も加わる。

 その結果、従来の原油(在来型原油)と比較して生産コストがかなり高くつく。露天掘りの場合、地表面の汚染発生に加え、開発が進むにつれて残存資源の掘削深度は深くならざるを得ない。

 こうした問題を回避する手法として開発されたのがSAGD法である。新規の油田開発ではSAGD法への移行が進んでいる。いずれ、露天掘り生産を上回るだろう。

 SAGD法は、オイルサンド資源が存在する地下の一帯を高温蒸気で加熱して、溶出した油分を地上に取り出す(図1)。汚染や掘削深度の問題は緩和できるが、熱エネルギーの消費は露天掘りと大きく変わらないため、エネルギーコストの問題まで解決できるわけではない。

蒸気で過熱して油分を抽出
図1●オイルサンドの生産方法「SAGD」(出所:ロンドン地質学会)。Reservoir(貯留層)、Steam Injection Wellbore(蒸気注入井戸)、Oil production Wellbore(オイル生産井戸)

順調な増産の影で始まった異変

 重質の油分は、そのままでは流動性が低く、パイプラインによる輸送ができないため、水素を添加して粘度を低下させる。幸運なことにカナダでは、天然ガスが豊富に採掘されるため、天然ガス由来の水素は豊富だ。オイルサンドを市場で利用可能な原油にするまでに大量の熱エネルギーや水素を消費するため、これがコスト上昇要因になると同時に、大量のCO2発生にもつながる。

 カナダのオイルサンドは、統計上の原油可採埋蔵量としてはベネズエラの重質油(*1)、サウジアラビアの在来型原油に次いで世界第3位である。埋蔵量が多いことも、原油生産国としてのカナダの将来が期待されていた理由である。

*1:ベネズエラの重質油は、埋蔵量は多いが、カナダのオイルサンドと同様、高コスト問題を抱える上に、政情の不安定さやベネズエラ国営石油公社(PDVSA)の不透明な経営、停滞する開発投資などのため、近年、生産量は低下の一途をたどり、回復は当分見込めない状況にある。

 現在、世界で代表的なオイルサンド生産地域となったカナダ・アルバータ州北部の極寒の地、フォート・マクマレイで加サンコーエナジー(Suncor Energy)がオイルサンドの生産を始めたのは1967年のことだった。それから、既に50年が経過している。

 これまでのカナダにおけるオイルサンドの生産量の変遷を図2に示す。図1に示したSAGD法による生産が増加していることが分かる。2014年以前にかなり多くの事業開始が承認され、それらの大半は生産が開始され現在の生産量を支えている。しかし、この図に見られるようなこれまでの順調な増産に、最近、陰りが見えてきた。

ここまで生産量は順調に増えてきたが・・・
図2●カナダにおけるオイルサンドの生産量(出所:Alberta Energy Regulator)。Mining(露天掘り)、In Situ(地層内回収)。SAGDは地層内回収の1手法

 カナダのオイルサンドには、(1)高い生産コスト、(2)生産過程で発生する多量のCO2(COP21の制約)、(3)生産過程で排出される多量の環境汚染、(4)先住民族の権利侵害、(5)米国へ輸出するのに必要なパイプライン新設計画の停滞、などの難問が立ちはだかっている。

 ここでは主に(1)のコスト問題を検証していく。(2)は(1)と同根の問題であり、これらがオイルサンド事業の根源的課題だ。(3)(4)(5)もオイルサンド生産を進展させるうえでは障害になる。

 英調査会社IHSマークイット社の報告書によれば、オイルサンドの損益分岐コストは、露天掘りで1バレル85~95ドル、SAGD法では同55~65ドルとなっている。ただし、これらのコストには、水素添加による軽質化(粘度低下)コストは含まれていない。

 ちなみに、「IEA Resources to Reserves 2013」によれば、超重質油(オイルサンドやシェールオイル、ベネズエラのオリノコ重質油など)の生産コストは1バレル50~90ドル程度で、IHSの報告とほぼ同レベルにある。オイルサンドのコストは、中東原油の10~30ドル、その他の在来型原油の10~70ドルなどと比較してかなり高い。

 つまり、原油の市場価格が1バレル55ドル以下の状況では、ほとんどのオイルサンド事業は赤字経営となる。サンドオイル採掘のほぼ半分は露天掘りと考えられるが、これらは市場油価が85ドル以上でないと成り立ちにくい。

 2010~14年の油価が1バレル100ドルという水準の高値安定時期には、オイルサンドの生産は順調で、それまでにない増産が続いた。しかしながら、2015年以降は大きく変化している。2014年末に原油価格が暴落し、現在まで市場油価は50ドル前後に低迷している。

オイルサンド事業からの撤退が相次ぐ

 オイルサンド事業は大きな打撃を受けた。ほとんどの事業者が2015年以降、赤字経営に陥っている。それでも生産量が減少していないのは、2014年以前に生産を開始した事業が現在も生産を継続しているからである。将来の油価回復を期待して、赤字経営に耐えている企業もあるが、回復をあきらめて、オイルサンドから離脱する企業も少なくない。今後の経済の見通しが不透明の中では、オイルサンド事業の復活はかなり困難であろう。

 2014年末の油価暴落とほぼ時を同じくして、2014年9月にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次報告書が発行され、2015年12月にCOP21のパリ協定が採択された。先進国は2050年にはCO2排出量を現行レベルから80%削減することが方向付けられた。

 カナダのオイルサンドの生産過程では、在来型原油よりも多量のCO2が発生することはすでに述べた。CO2排出削減という環境制約からも、生産継続が危ぶまれる事態にある。

 このような状況を踏まえて、2017年4月までに、米コノコフィリプス、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、米マラソン・オイル、米マーフィー・オイル、ノルウェー・スタトイルといった有力な石油企業が相次いで、カナダでのオイルサンド事業からの撤退を表明した。これらの企業は資産をカナダの国内企業に売却したが、その額は250億ドルにのぼるとの報道もある(その後、米シェブロンも売却を検討中と報道されている)。

 加えて、COP21への対応を重視するカナダのトルドー首相は、2017年1月、オイルサンド事業を段階的に縮小すると発言している。

 現行のオイルサンド開発事業計画に基づいて、今後の生産予測をしてみたい。

 オイルサンド資源自体は豊富にあるため、投資が決まれば、その事業の開発時期と規模に基づいて、将来の生産開始時期と生産量を予測できる。開発事業の過去の実績や将来計画は、IHSやノルウェー・リスタッドエナジー(Rystad Energy)などのコンサル企業やエンジニアリング企業が把握している。

 2000年以降の投資額の推移を図3に示す。2014年までの10年余は平均してかなり高額の投資が続けられていた。ところが、2015年以降は投資額が急減している。2014年末の油価暴落が影響したと見られる。

 図3は、2019年までは、過去に承認され、現在継続中の事業に対して資金が投入されるが、新規の事業計画が生まれない限り、2020年以降はオイルサンド開発に対して新規に資金が投入されないことを示している。

 もちろん、2019年までに資金を投入した事業には生産が継続されるものもあるから、オイルサンドの生産が急激に減少することはない。また、2019年までに開始された事業からある程度の増産も期待できる。2020年代の半ばまでは増産されることになると推定されている。だが、それ以降、生産量が増加することはない。

2015年以降は開発投資が激減
図3●新規のオイルサンド開発事業への投資額推移(出所:リスタッドエナジー)

世界の石油減退が加速

 オイルサンドの生産量の予測図(IEA予測など)に筆者が加筆したものを図4に示す。カナダ石油生産者協会(CAPP)は2006年の生産計画を2015年には大幅に下方修正した。IEAの2015年の予測は、CAPPの計画よりさらに下方修正したものになっている。

下降線たどる生産量の見込み
図4●将来のオイルサンド生産予測(出所:CAPP、IEA、米ボールド・アライアンス)

 ネブラスカ州やアイオワ州などの農村部を拠点に環境保護活動を展開する米ボールド・アライアンス(Bold Alliance)によれば、オイルサンドの生産は2025年ごろにピークに達し、それ以降は稼働中の事業の自然衰退により生産の減少が継続することになる。

 オイルサンドは資源量そのものは多いことを考慮すると、2025年以降も生産量は漸減しながら、生産を継続することは可能だろう。しかし、トルドー首相の発言もあり、CO2削減の環境制約を考慮して2050年頃に向けてオイルサンド事業そのものを縮小させる施策が進められる可能性もある。

 IEAやCAPPのオイルサンド生産予測は、2040年には日量450万バレルを超えると予測していた。しかし、ここで示した分析によれば、2025年ころに300万バレル程度で生産ピークに達し、その後は確実に減少することが予測される。

 2016年版の「世界エネルギー展望」(WEO2016)は、「2040年には世界の石油生産は現状から7割減」と予測している(「採算性低下が原因で、石油生産は減衰する」参照)。

 しかし、この予測を発表した時点では、カナダのオイルサンドの生産減少は織り込まれていない。それどころか、増産を予測していた。オイルサンドの現状を考慮すれば、2040年の世界の石油は、さらなる減退を覚悟しなければならない。

中田 雅彦(なかだ・まさひこ) 石油経済研究会
1941年生まれ。東京工業大学大学院修士課程(機械工学専攻)修了後、トヨタ自動車に入社。第3エンジン技術部部長などを歴任。工学博士(東工大)。定年退職後、トヨタグループの技術系シンクタンクであるテクノバで自動車燃料やエネルギーに関する調査研究に2016年3月まで従事した。