Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 2022年6月27日(月)発売 渡邊美穗・著 私が私であるために
  • 2022年5月16日(月)発売 藤掛直人・著 ファンをつくる力 デジタルで仕組み化できる 2年で25倍増の顧客分析マーケティング
  • 2022年5月6日(金)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2022[夏]号
  • 日経エンタテインメント!2022年9月号予告 8月4日(木)発売 表紙「コムドット」 特集「YouTubeの現在・過去・未来」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

ボーイズグループ最前線
表紙 なにわ男子

表紙&巻頭インタビューはなにわ男子。CDデビューから半年。多彩な活動が多いジャニーズ事務所のなかでも、ひときわ“規格外”の動きを見せている彼らに、今の自身の立ち位置や未来についての思いを聞きました。メイン特集は「ボーイズグループ最前線」。ジャニーズ、LDH、K-POPに加え、オーディション発のグループも第4の勢力として強いパワーを持ちつつある昨今。チャートなど各種データやクリエイティブの新潮流などから、今起きている“最前線”を探ります。同時に、新顔グループのデビューが相次ぐ「次世代ガールズグループ研究」も。K-POP第4世代や日本発の本格的なダンス&ボーカルグループなど、今後のシーンをけん引しそうなニューカマーを紹介します。結成14周年の記念日にニューアルバムをリリースするももいろクローバーZ、関西ジャニーズJr.のなかで存在感を高めるAぇ!groupの正門良規らのスペシャルインタビューも。

6月号の主な記事をピックアップ!

巻頭インタビュー なにわ男子 スタンダードを書き換えたくて

誌面:なにわ男子

CDデビューから約半年。多彩な活動が多いジャニーズ事務所のなかでも、ひときわ“規格外”の活動を見せているなにわ男子。そこに秘められた彼らの思い、そしてジャニーズの未来とは。


特集 ボーイズグループ最前線

誌面:ボーイズグループ最前線

ジャニーズとLDH、K-POPがチャートをにぎわせてきた日本のボーイズグループシーン。2020年代に入ってからは、オーディション発のグループも第4の勢力として強いパワーを持ちつつある。ボーイズ新時代の特徴は、高いクオリティーとファンダムの強さでかつてない領域に進めるグループの層の厚みだ。今、ボーイズグループ界隈で何が起きているのか。チャートや注目トピック、クリエーターへの取材などで探っていく。


インタビュー OCTPATH オーディションの参加で意識の変化と成長を実感。8人を結び付けたのは「運命」と「タイミング」。

誌面:OCTPATH

オーディションプロジェクト発のグループが新たな波を生み出している昨今、オーディションでは選ばれなかったが、デビューのチャンスをつかんだグループもいる。8人組グループ「OCTPATH(オクトパス)」は、反骨精神を抱えながらスタートを切った。


特集 次世代ガールズグループ大研究 有力新人が続々と出現中!

誌面:次世代ガールズグループ大研究

昨年後半から注目のガールズグループのデビューが相次いでいる。最も動きが活発なのがK-POPの第4世代と呼ばれるグループ。また日本でも本格的なダンス&ボーカルグループの新顔が登場している。今後のシーンを担いそうな、ニューカマーを紹介する。


映画注目作研究 『シン・ウルトラマン』 庵野秀明×樋口真嗣による新しいウルトラマン映画

誌面:『シン・ウルトラマン』

庵野秀明が企画・脚本、樋口真嗣が監督を務める『シン・ウルトラマン』。「シン」の冠が付く新たな「ウルトラマン」はどのように作られたのか。監督&キャスト、円谷プロダクションに取材し、「ウルトラマン」の最新事情にも迫る。


映画注目作研究 『流浪の月』 広瀬すず・松坂桃李W主演×李相日監督

誌面:『流浪の月』

累計65万部を突破した2020年本屋大賞受賞作を、広瀬すずと松坂桃李の共演で映画化した『流浪の月』。主演2人とともに、李相日監督、撮影監督のホン・ギョンピョにインタビューし、注目作の魅力に迫る。


映画注目作研究 『バブル』 重力が壊れた東京で切なくも優しく紡がれる新たな“人魚姫伝説”

誌面:『バブル』

5月13日に公開を迎えるオリジナルアニメーション映画『バブル』。今作では何を描こうと思ったのか――荒木哲郎監督(『進撃の巨人』他)やキャストのインタビューから、その全貌を明らかにしていく。


特集 ショートドラマ新時代 主流は“30分未満”!?

誌面:ショートドラマ新時代

この春のテレビ各局改編で目立ったのが、30分未満の“ショートドラマ”の充実ぶり。テレビ東京、TBS、MBSなどが新たな枠を設けたほか、NHKは月曜から木曜まで15分の帯ドラマとして放送する「夜ドラ」枠を開設した。Tverなど配信視聴を意識したこの取り組みは、一方で若手俳優にとって活躍の場を広げるなどの効果もある。送り手はどんな意識で作品を制作しているのか。主演作が放送中の岡崎紗絵、曽田陵介へのインタビューのほか、スタッフへの取材から変化の行方を探る。


インタビュー 正門良規 エースの矜持

誌面:正門良規

なにわ男子の大躍進もあり年々存在感を高めている関西ジャニーズJr.。グループや個人がひしめき合っているなか、CDデビューしたなにわ男子に代わって関西Jr.を引っ張っているのがAぇ! groupだ。メンバーの正門良規に、関西Jr.と自身の今について聞いた。

インタビュー ももいろクローバーZ 成長し続ける4人の歌との向き合い方

誌面:ももいろクローバーZ

結成14周年を迎える記念日に6枚目のオリジナルアルバム『祝典』をリリースするももいろクローバーZ。百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにが生み出す楽曲は、年月を重ねるごとに魅力を増している。常に新たな挑戦を続けている4人は音楽にどう向き合っているのか。その変化に迫った。

 UP