Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 4月22日(木)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial2021[夏]号
  • 5月6日(木)発売 菅井友香・著『あの日、こんなことを考えていた』
  • 日経エンタテインメント!7月号予告 2021年7月号予告 2021年6月4日(土)発売 表紙「Sexy Zone」 特集「タレントパワーランキング2021(仮)」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

2020年ヒット総まくり
表紙 NiziU

表紙&巻頭特集はNiziU。オーディション時から大きな話題を集め、12月2日にデビューしたばかりの彼女たち。座談とソロインタビューで、その歩みと目指す先を明らかにします。さらに所属事務所JYP ENTERTAINMENTの研究も。ポストカード4種と両面ピンナップのW付録付きです。特集は「2020年ヒット総まくり」。コロナ禍に揺れたこの1年、逆境の中で生まれたヒットと新しい試みを振り返ります。「2020年の顔」として賀来賢人やジャルジャル、Snow Manの深澤辰哉らへのインタビューも。もう1本の特集は注目新作を紹介する「年末年始必見作ガイド100」。大泉洋×ムロツヨシ、土屋太鳳、宮野真守らのインタビューとともに、この冬見逃せない作品を取り上げました。このほか、年内で活動休止となる嵐の国立競技場ライブを中心とした2020年の振り返り、少年隊の「サウンド解体新書」などの企画も。関ジャニ∞のリレー連載「魂の歌」は丸山隆平が登場します。

1月号の主な記事をピックアップ!

巻頭インタビューNiziU大型ガールズグループがついに正式デビュー

誌面:NiziU

社会現象にもなったオーディションプロジェクト『Nizi Project』から誕生したガールズグループ「NiziU」が12月2日、正式デビューを果たした。テビュー前から次々と記録を打ち立ててきたクループの“今”に迫る。


特集2020ヒット総まくり新型コロナに揺れ続けた1年、そのなかで多くの人の心を動かした作品は?

誌面:2020ヒット総まくり

緊急事態宣言に伴うステイホーム、そしてライブやイベントの自粛など、新型コロナの影響を受け続けた2020年。しかし、そんな逆風のなかでも、多くの人を魅了したビッグヒットや新顔のブレイクなどが生まれてきた。さらに、オンラインライブや配信動画など新たなサービスも定着。この1年のエンタ界とヒットを振り返る。


2020年の顔インタビュー賀来賢人映画『今日俺』が邦画実写No.1。『半沢直樹』など“濃い”1年に

誌面:賀来賢人

主演映画『今日から俺は!!劇場版』がエンタ界をけん引。連続ドラマ『半沢直樹』でも重要な役を担い、一方でオンライン演劇にも挑戦。2020年と“先”について聞く。


特集年末年始必見作ガイド100冬休みはこれでエンタメ三昧!

誌面:年末年始必見作ガイド100

2020年も残すところあとわずか。そしてクリスマスから正月へと続く年末年始は、力の入った大型作品が多数登場し、エンタテインメント界が活性化する時期だ。映画では夏の『今日から俺は!!劇場版』の大ヒットの記憶も新しい福田雄一監督と大泉洋がタッグを組んだ新作『新解釈・三國志』が公開。ヒット作の実写化『約束のネバーランド』、人気作の続編『ワンダーウーマン1984』も。さらにテレビでは『逃げるは恥だが役に立つ』や『教場』の最新作が登場する。もちろん『M-1グランプリ』『紅白歌合戦』といった冬の風物詩も健在だ。そんな注目作をオールジャンルで一気に紹介。充実の冬休みはこの特集にお任せあれ!


新作インタビュー大泉 洋×ムロツヨシオールスター集結!福田雄一念願の“どうでしょう三國志”が実現

誌面:大泉 洋×ムロツヨシ

大泉洋ふんする劉備はひたすらぼやき続け、ムロツヨシの孔明はずっとふわふわ!?中国における魏・蜀・呉の群雄割拠を描いた『三國志』を『今日から俺は!!劇場版』で興行収入53億円突破の福田雄一監督がまさかの新解釈!


2020年の顔インタビュー深澤辰哉(Snow Man)こんな1年になるなんて

誌面:深澤辰哉(Snow Man)

1月のデビュー曲から2作連続でミリオンを達成。9人組のSnow Manは、1年目にしてグループに、個々に、大ブレイクを果たした。とはいえ、思うような活動ができなかったこの1年はどんな時間だったのか。メンバーの深澤辰哉にじっくりと振り返ってもらった。


特集少年隊サウンド解体新書

誌面:少年隊

ジャニーズ事務所の最年長グループ・少年隊が、デビュー35周年を記念し、12月12日に『少年隊 35th AnniversaryBEST』をリリースする。歌謡界の天才たちと作った楽曲群は“アイドルの虎の巻”と言うべき内容だ。それを紐解いてみた。また、堂本光一の連載「エンタテイナーの条件」では、「少年隊になりたくて」と題して、この先輩グループへの思いを語る。


短期集中連載関ジャニ∞「魂の歌」 第4回 丸山隆平この年1年、全員がふんどしを締め直せた

誌面:関ジャニ∞「魂の歌」 第4回 丸山隆平

メンバーの重病や脱退、そして恩師の他界。グループに影を落とす出来事が相次いだこの2年あまり。CDデビューから15年にして、もはやこれまでか?という空気の中にいた関ジャニ∞が今、再び輝き始めている。そんな彼らのリレーロングインタビュー。第4回は丸山隆平。


 UP