Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 2022年5月16日(月)発売 藤掛直人・著 ファンをつくる力 デジタルで仕組み化できる 2年で25倍増の顧客分析マーケティング
  • 2022年5月6日(金)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2022[夏]号
  • 2022年3月23日(水)発売 指南役・著 黄金の6年間 1978-1983 ~素晴らしきエンタメ青春時代~
  • 日経エンタテインメント!2022年7月号予告 6月3日(金)発売 表紙「Stray Kids」 特集「タレントパワーランキング2022」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

2021年ヒット総まくり
表紙 Snow Man

表紙&巻頭インタビューはSnow Man。2020年1月のデビュー後、まもなく世はコロナ禍に。しかし、シングルセールスが年間1位を記録、MV再生回数は1000万回超えもザラ、テレビ出演も多数と快進撃を続ける彼らの成功の秘密をインタビューなどから紐解いていきました。メイン特集は「2021年ヒット総まくり」。映画、音楽など7大ジャンルの年間ランキングを基に、各界第一線のクリエイターらがこの1年の動きを振り返ります。「BTS」「呪術廻戦」「東京リベンジャーズ」など、大ヒット作の研究記事も。さらに、冬休みの注目作品を一気にまとめた「年末年始“必見作”ガイド」特集も用意しました。このほか、今号は“2021年の顔”が多数登場。ヒットチャートを席巻したYOASOBI、ドラマ『チェリまほ』を機に大ブレイクに至った赤楚衛二と町田啓太、ボーイズグループブームの一翼を担ったJO1(白岩瑠姫・豆原一成・與那城奨)、そしてついにデビューを果たしたなにわ男子の藤原丈一郎など、この1年大注目された人気者の声をお届けします。

1月号の主な記事をピックアップ!

巻頭インタビュー Snow Man 僕たちの正解

誌面:Snow Man

デビューして間もなく世はコロナ禍に。活動に厳しい制限がかかるなかでもSnow Manは大ブレイクした。多くの人が彼らにハマっていくのはなぜなのか。彼らが正解と思うことは何なのか。「テレビ」「パフォーマンス」「SNS」の3面から紐解いてゆく。


2021年の顔 インタビュー YOASOBI 2021年もヒット曲を生み続けた2人組
ぶれない制作スタイルに込める思い

誌面:YOASOBI

『夜に駆ける』で2020年にブレイクして『紅白』にも出場、一気にスターダムをかけ上がったYOASOBI。歩みを止めることなく21年も積極的に楽曲リリースを行い、そのどれもがヒットを記録している。そんな彼らの、音楽への向き合い方や、クリエーティブに対する信念、今後の展望を聞いた。


2021年の顔 インタビュー 赤楚衛二 『チェリまほ』に続き『かのきれ』で好演
“愛され役”に恵まれ注目度No.1に

誌面:赤楚衛二

2020年12月まで放送された『チェリまほ』で主演し、注目度が急上昇した赤楚衛二。勢いは衰えることなく21年に入り、『かのきれ』『SUPER RICH』とドラマに連投。雑誌などのメディアへの登場回数も飛躍的に増え、人気若手俳優の仲間入りを果たした。俳優として変化の多かった1年。今はどんな景色が見えているのか。取り組んだ作品や人との出会いを振り返りながら、じっくり語ってもらった。


特集 2021年ヒット総まくり 再び立ち上がり始めたエンタ界、ヒット作品でたどるこの1年

誌面:2021年ヒット総まくり

2020年に引き続き、新型コロナウイルスのまん延にともなう緊急事態宣言に翻弄された2021年のエンタテインメント業界。しかし、そうした状況のなかでも、人々を魅了し、時に勇気づけるような作品も数多く生まれた。10月に緊急事態宣言も全面解除され、徐々に再生へと向かい始めたこの1年を振り返る。


特集 年末年始必見作ガイド どれを見る?何を聴く?この冬もエンタテインメント三昧!

誌面:年末年始必見作ガイド

クリスマスから正月へと続く年末年始は、力の入った大作が多数登場するタイミング。この冬も、映像作品・音楽・書籍とも絶対に見逃せない作品が目白押しだ。映像では、『99.9』『あなたの番です』と大ヒットドラマが相次いで映画化。Netflixの『浅草キッド』、Amazon『No Activity』など、配信各社の新作も期待大。もちろん、『M-1』『紅白』などの恒例番組も。この特集で充実の冬休みを過ごしてほしい。


2021年の顔 インタビュー JO1(與那城 奨/豆原一成/白岩瑠姫) ボーイズ新時代に見せる意地と底力

誌面:JO1(與那城 奨/豆原一成/白岩瑠姫)

デビューは20年3月4日。以降、新型コロナの影響下で制限された活動を余儀なくされるなか、JO1は“自分たちにできること”に真摯に向き合い、努力を重ね、彼らの地位を築いてきた。 5thシングルリリースを前に彼らは自分たちの歩みをどう捉え、何を考えているのか。今回、センターを務める白岩瑠姫とリーダーの與那城奨、最年少の豆原一成に聞いた。


2021年の顔 インタビュー 町田啓太 鮮烈だった『青天を衝け』
役、作品、人との出会いに恵まれて

誌面:町田啓太

10年のキャリアがあり、エリートからワイルド系まで表現できる演技力を持つ町田啓太。作品を下支えする実力は評価されてきたが、20年10月期放送の『チェリまほ』を機に、一気に流れが変化。脇役の立ち位置でも、見る人の目を離さない存在となり、連日メディアやSNSをにぎわせた。反響をどう受け止めてきたのか。現在の高い注目度のきっかけとなった『チェリまほ』以降の約1年を振り返る。


2021年の顔 インタビュー 藤原丈一郎(なにわ男子) 夢のような1年

誌面:藤原丈一郎(なにわ男子)

11月12日にCDデビューを果たし、早くも快進撃を見せている関西出身の7人組・なにわ男子。その最年長メンバーである藤原が、2021年初頭の本誌インタビューで明かしていた2つの夢―。それがかなった今、改めてこの1年を振り返る。


 UP