Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 4月22日(木)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial2021[夏]号
  • 5月6日(木)発売 菅井友香・著『あの日、こんなことを考えていた』
  • 日経エンタテインメント!7月号予告 2021年7月号予告 2021年6月4日(土)発売 表紙「Sexy Zone」 特集「タレントパワーランキング2021(仮)」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

広がる「少年ジャンプ」ワールド
表紙 呪術廻戦

表紙&巻頭特集は「呪術廻戦」。原作マンガは累計3600万部超の大ヒット中。今回はその勢いを加速させたアニメにスポットを当て、主要声優のほか、監督などのスタッフ取材を通じて、作品の魅力に迫ります。メイン特集は「広がる『少年ジャンプ』ワールド」。アニメ、コミックスで次々とヒットを生み出す「少年ジャンプ」の強さを、アニメスタジオや編集部への取材からひもときました。『僕のヒーローアカデミア』の女性声優座談会、『チェンソーマン』作者の藤本タツキへのインタビューも。このほか、デビュー10周年を迎え、最近はソロでの活動も目立つSexy Zoneの菊池風磨、昨年10月期のドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で脚光を浴びた赤楚衛二と町田啓太、日本デビューを控えたTREASUREらがインタビューに登場。デジタルシフトが進んだ今のエンタ界の状況を解き明かす「最新ブレイク&ヒットの作り方」、次のブレイク候補を占う「ポスト第7世代芸人」などの特集も。

4月号の主な記事をピックアップ!

巻頭特集テレビアニメ『呪術廻戦』時代性に富んだ最新・最上のエンタテインメント
今だから明かせる制作の舞台裏とヒットの理由

誌面:テレビアニメ『呪術廻戦』

現在大ヒット中のテレビアニメ『呪術廻戦』。3月の最終回を前に、朴性厚監督をはじめ、音楽チームら作り手、主人公の虎杖を演じる榎木淳弥ら声優陣など全方面に取材。アニメはいかにして作られ、時代に受け入れられたのか。その理由を総力取材。


特集広がる『少年ジャンプ』ワールドアニメ、コミックスでヒット連発

誌面:広がる『少年ジャンプ』ワールド

アニメが話題沸騰、マンガも大増刷中の『呪術廻戦』をはじめ、“エンタテインメントの中心”で圧倒的な存在感を放つジャンプ作品。作品に大きな飛躍をもたらす「ジャンプアニメ」を担うスタジオや作り手、そして次々と話題に上る作品を生み出す『少年ジャンプ』編集部に取材。エンタ界を席巻する「少年ジャンプワールド」の“今”を解説していく。


特集5大キーワードで探る 最新ブレイク&ヒットの作り方TikTok発、オーディション、海外進出、バーチャルワールド、カタログ発

誌面:最新ブレイク&ヒットの作り方

急速に進んだエンタ界のデジタル化を背景に、ヒットの作り方が大きく様変わりした。新たなスターを次々と生み出す「TikTok」や「オーディション」のトレンドから、オンライン化でチャンスが広がる「海外進出」「バーチャルワールド」「カタログ」まで5つのキーワードとともに、ブレイク&ヒットの最新事情を探っていく。


特集沸騰!ポスト第7世代芸人30組若手からベテランまで“次”への競争が激化

誌面:沸騰!ポスト第7世代芸人30組

テレビ局のターゲットが若者層に変わり、ここ1年で急速にお笑い番組が増えた。売れっ子となった「第7世代芸人」に続く新たな人材も、若手・ベテラン問わず続々と台頭している。今後の活躍が期待できる精鋭30組を、仕事実績と共に紹介する。


インタビューTREASURE韓国発超大型新人グループがやってきた!
YGが放つ“秘密兵器”が待望の日本デビュー

誌面:TREASURE

3月31日に韓国発のボーイズグループ「TREASURE」が日本デビューを果たす。次世代トップと目される超大型新人の魅力と、新世代を切り開く新しさとは?インタビューでその理由に迫る。


インタビュー新田真剣佑国内映画で初の単独主演
「20代で多くの経験をしたい」

誌面:新田真剣佑

映画『ちはやふる』シリーズで知名度を上げ、数々の話題作に出演してきた新田真剣佑が3月12日公開の映画『ブレイブ―群青戦記―』で、初の国内映画単独主演を果たす。記念すべき本作の撮影には、どんな意識で臨んだのだろうか。改めて役者という仕事に感じる魅力、そして今後の展望なども聞いた。


インタビュー菊池風磨(Sexy Zone)10年目の正直

誌面:菊池風磨(Sexy Zone)

2020年のステイホーム期間、テレビを見る機会の増えたお茶の間に、思いがけぬコメディセンスで鮮烈な笑いを届けたジャニーズがいる。今年デビュー10周年を迎えるSexy Zoneの菊池風磨だ。バラエティでのそうした奮闘がこれまでクールと言われたイメージに風穴を開け、またグループ全体をも新たなステージへ引き上げようとしている。ようやく当たり始めた光。これまでの活動とこれからの展望を、彼自身の言葉で語ってもらおう。


インタビュー赤楚衛二『チェリまほ』は今の自分を肯定してくれる大切な存在

誌面:赤楚衛二

昨年10月期に放送された連ドラ『チェリまほ』が海外でも反響を呼ぶヒット作となり、若手主演俳優の1人として急激に注目度が増した赤楚衛二。作品にはどう取り組んだのか。撮影中のこと、そして俳優人生のこれまでについて振り返ってもらった。


インタビュー町田啓太がむしゃらに進んだ俳優人生は、いつしか天職そのものに

誌面:町田啓太

作品ごとに、視聴者に鮮烈な印象を残し、俳優としての地位を確立してきた町田啓太は、20年の『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で、さらなるブレイクを果たした。約10年のキャリアを振り返り、その意識の変化と転機となった作品を語る。


 UP