Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 8月31日(火)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial2021[秋]号
  • 5月6日(木)発売 菅井友香・著『あの日、こんなことを考えていた』
  • 日経エンタテインメント!2021年11月号予告 2021年10月4日(月)発売 表紙「V6」 特集「ラジオ&音声メディア研究(仮)」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

次代を拓く女性たち
表紙 浜辺美波

表紙&巻頭インタビューは浜辺美波。2019年に高校を卒業し、女優1本に活動を絞ってからの2年間で7本のドラマと4本の映画に主演。若手女優No.1の活躍を続ける20歳の彼女に、飛躍したこの2年と描く未来図を語ってもらいました。メイン特集は「次代を拓く女性たち」。俳優・音楽・お笑いなどの各分野で新たな道を切り開く、注目の女性を一気に紹介。女優からは広瀬アリス、松本まりか、南沙良、吉川愛、小西桜子、アイドルでは30代も活動継続を宣言し、新たな道を進む柏木由紀らがインタビューに登場。お笑いでは福田麻貴(3時のヒロイン)×加納(Aマッソ)×サーヤ(ラランド)による鼎談も。さらに、世界的な人気ガールズグループとなったBLACKPINKの研究特集も掲載しています。このほか、デビュー3年目を迎えるKing & Princeの神宮寺勇太、関西ジャニーズJr.から台頭しつつあるAぇ! groupの正門良規・末澤誠也・草間リチャード敬太のロングインタビューも掲載します。

6月号の主な記事をピックアップ!

巻頭インタビュー浜辺美波挑戦続いた20歳の現在地。そして新たに描く未来図

誌面:浜辺美波

映画、ドラマ、CMと様々な分野で活躍が続く浜辺美波。その出演作を振り返ると、改めて多様な挑戦を続けていることが見えてくる。1人の女優として、どんなことを考えながら作品に挑んできたのか。どんな点に自身の成長を感じたのか。そして、今後どんな挑戦をしていきたいのか。20歳が捉える現在、そして見据える未来とは。


インタビュー広瀬アリスオファーの絶えない好感度女優は“しなやかな完璧主義者”

誌面:広瀬アリス

ドラマや映画に出演するたびに視聴者の記憶に残る役を演じ、バラエティ番組やSNSなどでは明るく飾らない姿で好感度もつかむ──。今、広瀬アリスは“最強”の存在感を放つ女優の1人だ。仕事への向き合い方を聞きながら唯一無二の立ち位置にいる理由を紐解いていく。


特集次代を拓く女性たち俳優・音楽・アイドル・お笑い・SNS発 の新ヒロイン

誌面:次代を拓く女性たち

次世代の主演を期待される新進女優、ストリーミングで話題の楽曲を送るアーティスト、バラエティで引っ張りだこの若手芸人…。エンタテインメント界の各ジャンルで頭角を現しつつある女性たち。そんな次世代のヒロイン候補を一気に紹介していこう。


インタビュー松本まりか“求められない”苦しさと退屈を経て、やっと見えた現在地

誌面:松本まりか

18年の連ドラ『ホリデイラブ』で、主人公の夫の浮気相手を少し怖いほどの生々しさで演じて以降、人気に火がついた松本まりか。30代半ばでブレイクするまでの道のりはどんなものだったのか。「点」が「線」になるまでの、芸歴20年の“あざとくない”女優論。


インタビュー柏木由紀(AKB48)30代もグループ活動継続を明言。新たなアイドル道の先頭に

誌面:柏木由紀(AKB48)

現在のアイドルシーンの礎を築いたAKB48の最年長メンバーである柏木由紀は歌番組で「30歳まで卒業しません」と宣言。本人も予想していなかったという反響からこれまでのアイドルとは異なる未来を見据える。


女性芸人座談会福田麻貴(3時のヒロイン)× 加納(Aマッソ)× サーヤ(ラランド)地肩が強い“最旬”のメンバーが語る お笑い・バラエティ・女芸人の現状

誌面:福田麻貴(3時のヒロイン)× 加納(Aマッソ)× サーヤ(ラランド)

最近は「女性芸人」にスポットが当たることが増えた。その象徴的な存在である福田麻貴、加納、サーヤによる新番組が春からスタート。3人が現在のバラエティ界、お笑い界について感じていることとは?


研究BLACKPINK“ガールズパワー”を世界に発信する4人組

誌面:BLACKPINK

パワフルでスタイリッシュなパフォーマンスとファッショナブルなスタイル。韓国発のガールズグループBLACKPINKは、誰にも媚びず自然体な姿で世界中の女の子たちを夢中にさせている。改めてその魅力に迫る。


作品研究ゴジラvsコング全世界で大ヒット。ゴジラ愛から生まれた様々な見せ場が続々

ゴジラvsコング


全世界で人気のキャラクター、ゴジラとコングが激突する『ゴジラvsコング』が5月14日から公開。先に公開された海外では4月13日時点で世界興収3億6500万ドルと、コロナ禍で公開されたハリウッド大作で最大のヒットとなっている。監督とプロデューサーの話から作品の魅力を解説するほか、本作でハリウッドデビューを果たした小栗旬のインタビューもお届けする。

新連載SKY-HI「Be myself,for Ourselves」vol.1 素敵な才能の見極め方
日本には“音楽ファースト”の才能を生かす場所がない

誌面:SKY-HI Be myself,for Ourselves


新たなボーイズグループの誕生を目指し、私財を投じてオーディション「THE FIRST-BMSG Audition 2021-」を開催しているSKY-HIの新連載がスタート。オーディションの展開に合わせて、彼が考えるエンタテインメントのあり方を聞いていく。第1回は「才能の見極め方」と題して、SKY-HIが求める才能とその先に見据えるものを聞いた。

インタビュー正門良規×末澤誠也×草間リチャード敬太(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)関西ジャニーズJr.躍進を象徴する個性派軍団、その正体

誌面:正門良規×末澤誠也×草間リチャード敬太(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)

強いキャラぞろいの関西ジャニーズJr.の中にあって“個性派軍団”と言われる6人組、Aぇ! group。そのグループから、芸歴10年を超える3人に集まってもらい、“グループができるまで”や自分たちの位置づけ、個人が向かう方向性などをじっくり語ってもらった。


インタビュー神宮寺勇太(King & Prince)僕の目に映るもの

誌面:神宮寺勇太(King & Prince)

数多いる同世代ジャニーズの中で王者の風格を揺るぎないものにしているグループ・King & Prince。その全体像を見つめる神宮寺を迎え、5月19日に発売される新曲の話題を入口に、グループの、また個人としての気になる展望を探る。


 UP