Cyber Initiative Tokyo 2019 | サイバー・イニシアチブ東京 2019Cyber Initiative Tokyo 2019 | サイバー・イニシアチブ東京 2019

講師


Lecturers
  • 村井純

    村井純
    Jun Murai


    慶應義塾大学環境情報学部教授
    Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University
  • マイケル・チャートフ

    マイケル・チャートフ
    Michael Chertoff


    元米国土安全保障長官
    Former U.S. Secretary of Homeland Security
  • リー・フック・スン

    リー・フック・スン
    Lee Fook Sun


    エンサイン・インフォセキュリティー会長(シンガポール)
    Chairman, Ensign InfoSecurity, Singapore
  • ユヴァル・エロヴィッチ

    ユヴァル・エロヴィッチ
    Yuval Elovici


    ベングリオン大学サイバーセキュリティ研究所所長(イスラエル)
    Head of Ben-Gurion University Cyber Security Research Center, Israel
  • 坂明

    坂明
    Akira Saka


    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会CISO
    CISO, The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
  • 山内智生

    山内智生
    Tomoo Yamauchi


    内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター副センター長 内閣審議官
    Deputy Director-General, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat, Government of Japan
  • 三角育生

    三角育生
    Ikuo Misumi


    経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官
    Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat , METI
  • 竹内芳明

    竹内芳明
    Yoshiaki Takeuchi


    総務省 サイバーセキュリティ統括官
    Director-General for Cybersecurity Ministry of Internal Affairs and Communications, Japan
  • 梶浦敏範

    梶浦敏範
    Toshinori Kajiura


    日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査
    Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security, Keidanren
  • 中谷昇

    中谷昇
    Noboru Nakatani


    Zホールディングス/ヤフー 執行役員(政策渉外・広報、サイバーセキュリティ担当)初代インターポールIGCI総局長
    Executive Vice President (Public Affairs & Cyber Security), Z Holdings/Yahoo Japan: The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation Senior Executive Director


【お申し込み受付を終了しました】

開催趣旨


Main theme
+ Read more

開催概要


Overview
日時
Dates & Times
2019年12月12日(木)9:00-17:50
セッション終了後にネットワーキング・レセプション
December 12 (Thu) 2019, 9:00-17:50
Networking Reception will be held at the end of Day1 sessions.


2019年12月13日(金)9:45-17:45
December 13 (Fri) 2019, 9:45-17:45
会場
Venue
虎ノ門ヒルズフォーラム5階
Toranomon Hills Forum 5F

See Map

主催
Organizers
日本経済新聞社 日経BP
Nikkei Inc. , Nikkei Business Publications, Inc.
協力
In Association With

一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会

一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会
General Incorporated Association Japan Cybersecurity Innovation Committee (JCIC)

慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート
Keio University Global Research Institute

定員
Capacity
500名
500 persons

※セッションのみを申し込まれた方については、お申し込み多数の際は抽選のうえご案内させていただきます。
A lottery may be held if there are more applicants than spaces available, except for applicants who applied for the networking reception.

受講料
Admission Fee

・セッション 無料

・ネットワーキング・レセプション 5,000円(税込)


※ネットワーキング・レセプションのみのお申し込みは承っておりません。
Applications for the networking reception only will not be accepted.

申し込み締切日
Application Deadline
2019年11月29日(金)17:00
November 29 (Fri) 2019, 17:00

協賛


Sponsors
ダイヤモンド
Diamond
Deloitte Tohmatsu Consulting
ゴールド
Gold
NTT Security ServiceNow Cybereason Secureworks
日本IBM BI.ZONE 富士通 McAfee
シルバー
Silver
Northrop Grumman

プログラム


Conference program
  • ※テーマ、スケジュールは一部変更の可能性があります。
    Please note that agenda, presentation topics are subject to change.
  • ※プログラムの詳細は順次更新いたします。
    Details of the program will be updated.
  • ※Day 1のセッション終了後にネットワーキング・レセプションがございます。
    Networking reception to be held at the end of Day1 sessions.
時間 プログラム
9:00-9:10
Opening session
村井純
慶應義塾大学環境情報学部教授
Jun Murai
Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University
村井純

村井純
慶應義塾大学環境情報学部教授
Jun Murai
Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University



【プロフィール詳細】
工学博士(慶應義塾大学・1987年取得)
1984年日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立。1988年インターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを発足させ、インターネット網の整備、普及に尽力。初期インターネットを日本語をはじめとする多言語対応へと導く。

内閣高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)有識者本部員、内閣サイバーセキュリティセンターサイバーセキュリティ戦略本部本部員、IoT推進コンソーシアム会長他、各省庁委員会の主査や委員などを多数務め、国際学会等でも活動。

2013年「インターネットの殿堂(パイオニア部門)」入りを果たす。2019年フランス共和国レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。「日本のインターネットの父」として知られる。

著書に「インターネット」 (岩波新書) 著、「角川インターネット講座」第1巻「インターネットの基礎 情報革命を支えるインフラストラクチャー」(角川学芸出版)他多数。

He received his Ph.D. in Computer Science, Keio University in 1987, majored in Computer Science, Computer Network and Computer Communication. He established JUNET (Japan University UNIX Network), the first network in Japan connecting multiple universities, in 1984. In 1988, established the WIDE (Widely Integrated Distributed Environment) Project, a Japanese Internet research consortium. Has long been engaged in research related to Internet technology platforms, and is known as the Father of the Internet in Japan and in international circles as the Internet Samurai.

He is a member of the Strategic Headquarters for the Promotion of an Advanced Information and Telecommunications Network Society (IT Strategic Headquarters), a member of the Cyber Security Policy Council, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity(NISC), Cabinet Secretariat, chairs and serves on many other governmental committees, and is active in numerous international scientific associations.

He was inducted into The 2013 Internet Hall of Fame (Pioneer)/ 2011 IEEE Internet Award / 2005 Jonathan B. Postel Service Award / 2019 the Knight of the Legion of Honor by the French Government.


閉じる

9:10-9:20
Special session
梶山弘志
経済産業相
産業競争力担当
国際博覧会担当
ロシア経済分野協力担当
原子力経済被害担当
内閣府特命担当相
(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)

Hiroshi Kajiyama
Minister of Economy, Trade and Industry
Minister in charge of Industrial Competitiveness
Minister in charge of International Exposition
Minister for Economic Cooperation with Russia
Minister in charge of the Response to the Economic Impact caused by the Nuclear Accident
Minister of State for the Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporation
梶山弘志

梶山弘志
経済産業相
産業競争力担当
国際博覧会担当
ロシア経済分野協力担当
原子力経済被害担当
内閣府特命担当相
(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)

Hiroshi Kajiyama
Minister of Economy, Trade and Industry
Minister in charge of Industrial Competitiveness
Minister in charge of International Exposition
Minister for Economic Cooperation with Russia
Minister in charge of the Response to the Economic Impact caused by the Nuclear Accident
Minister of State for the Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporation


【プロフィール詳細】
生年月日
昭和30年10月18日生

出身地
茨城県常陸太田市

衆議院議員
茨城県第4区(当選7回)

略歴等
昭和54年3月 日本大学法学部法律学科卒業
昭和54年4月 動力炉核燃料開発事業団(現:日本原子力研究開発機構)入社
昭和63年4月 自ら会社を設立 代表取締役に就任
平成12年6月 衆議院議員初当選
平成15年11月 衆議院議員再選(2期目)
平成17年9月 衆議院議員再選(3期目)
平成18年9月 国土交通大臣政務官
平成21年8月 衆議院議員再選(4期目)
平成23年10月 衆議院経済産業委員会筆頭理事
平成24年12月 衆議院議員再選(5期目)
平成24年12月 国土交通副大臣
平成25年10月 衆議院国土交通委員長
平成26年10月 衆議院災害対策特別委員長
平成26年12月 衆議院議員再選(6期目)
平成29年8月 内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)
       まち・ひと・しごと創生担当、行政改革担当、国家公務員制度担当
       (第3次安倍第3次改造内閣)
平成29年10月 衆議院議員再選(7期目)
平成29年11月 内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)
       まち・ひと・しごと創生担当、行政改革担当、国家公務員制度担当
       (第4次安倍内閣)
平成30年10月 衆議院経済産業委員会筆頭理事

令和元年10月 経済産業大臣
        産業競争力担当
        国際博覧会担当
        ロシア経済分野協力担当
        原子力経済被害担当
        内閣府特命担当大臣
       (原子力損害賠償・廃炉等支援機構)
       (第4次安倍第2次改造内閣)

座右の銘:愛郷無限
趣味:スポーツ観戦・野球・サッカー・スキー・読書

Date of birth: October 18, 1955
Place of birth: Hitachiota City, Ibaraki
Political Party: Liberal Democratic Party (LDP)
Member of the House of Representatives (Elected 7 times)
Constituency: Ibaraki 4th district

Education

1979
Graduated from the Department of Law, College of Law, Nihon University

Career

1979
Joined the Power Reactor and Nuclear Fuel Development Corporation (current Japan Atomic Energy Agency)

1988
Founded a company and operated as company president

2000
Elected as Member of the House of Representatives (Re-elected in 2003, 2005, 2009, 2012, 2014 and 2017. Now serving his seventh term)

2006
Appointed Parliamentary Secretary (now Parliamentary Vice-Minister) of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

2011
Appointed Senior Director, Committee on Economy, Trade and Industry, House of Representatives

2012
Appointed State Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

2013
Appointed Chairman, Committee on Land, Infrastructure, Transport and Tourism, House of Representatives

2014
Appointed Chairman, Special Committee on Disasters, House of Representatives

2017
Appointed Minister of State for Regional Revitalization and Regulatory Reform, Minister in charge of Regional Revitalization, Administrative Reform and Civil Service Reform (4th Abe Administration)
(3rd Reshuffled Cabinet, 3rd Abe Administration)

2018
Appointed Senior Director, Committee on Economy, Trade and Industry, House of Representatives

2019
Minister of Economy, Trade and Industry
Minister in charge of Industrial Competitiveness
Minister in charge of International Exposition
Minister for Economic Cooperation with Russia
Minister in charge of the Response to the Economic Impact caused by the Nuclear Accident
Minister of State for the Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporation
(2nd Reshuffled Cabinet, 4th Abe Administration)

Motto: Love your hometown with all your heart
Hobbies: Watching sports, playing baseball and soccer, skiing, and reading books


閉じる

9:20-9:35
Speech
鈴木馨祐
外務副大臣
Keisuke Suzuki
State Minister for Foreign Affairs
鈴木馨祐

鈴木馨祐
外務副大臣
Keisuke Suzuki
State Minister for Foreign Affairs



【プロフィール詳細】
自由民主党
衆議院議員 神奈川県第7区選出(当選4回)

昭和52年2月9日 生まれ
平成7年3月 開成高等学校卒業
平成11年3月 東京大学法学部卒業
平成11年4月 大蔵省入省
平成17年9月 第44回衆議院議員選挙にて初当選
平成26年9月 衆議院議院運営委員会理事、自民党国会対策委員会副委員長
平成26年12月 国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第3次安倍内閣)
平成27年10月 衆議院予算委員会理事、自民党副幹事長
平成28年8月 自民党青年局長
平成30年10月 財務副大臣(第4次安倍改造内閣)
令和元年9月 外務副大臣(第4次安倍第2次改造内閣)

趣味 スポーツ,読書,絵画・音楽鑑賞
座右の銘 千万人と雖も吾往かん

Liberal Democratic Party of Japan (LDP)
Member of the House of Representatives
Kanagawa 7th Electoral District (elected four times)

February 9, 1977 Born
March 1995 Graduated from Kaisei Senior High School
March 1999 Graduated from Faculty of Law, University of Tokyo
April 1999 Joined Ministry of Finance
September 2005 Elected to the House of Representatives for the first time (44th General Election) (currently serving fourth term)
September 2014 Director, Committee on Rules and Administration, House of Representatives. Deputy Chairman, Diet Affairs Committee, Liberal Democratic Party
December 2014 Parliamentary Vice-Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. Parliamentary Vice-Minister of Cabinet Office (3rd Abe Cabinet)
October 2015 Director, Committee on Budget, House of Representatives. Deputy Secretary-General, Liberal Democratic Party
August 2016 Head, Youth Division, Liberal Democratic Party
October 2018 State Minister of Finance [4th Abe Cabinet (Reshuffled Cabinet)]
September 2019 State Minister for Foreign Affairs [4th Abe Cabinet (2nd Reshuffled Cabinet)]

Hobbies:
Sports(Rowing, American Football), reading, art appreciation, and listening to music


閉じる

9:45-10:35
1A-1
安全保障の新たな領域
New domain for national security

Session Overview »

安全保障の新たな領域
New domain for national security


【講演概要】
サイバー空間が安全保障の姿を変え始めた。各国はサイバー攻撃や防衛能力を競い、軍事バランスに大きな影響を与えようとしている。目に見える空母や戦闘機と違い、サイバー兵器は全体像がつかめず戦力を測りづらい。攻撃を防ぐ能力は十分なのか。抑止力となる国際ルールや規範は作れるのか。テロ組織の脅威も含め、専門家が議論する。

Cyberspace has begun to change the landscape of national security. Countries are competing in cyberattack and defense capabilities, and these capabilities are about to have a major impact on the military balance. Unlike highly visible aircraft carriers and fighters, cyberweapons are difficult to measure and to grasp the whole picture. Are we capable of defending ourselves from these attacks? Will deterrence effectively counter the threat of cyber weapons?


閉じる

メインスピーカー兼パネリスト
マイケル・チャートフ
元米国土安全保障長官
チャートフ・グループ共同創設者・会長

Michael Chertoff
Former Secretary, U.S. Department of Homeland Security
Co-Founder and Executive Chairman of Chertoff Group
マイケル・チャートフ

マイケル・チャートフ
元米国土安全保障長官
チャートフ・グループ共同創設者・会長

Michael Chertoff
Former Secretary, U.S. Department of Homeland Security
Co-Founder and Executive Chairman of Chertoff Group


【プロフィール詳細】
これまで歴任した政府職:
米国土安全保障長官(2005~2009年)
合衆国第3巡回区控訴裁判所連邦判事(2003~2005年)
米司法省刑事局司法次官補(2001~2003年)

2005~09年まで、米国土安全保障長官として、テロリスト予備軍の米国内への侵入を、また、すでに国内にいる場合にはその計画の実行を阻止すべく辣腕を振るった。さらに、ハリケーン・カトリーナの直撃を受け、米連邦緊急事態管理局(FEMA)を効率的な組織へ転換させた。こういった多くの功績はほとんど報道されなかったが、それは、事件が起こらなかったという最も重要な事実の裏返しである。

チャートフ・グループでは、企業トップや政府首脳に、リスクの特定と予防から準備、応急措置・復旧に至る幅広いセキュリティ問題に関する高レベルの戦略的助言を提供している。チャートフ氏は次のように述べている。「リスクマネジメントは今や企業の最高経営責任者(CEO)の頭痛の種となっているが、私たちの顧客は包括的な戦略を策定して、業務の妨げになるようなバリアを設けることなくリスク管理を実行している」

米国土安全保障長官就任に先立ち、合衆国第3巡回区控訴裁判所連邦判事を務めた。それ以前は、十年以上にわたり、連邦検事として政治汚職、組織犯罪、企業不正やテロ(11年に9月11日に発生した米同時多発テロの捜査も含む)の事案を捜査・訴追した。

1975年にハーバード大学、78年にハーバード大学ロースクールを極めて優秀な成績で卒業。79~80年まで、ウィリアム・ブレナン・ジュニア最高裁判事を補佐した。

チャートフ・グループでの役割に加え、コヴィントン&バーリング法律事務所で上席弁護士を務めるほか、企業のホワイトカラー弁護・捜査プラクティスグループのメンバーでもある。

Previous Government Service:
Secretary, U.S. Department of Homeland Security (2005 – 2009)
Federal Judge, U.S. Court of Appeals for the Third Circuit (2003 – 2005)
Assistant Attorney General of the United States, Criminal Division (2001 – 2003)

As Secretary of the U.S. Department of Homeland Security from 2005 to 2009, Michael Chertoff led the country in blocking would-be terrorists from crossing our borders or implementing their plans if they were already in the country. He also transformed FEMA into an effective organization following Hurricane Katrina. His greatest successes have earned few headlines – because the important news is what didn’t happen.

At Chertoff Group, he provides high-level strategic counsel to corporate and government leaders on a broad range of security issues, from risk identification and prevention to preparedness, response and recovery. “Risk management has become the CEO’s concern,” he says. “We help our clients develop comprehensive strategies to manage risk without building barriers that get in the way of carrying on their business.”

Before heading up the Department of Homeland Security, he served as a federal judge on the U.S. Court of Appeals for the Third Circuit. Earlier, during more than a decade as a federal prosecutor, he investigated and prosecuted cases of political corruption, organized crime, corporate fraud and terrorism – including the investigation of the 9/11 terrorist attacks.

He is a magna cum laude graduate of Harvard College (1975) and Harvard Law School (1978). From 1979-1980 he served as a clerk to Supreme Court Justice William Brennan, Jr.

In addition to his role at Chertoff Group, he is also senior of counsel at Covington & Burling LLP, and a member of the firm’s White Collar Defense and Investigations practice group.


閉じる


パネリスト
渡辺秀明
元防衛装備庁長官
Hideaki Watanabe
Former Commissioner of the Acquisition, Technology and Logistics Agency, Ministry of Defense
渡辺秀明

渡辺秀明
元防衛装備庁長官
Hideaki Watanabe
Former Commissioner of the Acquisition, Technology and Logistics Agency, Ministry of Defense


【プロフィール詳細】
昭和 54 年慶応大学卒、同年防衛庁に入庁し、防衛庁技術研究本部においてレーダ技術及び電子戦技術の研究開発等に従事。以後、平成 14 年管理局航空機課通信電子課長、平成20年技術研究本部電子装備研究所研究企画官、平成21年技術研究本部総務部長、平成23年大臣官房技術監、平成25 年技術研究本部長を歴任。平成 27 年10 月、防衛装備庁が発足、初代防衛装備庁長官として着任。 29年7月 退官、 29年9月 政策研究大学院大学 客員研究員 30年8月 SBIホールディングス顧問

Dr. Hideaki Watanabe was the first commissioner for ATLA (Acquisition, Technology and Logistics Agency) which was newly established in October, 2015. Dr. Watanabe has held directorship positions at MOD’s (Ministry of Defense) R&D departments, such as Director General for Technology in Minister’s Secretariat (2011~ ), Director General for TRDI (Technical Research and Development Institute) (2013~ ). He started his career in TRDI-MOD, as a researcher on radar technology & electric warfare technology. Dr. Watanabe majored in Electrical Engineering and obtained a doctorate in that field at Keio University in 1987. He retired in July, 2017. He joined National Graduate Institute For Policy Studies as a visiting scholar.in September 2017. He joined SBI Holdings as an adviser.


閉じる

パネリスト
ヴィクトル・スタニェツキ
欧州対外行動庁サイバー部門長
Wiktor Staniecki
Head of Cyber Sector, European External Action Service
ヴィクトル・スタニェツキ

ヴィクトル・スタニェツキ
欧州対外行動庁サイバー部門長
Wiktor Staniecki
Head of Cyber Sector, European External Action Service


【プロフィール詳細】
欧州対外活動庁安全保障および防衛政策局サイバー部門長を務める。同職就任前は東京で駐日欧州連合代表部政治部に勤務。欧州対外活動庁ではブラジル担当官(2013~15年)、米国担当官(08~13年)を歴任した。それ以前は、ブリュッセルでバーソン・マステラのコンサルタントとし勤務。その後、欧州委員会で起業政策を担当した。

ポーランドのポズナンにあるアダム・ミツキェヴィチ大学で欧州学の修士号を取得。ナンシー2 欧州大学センターで欧州概論の学位も取得している。

Wiktor Staniecki is the Head of Cyber Sector in the Security and Defence Policy Division at the European External Action Service. Before assuming this post, he was posted to Tokyo, working in the Political Section of the EU Delegation to Japan. Within the European External Action Service, Mr Staniecki also worked as desk officer for Brazil (2013-2015) and the United States (2008-2013). Previous to his work for the EEAS, he was a consultant at Burson-Marsteller Brussels and worked for the European Commission on entrepreneurship policy.

Mr Staniecki holds Master's Degree of European Studies from Adam Mickiewicz University in Poznan, Poland, as well as Diplôme d'Etudes Générales Européennes of Centre Européen Universitaire de Nancy 2.


閉じる


モデレーター
山口勇
外務省総合外交政策局新安全保障課題政策室長
Isamu Yamaguchi
Director, Emerging Security Challenges Division, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs

山口勇

山口勇
外務省総合外交政策局新安全保障課題政策室長
Isamu Yamaguchi
Director, Emerging Security Challenges Division, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs


【プロフィール詳細】
生年月日: 昭和48年8月17日生
最終学歴: 一橋大学経済学部卒業(平成9年3月)
採用試験: 平成8年外務公務員採用Ⅰ種試験
出身地: 東京都


平成9  4 外務省入省
 14. 8 経済協力局政策課
 16. 7 経済協力局政策課 課長補佐
     8 兼中東アフリカ局中東第二課(~17.8)
     〃 大臣官房 課長補佐
 17. 8 大臣官房国際社会協力部専門機関課 課長補佐
 18. 8 国際協力局専門機関課 課長補佐
 20. 1 大臣官房広報文化交流部総合計画課 課長補佐
     8 内閣府事務官 沖縄振興局総務課専門官
 22. 6 外務事務官 アジア大洋州局南部アジア部南東アジア第二課 課長補佐
 24. 3 国際情報統括官付(第三国際情報官室) 首席事務官
 25. 7 在オーストリア日本国大使館 一等書記官
 26. 7 在オーストリア日本国大使館 参事官
 27.12 在南アフリカ共和国日本国大使館 参事官
 30. 8 総合外交政策局安全保障政策課宇宙室長
    12 総合外交政策局安全保障政策課宇宙・サイバー政策室長
令和 元.10 総合外交政策局安全保障政策課新安全保障課題政策室長

Personal Information
Nationality: Japan
Date of Birth: 17th August, 1973, Tokyo

Education
April, 1992 – March 1997 Hitotsubashi University, Economics Faculty, Bachelor of Economics
October, 1998 – June, 2000 Munich University in Germany

Career
April, 1997 Entered into the Ministry of Foreign Affairs
August, 2000 – August, 2002 Second Secretary, Japanese Embassy in Germany
August, 2002 – August, 2004 Deputy Director, Policy Division Economic Cooperation Bureau, MOFA
August, 2005 – January, 2008 Deputy Director, Specialized Agency Division, MOFA
August, 2008 – August, 2010 Deputy Director, Okinawa Development Bureau Cabinet Office
August, 2010 – March, 2012 Senior Deputy Director,Second Southeast Asia Division, MOFA
March, 2012 – August, 2013 Principal Deputy Director, Third Division,Intelligence and Analysis Service, MOFA
August, 2013 – January, 2016 Counselor, Japanese Embassy in Austria
January, 2016 – August, 2018 Counselor, Japanese Embassy in South Africa
August, 2018 – October, 2019 Director, Space Policy Division Director, Cyber Policy Division
October, 2019 –  Director, Emerging Security Challenges Division

From 2006 – 2008 official interpreter of German for Foreign Minister


閉じる


10:45-11:35
1A-2
重要インフラを止めるな
Cyber-resilient infrastructure

Session Overview »

重要インフラを止めるな
Cyber-resilient infrastructure


【講演概要】
電力・交通・金融など重要インフラへのサイバー攻撃への備えが急務となっている。事業者はどのような手口の脅威にさらされているのか。サービスの継続・復旧に欠かせない視点と対策は何か。専門家が議論する。

There is an urgent need to prepare for cyberattacks on critical infrastructure such as power generation facilities. What threats are companies exposed to? Will the government be able to protect them? What is the role of government and how should public-private sector cooperation be built? What lessons can we learn from other countries?


閉じる

メインスピーカー兼パネリスト
リー・フック・スン
エンサイン・インフォセキュリティー会長
Lee Fook Sun
Chairman, Ensign InfoSecurity
リー・フック・スン

リー・フック・スン
エンサイン・インフォセキュリティー会長
Lee Fook Sun
Chairman, Ensign InfoSecurity


【プロフィール詳細】
2017年8月にサイバーセキュリティー・ソリューション企業クアン・ワールドの役員に就任。その後、エンサイン・インフォセキュリティの会長となる。シンガポール建築建設庁の委員長も務める。国防省の研究開発組織であるDSO国立研究所、公共交通大手SMRTコーポレーション、保険大手グレート・イースタン・ホールディングスの取締役にも名を連ねるほか、シンガポールの政府系ファンドであるテマセク・ホールディングスの子会社テマセク・インターナショナル・アドバイザーズの顧問も務める。

14年12月にSTエンジニアリングの副最高経営責任者(CEO)兼STエンジニアリンググループ防衛産業担当役員に就任。00年12月にSTエレクトロニクスに入社し、09年8月15日~16年12月31日まで同社の社長を務める。17年6月30日の退社まで、17年間にわたりSTエンジニアリンググループに所属した。

STエレクトロニクス入社に先立つ1996~2000年 まで、シンガポール国防省統合情報本部本部長を務めた。国防省および同国軍で長年にわたり、軍事安全保障局長および副参謀総長(兵站支援)をはじめとするさまざまな職務を歴任した。シンガポール軍においては、公共服務章(軍事)の金・銀の2階級、さらに、シンガポール軍長期勤務・善行記章(22年)も受勲している。退役時の階級は准将。

英国オックスフォード大学学士号 (優等学位)および工学修士の学位を取得し、スタンフォード大学エグゼクティブプログラムにも参加。エンジニアリング団体および業界への貢献が認められ、ASEAN技術者協会連合から名誉フェローの称号を授与される。

Lee Fook Sun is the Chairman of Ensign InfoSecurity, and was first appointed as a Board member of Quann World in August 2017. He is the Chairman of the Building and Construction Authority. He sits on the boards of DSO National Laboratories, SMRT Corporation Ltd and Great Eastern Holdings Limited. He is also the Corporate Advisor to Temasek International Advisors Pte. Ltd.

He was appointed Deputy CEO of Singapore Technologies Engineering Ltd in December 2014, a role he held concurrently with President of Defence Business for the ST Engineering Group. He joined Singapore Technologies Electronics Limited in December 2000, and was the President of ST Electronics from 15 August 2009 to 31 December 2016. He has been with ST Engineering Group for 17 years until he retired on 30 June 2017.

Prior to joining ST Electronics, he served in the Ministry of Defence (MINDEF) as Director of Joint Intelligence Directorate from 1996 to 2000. Over the years while serving in MINDEF and the Singapore Armed Forces, he held various positions such as the Director of Military Security Department and Assistant Chief of General Staff (Logistics). During his career in the Singapore Armed Forces, he was awarded the Public Administration Medal (Military) for the Gold and Silver categories and the SAF Long Service & Good Conduct Medal (22 years). He held the rank of Brigadier-General when he retired from active military service.

He holds a Bachelor of Arts (Honours) and a Master of Arts (Engineering Science) from the University of Oxford (UK), and attended the Stanford University Executive Programme. He was conferred the Honorary Fellowship from the ASEAN Federation of Engineering Organisations (AFEO), in recognition of his contributions to the engineering profession and industry.


閉じる


パネリスト
ドミトリー・サマルツェフ
バイ・ゾーン最高経営責任者
Dmitry Samartsev
Chief Executive Officer of BI.ZONE
ドミトリー・サマルツェフ

ドミトリー・サマルツェフ
バイ・ゾーン最高経営責任者
Dmitry Samartsev
Chief Executive Officer of BI.ZONE


【プロフィール詳細】
データマイニング、サイバーセキュリティ監査および科学捜査を扱う、ロシアで最も革新的なセイバーセキュリティ企業バイ・ゾーンの最高経営責任者(CEO)。同社は、インターポール、世界経済フォーラム、国際銀行間通信協会(スイフト)といった様々なグローバル組織と緊密に協力し、国際的なサイバーセキュリティ分野において積極的な役割を果たしている。同社のコンピュータ緊急事態対応チームはカーネギーメロン大学の認定を受けており、サイバー犯罪による脅威の深刻化に備え、FIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)のメンバーとして世界中のCERTチームと協力している。

また、BI.ZONE LLC 設立以前には、Treatface社を共同で設立し、開発責任者として力を発揮した。Treatface社は、通信事業者およびサービスプロバイダー(SP)向けのディープ・パケット・インスペクション(DPI)、通信ネットワークのモニタリングシステム、また、セキュリティシステム、通信ネットワークや通信機器のあらゆる種類のテストに対応するテスト機器およびシステムなど、最先端の製品やソリューションの開発と販売を行うテクノロジー企業である。

起業する前は、INLINE Technologiesグループを構成する企業の1つ、INLINE Technologiesで技術開発統括責任者を務めた。INLINE Technologiesは、企業や公共機関の業務タスクや事業活動を広く自動化するための包括的なソリューションの開発と実行を専門に行う、汎用系ITインテグレーターである。1999年から事業を展開し、現在、システムインテグレーションおよびビジネスインテグレーションの分野でロシア有数の企業に成長している。2011年にモスクワ国立工科大学“STANKIN”工学部(コンピュータサイエンスおよびエンジニアリング)を卒業し、学士号および修士号を取得。2016年にはロシア連邦外務省外交アカデミーを卒業し、経済学(世界経済)の学位を取得している。

Dmitry Samartsev is a Chief Executive Officer of BI.ZONE, the most innovative Russian cybersecurity company that deals in data mining, cybersecurity audit and forensic investigations. Being in tight cooperation with multiple global organizations, such as INTERPOL, World Economic Forum, SWIFT, etc., BI.ZONE plays an active role in the international cybersecurity arena. BI.ZONE-CERT is authorized by Carnegie Mellon University and as a member of FIRST organization collaborates with CERT teams all over the globe against exacerbating cybercrime threat.

Mr. Samartsev was also a co-founder of Treatface Company, where he worked as a Director for Development before the creation of BI.ZONE. Treatface is a technology company that develops and supplies advanced products and solutions, including Deep Packet Inspection (DPI) solutions for telecom operators and service-providers (SP), telecommunication networks monitoring and security systems, test instruments and systems for all kind of testing for telecommunication networks and network equipment.

Prior to starting his own business, Dmitry Samartsev was a Vice-President for Technological Development in INLINE Technologies, member of INLINE Technologies Group. INLINE Technologies is a versatile IT integrator, specializing in developing and implementing comprehensive solutions for wide automation of business tasks and activities of enterprises and institutions. The company has been operating since 1999 and is now one of the leaders in system and business integration in Russia.

In 2011 Dmitry Samartsev graduated from Moscow State Technological University “STANKIN” with bachelor and master degrees in Engineering and Technology (Computer Science and Engineering). In 2016 Mr. Samartsev graduated from Diplomatic Academy of Russian Foreign Ministry where he received a degree in Economics (World Economy).


閉じる

パネリスト
伊藤友里恵
米CyberGreen Institute
創設者・エグゼクティブディレクター

Yurie Ito
Founder and Executive Director of CyberGreen Institute
伊藤友里恵

伊藤友里恵
米CyberGreen Institute
創設者・エグゼクティブディレクター

Yurie Ito
Founder and Executive Director of CyberGreen Institute


【プロフィール詳細】
信頼できる指標や測定データを各国に提供することでサイバーエコシステムの健全性の向上を目指すグローバルな非営利組織、サイバーグリーン(CyberGreen Institute)の創設者であり、エクゼクティブディレクター。日本国内のJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)の国際部部長を兼任。
2009-2011年にICANNのDNSグローバルセキュリテイプログラムディレクター。CSIRTの国際連携フォーラムであるFIRST並びにAPCERTの理事を歴任。
アトランティックカウンシルのノンレジデントシニアフェロー、Global Cyber Alliance(GCA)の理事も務める。
タフツ大学フレッチャー法律外交大学院卒。

Yurie Ito is a Founder and Executive Director of CyberGreen Institute, a global non-profit organization focuses on improving cyber ecosystem's health by providing reliable metrics, measurement and mitigation best practices to national CERTs, network operators and policy makers.
She is also a Director of Global Coordination Division for the Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center (JPCERT/CC).
She has previously served 12 years as Technical Director and Global Coordination Director for the organization and also served ICANN as a Director of Global Security Programs from 2009-2011.
She has been leading a number of international collaborative efforts including served as the Chair of the Asia Pacific Computer Emergency Response Team (APCERT), and an active member of the Forum of Incident Response and Security Teams (FIRST), also served as a Board Member of FIRST for 6 years from 2004-2010.
She is a nonresident Senior Fellow at the Atlantic Council, associated with the Cyber Statecraft Initiative.
She is a Board Member of Global Cyber Alliance.
Her Master's thesis at the Fletcher School of Law and Diplomacy, Tufts University, was on Managing Global Cyber Health and Security through Risk Reduction.


閉じる


パネリスト
阿部恭一
交通ISAC(仮) セキュリティマネジメント共有WG主査、脅威情報分析WG副主査
ANAシステムズ 品質・セキュリティ管理部 エグゼクティブマネージャー

Kyoichi Abe
Security management Sharing WG, Threat information analysis WG Deputy Chief examiner, Transportation ISAC JAPAN(Provisional)
Quality and Security Management Dept. Executive Manager, ANA Systems
阿部恭一

阿部恭一
交通ISAC(仮) セキュリティマネジメント共有WG主査、脅威情報分析WG副主査
ANAシステムズ 品質・セキュリティ管理部 エグゼクティブマネージャー

Kyoichi Abe
Security management Sharing WG, Threat information analysis WG Deputy Chief examiner, Transportation ISAC JAPAN(Provisional)
Quality and Security Management Dept. Executive Manager, ANA Systems


【プロフィール詳細】
機械語・紙テープの時代のコンピュータから汎用機、ミニコン、ワークステーション、PC、クラウドと、急発展するコンピュータの歴史の中を開発者として活躍。ANAではAIを利用してスケジュール作成やオブジェクトデーターベースを活用した顧客管理など、最先端の技術を駆使した開発を経験。その後、個人情報保護法施行をきっかけとしてセキュリティ分野に従事。現在はANAグループ情報セキュリティセンター及び、ASY-CSIRTとしてANAグループ全体のセキュリティ向上を行っている。また、2018年より、交通ISAC発足のための準備として、セキュリティマネジメント共有WG主査、脅威情報分析WGの副主査として活動している。

Kyoichi Abe worked as a developer in the history of rapidly developing computers, from computers in the era of machine language and paper tape to host computers, minicomputers, workstations, PCs, and clouds. ANA experienced development using cutting-edge technologies such as schedule creation using AI and customer management using an object database. After that, engaged in the security field triggered by the enforcement of the Personal Information Protection Law. Currently, the ANA Group Information Security Center and ASY-CSIRT are improving the security of the entire ANA Group. In addition, since 2018, he has been acting as the chief examiner of the Security Management Sharing WG and the Deputy Chief of the Threat Information Analysis WG in preparation for the establishment of the Transportation ISAC JAPAN.


閉じる

モデレーター
山内智生
内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター
副センター長 内閣審議官

Tomoo Yamauchi
Deputy Director-General, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat, Government of Japan
山内智生

山内智生
内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター
副センター長 内閣審議官

Tomoo Yamauchi
Deputy Director-General, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat, Government of Japan


【プロフィール詳細】
現職にて、サイバーセキュリティ戦略本部事務局を担当。現職就任前、同センター参事官として、2018年7月に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略のとりまとめを担当した他重要インフラ担当参事官も経験。総務省では、第4世代移動通信システム、多言語翻訳など情報通信関係の研究開発、携帯電話や無線LANの技術基準の策定などの電波監理を主に担当。

重要インフラ担当の際、分野横断的に必要度の高い対策をまとめた安全基準の策定、官民の情報共有体制の強化等についての重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画のとりまとめも担当。

August 2018, Tomoo Yamauchi assumed the position of Deputy Director-General, NISC. Between 2016 and 2018, he was in charge of Cybersecurity as Counselor of NISC, and preparing new Cybersecurity Strategy decided by Cabinet July last year and draft amendment of Cybersecurity Basic Act. Before that, he was in charge of policies regarding research, development and promotion of space communications and of those results at Ministry of Internal Affairs and Communications. In addition, he has a variety of experience in ICT policies. His previous assignments include Director of Research and Development Office, Deputy Director of Land Mobile Communications Division and Satellite Mobile Communications Division.

Also, he was in charge of protection of information systems in the critical infrastructure. He was especially engaged in facilitation of mutual information exchange among various critical information infrastructure sectors and construction of effective information distribution between the government and related sectors. He played very active role in preparing the 3rd Basic Policy of Critical Information Infrastructure Protection summarized in 2014.

He joined MIC in 1989, and before joining MIC, he received an M.E. degree in applied system science from Kyoto University.


閉じる


11:50-12:35
1A-3

経営品質、製品・サービス品質向上、競争力の源泉獲得に向けたサイバー戦略
~ 新たな品質分野であるサイバーにおいてもJapan Qualityを実現するために取り組むべきこと

Cyber strategy is the key driver for the improvement of management quality, product and service quality due to gain competitive advantage.
桐原祐一郎
デロイト トーマツ サイバー
チーフ ストラテジー オフィサー

Yuichiro Kirihara
Chief Strategy Officer,
Deloitte Tohmatsu Cyber
桐原祐一郎

桐原祐一郎
デロイト トーマツ サイバー
チーフ ストラテジー オフィサー

Yuichiro Kirihara
Chief Strategy Officer,
Deloitte Tohmatsu Cyber


【プロフィール詳細】
デロイト トーマツ サイバー合同会社 最高戦略責任者(CSO) サイバーストラテジー担当 兼 デロイト トーマツコンサルティング合同会社 執行役員

自動車系メーカーを経て現在に至る。製造業、テクノロジー企業、官公庁に対して、戦略立案、新規事業開発、業務組織改革、サイバーセキュリティ、IT構想等の幅広い領域においてコンサルティングサービスを提供。

Prior to joining Deloitte, Yuichiro started his career at an automotive manufacturer in the US. He has experience in a wide range of consulting services including business strategy, IT transformation, and cyber security conducted especially for the manufacturing industry.


閉じる

13:10-13:40
Special session
高市早苗
総務相
Sanae Takaichi
Minister for Internal Affairs and Communications
高市早苗

高市早苗
総務相
Sanae Takaichi
Minister for Internal Affairs and Communications


【プロフィール詳細】
昭和59年3月 神戸大学経営学部経営学科卒業
平成元年3月 (財)松下政経塾卒塾
平成5年7月 衆議院議員初当選(第40回総選挙)
平成8年10月 衆議院議員当選(第41回総選挙)
平成10年7月 通商産業政務次官(小渕内閣・小渕内閣第1次改造内閣)
平成12年6月 衆議院議員当選(第42回総選挙)
平成13年1月 衆議院文部科学委員長
平成14年2月 自由民主党遊説局長
平成14年10月 経済産業副大臣(第1次小泉内閣第1次改造内閣)
平成16年4月 近畿大学経済学部教授
平成17年9月 衆議院議員当選(第44回総選挙)
平成17年11月 自由民主党調査情報局長
平成18年9月 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、イノベーション、少子化・男女共同参画、食品安全)(第1次安倍内閣)
平成19年10月 自由民主党政務調査会青少年特別委員会委員長
平成19年10月 自由民主党繊維・ファッション産業政策小委員会委員長
平成20年8月 経済産業副大臣(福田内閣改造内閣・麻生内閣)
平成21年8月 衆議院議員当選(第45回総選挙)
平成21年9月 裁判官訴追委員
平成23年11月 自由民主党経済・財政・金融政策調査会事務総長
平成24年10月 自由民主党広報本部長
平成24年12月 衆議院議員当選(第46回総選挙)
        自由民主党政務調査会長
        自由民主党日本経済再生本部長
平成26年9月 総務大臣(第2次安倍改造内閣)
平成26年12月 衆議院議員当選(第47回総選挙)
        総務大臣(第3次安倍内閣)
平成27年10月 総務大臣(第3次安倍内閣第1次改造内閣)
平成28年8月 総務大臣,内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)(第3次安倍内閣第2次改造内閣)
平成29年10月 衆議院議員当選(第48回総選挙)
平成29年11月 自由民主党サイバーセキュリティ対策本部長
平成30年10月 衆議院議院運営委員長
令和元年9月 総務大臣,内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度)(第4次安倍内閣第2次改造内閣)


Member of the House of Representatives (Elected 8 times)
Date of Birth: March 7, 1961
Place of Birth: Nara, Japan
Political Party: Liberal Democratic Party (LDP)
Constituency: Nara 2nd district

[Education]
Mar. 1984 Graduated from the Department of Business Administration, the Faculty of Business Administration, Kobe University

[Career]
Mar. 1989 Graduated from the Matsushita Institute of Government & Management
Jul. 1993 Elected for the first time as a member of the House of Representatives (HR) (40th General Election)
Oct. 1996 Elected to the HR (41st General Election)
Jul. 1998 State Secretary for International Trade and Industry (Obuchi Cabinet; First Reshuffled Obuchi Cabinet)
Jun. 2000 Elected to the HR (42nd General Election)
Jan. 2001 Chairperson, Committee on Education, Culture, Sports, Science and Technology, HR
Feb. 2002 Director, Public Speeches Division, Liberal Democratic Party (LDP)
Oct. 2002 Senior Vice Minister of Economy, Trade and Industry (First Reshuffled First Koizumi Cabinet)
Apr. 2004 Professor, Faculty of Economics, Kinki University
Sep. 2005 Elected to the HR (44th General Election)
Nov. 2005 Director-General, Information Research Bureau, LDP
Sep. 2006 Minister of State for Okinawa and Northern Territories Affairs, Science and Technology Policy, Innovation, Gender Equality, Social Affairs and Food Safety (First Abe Cabinet)
Oct. 2007 Chairperson, Special Committee on Youths, Policy Research Council, LDP
Oct. 2007 Chairperson, Subcommittee of Industrial Policy on Textile and Fashion, LDP
Aug. 2008 Senior Vice Minister of Economy, Trade and Industry (Reshuffled Fukuda Cabinet, and Aso Cabinet)
Aug. 2009 Elected to the HR (45th General Election)
Sep. 2009 Member, Judge Indictment Committee
Nov. 2011 Chief Deputy Chairperson, Research Commission on Economy, Public Finance and Finance Policy, LDP
Oct. 2012 Chairperson, Public Relations Headquarters, LDP
Dec. 2012 Elected to the HR (46th General Election)
Dec. 2012 Chairperson, Policy Research Council, LDP
Dec. 2012 Chairperson, Headquarters for Japan's Economic Revitalization, LDP
Sep. 2014 Minister for Internal Affairs and Communications (Reshuffled Second Abe Cabinet)
Dec. 2014 Elected to the HR (47th General Election)
Dec. 2014 Minister for Internal Affairs and Communications (Third Abe Cabinet)
Oct. 2015 Minister for Internal Affairs and Communications (First Reshuffled Third Abe Cabinet)
Aug. 2016 Minister for Internal Affairs and Communications Minister of State for the Social Security and Tax Number System (Second Reshuffled Third Abe Cabinet)
Oct. 2017 Elected to the HR (48th General Election)
Nov. 2017 Chairperson, Headquarters for Cybersecurity Measures, LDP
Oct. 2018 Chairperson, Committee on Rules and Administration, HR
Sep. 2019 (Present) Minister for Internal Affairs and Communications
Minister of State for the Social Security and Tax Number System(Second Reshuffled Fourth Abe Cabinet)


閉じる

13:55-14:40
1A-4

情報漏えい被害の最新調査から読み解く「差がでる」セキュリティー投資

Make difference by security investment : lessons from "cost of a data breach" report
纐纈昌嗣
日本IBM 執行役員
セキュリティー事業本部長

Masatsugu Koketsu
VP, IBM Security
纐纈昌嗣

纐纈昌嗣
日本IBM 執行役員
セキュリティー事業本部長

Masatsugu Koketsu
VP, IBM Security


【プロフィール詳細】
1987年に京都大学大学院工学研究科修了後、日本電気株式会社に入社しソフトウェアの開発と事業アライアンスに従事。その後サン・マイクロシステムズ株式会社のストレージ事業本部長、プロダクトマーケティング本部長、アクセンチュア株式会社でデータセキュリティ担当のパートナー、レッドハット株式会社で常務執行役員パートナー統括本部長を歴任。セキュリティー製品のソフォス株式会社で代表取締役社長、統合ログ管理製品のSplunk Japanではカントリーマネジャを務め2017年12月1日付で執行役員IBMセキュリティー事業本部長に就任。

After completing the Graduate School of Engineering, Kyoto University in 1987, he joined NEC Corporation and engaged in software development and business alliances. Afterwards, he was Manager of Storage Business Division, Product Marketing Division of Sun Microsystems Japan, Partner of Data Security at Accenture Japan, Managing Executive Officer of Red Hat Japan. Most recently, he was President of Sophos Japan, and Country Manager of Splunk Services Japan. As of December 1, 2017, he was inaugurated as Vice President of Security, IBM Japan.


閉じる

1B-1

境界なきサイバー訓練~国際サイバー犯罪に対抗する「サイバー・ポリゴン・プロジェクト」とは

Cyber Polygon project ー How global cooperation increases effectiveness in the fight against global digital threats
ドミトリー・サマルツェフ
バイ・ゾーン最高経営責任者
Dmitry Samartsev
Chief Executive Officer of BI.ZONE
15:00-15:45
1A-5

今あらためてセキュリティ技術者育成を考える

Casting a new light on talent development of cybersecurity engineers
奥原雅之
富士通 サイバーセキュリティ事業戦略本部
サイバーディフェンスセンター センター長

Masayuki Okuhara
Head of center, Cyber Defence Center, Cyber Security Business Strategy Unit, Fujitsu
奥原雅之

奥原雅之
富士通 サイバーセキュリティ事業戦略本部
サイバーディフェンスセンター センター長

Masayuki Okuhara
Head of center, Cyber Defence Center, Cyber Security Business Strategy Unit, Fujitsu


【プロフィール詳細】
1990年富士通入社。製造業・建設業担当のフィールドSEを経て、1998年より情報セキュリティ業務を担当。不正アクセスの監視、サーバのセキュリティ診断など、セキュリティに関するサービスの企画、実施、販売に従事。2010年より社内CSIRTチームであるクラウドCERTのチームリーダー。2011年より現職の前身組織である情報セキュリティセンターのセンター長に就任。2015年より現職。

Masayuki Okuhara is Head of the Cyber Defense Center at Fujitsu since 2015. He joined Fujitsu in 1990 and has experience as a field engineer in the manufacturing and construction industry. He started his career in cybersecurity in 1998 in the area of unauthorized access monitoring and security assessment for servers and since then has been instrumental in the wide range development and sales of cybersecurity services. He is also the leader of Fujitsu’s internal Cybersecurity Incident Response Team for cloud since 2010.


閉じる

1B-2

高度化・複雑化するセキュリティ運用業務、自動化で運用人財をサポートするには

Rescue your beleaguered Security Operation workers with ServiceNow automation!
高山勇喜
サービスナウジャパン
プロダクトソリューション統括本部
執行役員 統括本部長

Yuki Takayama
Area Sales Director,
Product Line Sales, ServiceNow Japan
高山勇喜

高山勇喜
サービスナウジャパン
プロダクトソリューション統括本部
執行役員 統括本部長

Yuki Takayama
Area Sales Director,
Product Line Sales, ServiceNow Japan


【プロフィール詳細】
ServiceNow Japanにおける、ソリューション営業部門の責任者。各種ソリューション特性にフォーカスした営業活動およびマーケティング活動をリードする役割。加えて、日本市場に有用なリファレンス顧客の情報や利活用導入事例をグローバルからロールインする役割、および、日本のお客様、および日本のパートナー様や当社アカウント営業本部から上がって来る製品に関する日本市場要望をグローバルR&Dチームへとロールアウトする役割。 1996年 SAPジャパン株式会社に入社後、会計コンサルタント、プロジェクトマネージャー、営業部長職などを経て、2015年 ハイブリス事業本部 事業本部長に就任。B2B/B2Cを問わず、同社のほぼすべての業種および製品の販売に従事。18年10月より現職。

Yuki Takayama is the Area Director of Product Line Sales for ServiceNow Japan. He drives the sales strategy through the introduction of entire ServiceNow Product suite to the Japan market. He leverages global references and Use-Cases that are of great benefit to the Japanese Customer Base and the local market. Through his close engagement with the Partner and Sales Organisation he is able to impact core R & D requirements for the Japan market via ServiceNow HQ. Prior to joining ServiceNow Japan, Mr. Takayama was the Head of SAP Hybris Japan, responsible for a broad product strategy across every industry sector.


閉じる

16:05-16:35
Special session
ゴビンド・シン・デオ
マレーシア通信マルチメディア相
Gobind Singh Deo
Minister of Communications and Multimedia, Malaysia
ゴビンド・シン・デオ

ゴビンド・シン・デオ
マレーシア通信マルチメディア相
Gobind Singh Deo
Minister of Communications and Multimedia, Malaysia


【プロフィール詳細】
ゴビンド・シン・デオは、マレーシア通信マルチメディア相並びにプチョン選出の国会議員である。

現在、連立与党の一角を担う民主行動党(DAP)の副議長であり、セランゴール州DAPの議長を務めている。

英ウォーリック大で法律を学び、リンカーン法曹院の法廷弁護士の資格を取得した。その後マレーシアに帰国し、マレーシア高等裁判所に従事。1996年から2006年までメサズ・カルパル・シン・アンド・カンパニーで弁護士として勤務。その後、クアラルンプールで自身の法律事務所メサズ・ゴビンド・シン・デオ・アンド・カンパニーを立ち上げた。現在、大臣に任命後は法律業務を休止している。

法律業務において、数々の難事件を担当し、マレーシアを代表する刑事および人権派弁護士として知られるようになった。アンワル・イブラヒム元副首相や憲法学者の故カルバル・シン氏など世間で注目を浴びた裁判の指揮を取った。

またリム・ガン・エン元ペナン州首席大臣の主任弁護士として、汚職および職権乱用の訴訟も担当した。マレーシアにあるほとんどの裁判所(特別法廷、連邦裁判所、控訴裁判所)の出廷経験があり、裁判記録は200件を超える。

GOBIND SINGH DEO is the Malaysian Minister of Communications and Multimedia and the current Member of Parliament for Puchong.

He is currently the Deputy Chairman of the Democratic Action Party Malaysia (“DAP”) and Chairman of DAP Selangor.

Gobind read law at the University of Warwick, United Kingdom and thereafter qualified as a Barrister of Lincoln's Inn. Upon his return to Malaysia and subsequent call to the High Court of Malaya, he commenced practice at Messrs Karpal Singh & Co. from 1996 to 2006 after which he set up his own legal practice, Messrs Gobind Singh Deo & Co. which is based in Kuala Lumpur. He has now ceased legal practice after being appointed a Minister in the Cabinet of Malaysia.

Whilst in practice, Gobind appeared in numerous controversial cases and was considered one of the country’s leading criminal and human rights lawyers and has led on a number of high profile cases including the trial of former Deputy Prime Minister of Malaysia, Dato’ Seri Anwar Ibrahim and the sedition trial of human rights and constitutional lawyer, the late Mr Karpal Singh. He was also lead counsel for the former Chief Minister of Penang, Lim Guan Eng in respect of charges of corruption and abuse of power. He has appeared in all courts in Malaysia including the Special Court, Federal Court and Court of Appeal. He has over 200 cases reported in the legal journals.


閉じる

16:45-17:50
1A-8
サイバーセキュリティの新たなフロンティア~5G、その先
Cybersecurity’s new frontier ー 5G and beyond

Session Overview »

サイバーセキュリティの新たなフロンティア~5G、その先
Cybersecurity’s new frontier ー 5G and beyond


【講演概要】
5Gは通信を高速化するだけでなく、身の回りのものをワイヤレスでつなげる。実空間とサイバー空間の境界線を溶かしながら生活やビジネスを便利にするが、サイバー攻撃の脅威をより身近にする。ITのプロが担っていたサイバー攻撃の担い手も様変わりしつつある。技術のブレイクスルーもサイバーセキュリティのかたちを変える。人工知能や量子コンピュータに加え、周回衛星や成層圏ネットワークなどへの脅威も予想される。サイバーセキュリティの新たなフロンティアに私たちはどう対応すればいいのか。

5G not only speeds up communications, it also connects the things around us wirelessly. It makes life and business more convenient while melting the boundaries between the real world and cyberspace, but it also makes cyberthreats more accessible. The cyberattack actors that IT professionals have played are also changing. Technology breakthroughs also change the way cybersecurity works. In addition to artificial intelligence and quantum computers, threats to orbiting satellites and stratospheric networks are also expected. How should we respond to this new frontier of cybersecurity?


閉じる

メインスピーカー兼パネリスト
宮坂学
東京都副知事
Manabu Miyasaka
Vice Governor of Tokyo
宮坂学

宮坂学
東京都副知事
Manabu Miyasaka
Vice Governor of Tokyo


【プロフィール詳細】
昭和42年11月11日生(52歳)

平成9年 6月 ヤフー(株) 入社
平成14年 2月 ヤフー(株) メディア事業部長
平成21年 4月 ヤフー(株) 執行役員 コンシューマ事業統括本部長
平成24年 4月 ヤフー(株) 最高経営責任者 執行役員
平成24年 6月 ヤフー(株) 代表取締役社長
平成25年 6月 ソフトバンク(株)(現ソフトバンクグループ(株)) 取締役
平成27年 6月 ヤフー(株) 代表取締役社長 社長執行役員 最高経営責任者
平成29年 6月 ソフトバンク(株) 取締役
平成30年 4月 ヤフー(株) 代表取締役社長
平成30年 6月 ヤフー(株) 取締役会長(~令和元年6月18日)
令和元年 7月 東京都参与(~令和元年9月19日)
令和元年 9月 東京都副知事(現任)

Former president of Yahoo Japan Corp
July 2019 – Counselor to the Governor on Digital Transformation of Tokyo
September 2019 - Vice Governor of Tokyo


閉じる


パネリスト
宮川潤一
ソフトバンク
代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO

Junichi Miyakawa
Representative Director & CTO, SoftBank Corp.
宮川潤一

宮川潤一
ソフトバンク
代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO

Junichi Miyakawa
Representative Director & CTO, SoftBank Corp.


【プロフィール詳細】
2002年1月 東京めたりっく通信(株)(注1)代表取締役社長
2002年1月 大阪めたりっく通信(株)(注1)代表取締役社長
2002年4月 (株)ディーティーエイチマーケティング(注1)代表取締役社長
2006年6月 日本テレコム㈱(注1)専務取締役
2007年6月 ソフトバンクBB㈱(注1)取締役
2010年10月 Wireless City Planning(株)取締役 COO
2010年11月 (株)ウィルコム(注 1)取締役
2014年7月 ワイモバイル(株)(注 1)取締役
2014年11月 Sprint Corporation, Technical Chief Operating Officer
2014年11月 Wireless City Planning(株)取締役(現任)
2015年1月 GSMA Board Member 就任
2015年8月 Sprint Corporation, Senior Technical Advisor
2017年4月 ビー・ビー・バックボーン(株)代表取締役社長
2017年12月 HAPS モバイル(株)代表取締役社長 兼 CEO(現任)
2018年4月 ソフトバンク(株)代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO(現任)
2019年1月 MONET Technologies(株)代表取締役社長 兼 CEO(現任)

(注1) 現ソフトバンク株式会社

Jan.2002 Representative Director & President, Tokyo Metallic Communications Corp.*1
Jan.2002 Representative Director & President, Osaka Metallic Communications Corp.*1
Apr.2002 Representative Director & President, DTH Marketing Corp.*1
Jun.2006 Director, JAPAN TELECOM CO., LTD*1
Jun.2007 Director, SoftBank BB Corp.*1 Oct. 2010 Director & COO, Wireless City Planning Inc.
Nov.2010 Director, WILLCOM Inc.*1
Jul.2014 Director, Ymobile Corporation*1
Nov.2014 Technical Chief Operating Officer, Sprint Corporation
Nov.2014 Director, Wireless City Planning Inc. (to present)
Jan.2015 Board Member, GSMA
Aug.2015 Senior Technical Advisor, Sprint Corporation
Apr.2017 President & CEO, BB Backbone Corp.
Dec.2017 President & CEO, HAPSMobile Inc. (to present)
Apr.2018 Representative Director & CTO, SoftBank Corp. (to present)
Jan.2019 President & CEO, MONET Technologies Inc. (to present)

*1: Currently SoftBank Corp.


閉じる

パネリスト
盛合志帆
情報通信研究機構(NICT)
経営企画部 統括 兼 サイバーセキュリティ研究所 上席研究員

Shiho Moriai
Managing Director, Strategic Planning Department / Executive Researcher,
Cybersecurity Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology(NICT)
盛合志帆

盛合志帆
情報通信研究機構(NICT)
経営企画部 統括 兼 サイバーセキュリティ研究所 上席研究員

Shiho Moriai
Managing Director, Strategic Planning Department / Executive Researcher,
Cybersecurity Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology(NICT)


【プロフィール詳細】
国立研究開発法人情報通信研究機構 経営企画部 統括 兼 サイバーセキュリティ研究所 上席研究員。1993年京都大学工学部情報工学科卒。2003年 博士(工学)(東京大学)。日本電信電話(株), ソニー株式会社等勤務を経て2012年より現組織。共通鍵暗号の設計, 安全性解析, 標準化やPlayStationプラットフォームのセキュリティ, 著作権保護に関する研究開発等に従事。現在、JST CREST「人工知能」研究課題「プライバシー保護データ解析技術の社会実装」を推進するほか、CRYPTREC暗号技術評価委員会委員等を務める。情報処理学会平成17年度業績賞等受賞。経済産業省平成23年度工業標準化事業表彰、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞)など受賞

Shiho Moriai is a Managing Director of Strategic Planning Department, and an Executive Researcher of Cybersecurity Research Institute, NICT. She received the B.E. degree from Kyoto University in 1993 and Ph.D. from the University of Tokyo in 2003. She has worked at NTT Laboratories, Sony Computer Entertainment, Inc. as a Research Scientist, and Sony Corporation as a Distinguished Researcher. She has been involved in design, analysis and standardization of block ciphers. She has also worked on designing security architectures of PlayStation platforms. She drives the JST CREST “Artificial Intelligence” research project “Social Implementation of Privacy-Preserving Data Analytics”. She also serves as a member of CRYPTREC Cryptographic Scheme Committee for Japan e-Government. She was awarded IPSJ Industrial Achievement Award in 2006, Minister's Award of The Ministry of Economy, Trade and Industry, the Industrial Standardization Awards in 2011, and Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology in 2014.


閉じる


パネリスト
ヤン-ペーター・クラインハンス
スティフトゥング・ノイエ・ファアントヴォルツング ITセキュリティ政策責任者
Jan-Peter Kleinhans
Head of IT-Security Policy, Stiftung Neue Verantwortung
ヤン-ペーター・クラインハンス

ヤン-ペーター・クラインハンス
スティフトゥング・ノイエ・ファアントヴォルツング ITセキュリティ政策責任者
Jan-Peter Kleinhans
Head of IT-Security Policy, Stiftung Neue Verantwortung


【プロフィール詳細】
独シンクタンクのスティフトゥング・ノイエ・ファアントヴォルツング(SNV)で、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の情報技術(IT)セキュリティプロジェクト責任者を務める。現在、半導体のグローバルサプライチェーン、ITセキュリティ、地政学に共通する課題に取り組んでいる。また、次世代通信規格「5G」のセキュリティと回復力に特別の関心を持っている。

SNVに入社した2014年以来、十分に信頼できるIoT家電を生産できずにいる理由を分析し続けてきた。また、標準化や認証、市場監視を通じて安全で信頼性の高いIoT家電を生産しようとするメーカーの経済的な動機を生み出せるかどうか、どうすればそれを実現できるか探っている。

ドイツ議会外交委員会や北大西洋条約機構(NATO)加盟国国会議員会議、国連で5Gセキュリティに関する研究成果を発表している。米国とドイツの若手専門家が参加する、米欧のデジタル領域に関する「大西洋横断デジタル・ディベート」 の2016年度フェロー。スウェーデンのウプサラ大学で通信科学を、ドイツのダルムシュタット工科大学でビジネス情報学を学んだ。

Jan-Peter Kleinhans is director of the project IT Security in the Internet of Things (IoT). Currently his work focuses on the intersection of global semiconductor supply chains, IT security and geopolitics. He has a special interest in the security and resilience of our future mobile networks – 5G.

 After joining SNV in 2014 Jan-Peter analyzed why the market failed to produce reasonably trustworthy consumer IoT devices. He explored if and how standardization, certification and market surveillance can create economic incentives for IoT manufacturers to produce secure and trustworthy IoT devices.

 Jan-Peter presented his work on 5G security at the German parliament's committee on foreign affairs ,the NATO parliamentary assembly and at the United Nations. He is Fellow of the Transatlantic Digital Debates 2016 and studied communication sciences in Uppsala, Sweden and business informatics in Darmstadt.


閉じる

モデレーター
竹内芳明
総務省 サイバーセキュリティ統括官
Yoshiaki Takeuchi
Director-General for Cybersecurity
Ministry of Internal Affairs and Communications, Japan
竹内芳明

竹内芳明
総務省 サイバーセキュリティ統括官
Yoshiaki Takeuchi
Director-General for Cybersecurity
Ministry of Internal Affairs and Communications, Japan


【プロフィール詳細】
昭和37年 3月27日生
香川県出身

昭和60年 3月 東北大学 工学部 卒
昭和60年 4月 郵政省 入省
平成10年 6月 郵政省東北電気通信監理局総務部長
  11年 7月 郵政省電気通信局電波部衛星移動通信課次世代航空通信システム開発室長
  13年 7月 総務省情報通信政策局宇宙通信調査室長
  15年 8月 総務省情報通信政策局研究推進室長
  18年 7月 総務省情報通信政策局宇宙通信政策課長
  19年 7月 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課長
  20年 7月 総務省総合通信基盤局電波部移動通信課長
  22年 7月 総務省情報通信国際戦略局技術政策課長
  23年 7月 総務省総合通信基盤局電波部電波政策課長
  26年 7月 総務省東北総合通信局長
  27年 7月 経済産業省大臣官房審議官(IT戦略担当)(商務情報政策局付)
  29年 7月 総務省総合通信基盤局電波部長
  30年 7月 総務省サイバーセキュリティ統括官(現職)

Education: Graduated from Tohoku University, Degree in Engineering
Apr.1985 Joined the Ministry of Posts and Telecommunications
Jul.2001 Director, Space Communications Research Office, Information & Communications Policy Bureau, MIC
Aug.2003 Director, Research Promotion Office, Information & Communications Policy Bureau, MIC
Jul.2006 Director, Space Communications Policy Division, Information & Communications Policy Bureau, MIC
Jul.2007 Director, Telecommunication Systems Division, Telecommunications Business Department, Telecommunications Bureau, MIC
Jul.2008 Director, Land Mobile Communications Division, Radio Department, Telecommunications Bureau, MIC
Jul.2010 Director, Technology Policy Division, Global ICT Strategy Bureau, MIC
Jul.2011 Director, Radio Policy Division, Radio Department, Telecommunications Bureau, MIC
Jul.2014 Director General of the Tohoku Bureau of Telecommunications, MIC
Jul.2015 Deputy Director-General for IT Strategy, Commerce and Information Policy Bureau, METI
Jul.2017 Director-General of Radio Department, MIC
Jul.2018 Director-General for Cybersecurity, MIC


閉じる


18:00-19:20
1B-4
ネットワーキング・レセプション
Networking Reception

●講師や参加者の皆さんが情報交換をする時間です。積極的にご参加ください。
軽食もご用意しております。
準備の都合上、一度お申し込みされるとキャンセルができかねます。予めご了承ください。


Opportunity for speakers and participants to exchange information and opinions.
Please make sure not to miss this great networking opportunity.
A light meal will be served.
Please note that the ticket cannot be refunded in case of cancellation once reservation is made.


時間 プログラム
9:45-10:35
2A-1
サプライチェーン攻撃への備え
Building cyber shields for supply chains

Session Overview »

サプライチェーン攻撃への備え
Building cyber shields for supply chains


【講演概要】
企業のサイバー攻撃対策の潮流が「サプライチェーン(供給網)」に移っている。防御が手薄な取引先や業務委託先が狙われ、そこから不正アクセスなどが起きるリスクが高まっている。サプライチェーンのグローバル化に伴い、製造工程で製品にウイルスや悪意を持ったプログラムが紛れ込むリスクも指摘されている。半導体や自動車などの製造業大手の意識は高まっているが中小企業の対策も底上げをしていかなければ、全体としては危うい状況になる。

There are growing concerns among companies about the threat of cyberattacks on supply chains. There are increasing risks of unauthorized access, etc., targeting customers and subcontractors that have weak protection. It has also been pointed out that viruses and malicious programs may be mixed into products during the manufacturing process. The awareness of this problem among large corporations is increasing. However, if awareness among SMEs is not raised, it will be a dangerous problem as a whole.


閉じる

パネリスト
竹井淳
米インテル セキュリティ政策担当ディレクタ
Jun Takei
Director, Product Assurance and Security Policy, Intel
竹井淳

竹井淳
米インテル セキュリティ政策担当ディレクタ
Jun Takei
Director, Product Assurance and Security Policy, Intel


【プロフィール詳細】
博士(学術・メディア)
2005年よりインテル株式会社勤務、通信政策、プライバシー、セキュリティ政策など広く関わる。
2011年より公共政策担当執行役員
2014年米国本社公共政策部門へ異動、現在に至る
He joined Intel Japan in 2005 as a communication policy specialist. Since then he expand his coverage to privacy, security and general IT policy. Since 2011, he was appointed as a executive officer in charge of pubic policy in Intel Japan. He was relocated to US in 2014 to cover global cyber policies. He holds Ph.D. from Keio university.


閉じる

パネリスト
森玄理
富士通
サイバーセキュリティ事業戦略本部 本部長代理
Motomichi (Matt) Mori
Deputy Head of Cyber Security Business Strategy Unit, Fujitsu
森玄理

森玄理
富士通
サイバーセキュリティ事業戦略本部 本部長代理

Motomichi (Matt) Moria
Deputy Head of Cyber Security Business Strategy Unit, Fujitsu


【プロフィール詳細】
サイバーセキュリティ事業戦略本部 本部長代理。同本部は富士通グループ全体のグローバルセキュリティビジネスの戦略策定・実行を担い、マネージドサービスとプロフェッショナルサービスを中心に、お客様のセキュリティライフサイクルマネジメントをサポートするソリューションを提供している。
これまでに、IT戦略本部のグローバルITガバナンス責任者として、富士通社内のグローバルセキュリティの企画・実行・運用などに従事。約8年間の米国駐在経験の間に、Fujitsu North AmericaのITマネージドシェアサービスのディレクターとして、北米のグループ会社約20社へITマネージドサービスを提供した実績も有する。

Motomichi Mori is the Deputy Head of Cyber Security Business Strategy Unit. His organization is responsible for strategies for security businesses of Fujitsu groups across business units, group companies and global regions. Their core offerings are managed services and professional services that support our customers' security lifecycle.
He was previously responsible for corporate global IT strategies including corporate global security solutions planning/executions/operations for Fujitsu global environment as a head of global IT governance within the IT Strategies Unit. He has the experiences residing in US for about 8 years, playing a Director role of managed IT shared services for Fujitsu North America companies, which is responsible for providing IT managed services to about 20 Fujitsu group companies in North America.


閉じる


パネリスト
高橋宏之
デロイトトーマツサイバー
シニアマネジャー

Hiroyuki Takahashi
Senior Manager, Deloitte Tohmatsu Cyber
高橋宏之

高橋宏之
デロイトトーマツサイバー
シニアマネジャー

Hiroyuki Takahashi
Senior Manager, Deloitte Tohmatsu Cyber


【プロフィール詳細】
国内SI企業で省庁向けの大規模システム開発やERP導入を経験後、デロイトトーマツコンサルティングに入社し、ビジネスプロセス改善やCIO向けアドバイザリー業務に従事。2010年、現デロイトトーマツサイバー合同会社に転籍後は、セキュリティ統括部門整備、セキュリティ中期計画策定、セキュリティリスク評価、プライバシー保護対応等のマネジメント領域のプロジェクトを多数経験。近年は、自動車業界のエキスパートとして、国内の自動車OEM及び関連外郭団体との連携を通じて、レギュレーション対応や企業間のセキュリティ関連情報の共有促進のためのワーキンググループ支援等、業界をリードする立場で先進的なプロジェクトに取り組んでいる。

After experiencing projects such as developing large-scale systems for the ministry and ERP implementation during his years at a Japanese system integrator company, he entered Deloitte Tohmatsu Consulting and engaged in business process improvement and provided advisory services towards CIOs.
In 2010, after transferring to the present Deloitte Tohmatsu Cyber, he helped to establish his client's security management division, developed their security mid-term plan, conducted security risk assessments, privacy protection, and experienced various projects in the management area.
In recent years, he assisted clients to correspond to regulations and supported working groups where security related information are shared between Japanese automotive OEM and related external organizations. He continues to tackle advanced projects as professional of the automotive security industry.


閉じる

モデレーター
梶浦敏範
日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会 代表理事
日立製作所上席研究員 (ICT政策)
日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査

Toshinori Kajiura
President, Japan Cybersecurity Innovation Committee
Senior Researcher, Hitachi (ICT Policy)
Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security, Keidanren
梶浦敏範

梶浦敏範
日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会 代表理事
日立製作所上席研究員 (ICT政策)
日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査

Toshinori Kajiura
President, Japan Cybersecurity Innovation Committee
Senior Researcher, Hitachi (ICT Policy)
Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security, Keidanren


【プロフィール詳細】
1981年、株式会社日立製作所入社。エンジニアリングワークステーション、タブレットPC、郵便区分機や金融システムの開発を手がける。2001年に新規事業開拓部門の部長職に就き、2003年以降、小泉内閣や麻生内閣のIT戦略などICT政策に関与。ICT/データの利活用促進について研究や政策提言を続けている。2016年より上席研究員を務める。
日本経済団体連合会ではデジタルエコノミー推進委員会企画部会長代行、サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査を務める。14年間ICT政策に関与し、インターネット・エコノミー促進に向けた提言(2012年~)やサイバーセキュリティに関する提言(2015年~)をとりまとめている。2017年、一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会代表理事に就任。他に、経済産業省サイバーセキュリティ研究会ワーキンググループ2(経営・人材・国際)座長も務める。

Kajiura joined JCIC as founding member in 2017. He currently also serves as a Senior Researcher of HITACHI and Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security of Keidanren (Japan Business Federation) as well as its Acting Chair of Sub-Committee, Committee on Digital Economy. Kajiura joined HITACHI as computer scientist and experienced various fields such as R&D, marketing, business planning etc. related to ICT business to create new technology, new economy and new regulation for ICT utilization.
At Keidanren, he has worked on policy meetings and cooperated with IT strategy of Japanese government in Koizumi & Aso cabinets. Now he has responsibility for proposals on cybersecurity as a Chair of a working group. He is a regular member of international ICT conferences such as US-Japan Internet Economy Dialogue and EU-Japan ICT Work Shop. From 2017, he also serves as a Chairperson of METI's Working Group under the Study Group for Industrial Cybersecurity which focuses on management, personnel and international strategies.
He was a visiting professor of Tsukuba-University during 2012-2016.


閉じる

10:55-11:45
2A-2
デイリーライフ支えるサイバーセキュリティ
Cybersecurity for human security

Session Overview »

デイリーライフ支えるサイバーセキュリティ
Cybersecurity for human security


【講演概要】
ITを活用した新たなB2Cサービスが人々の生活を大きく変えている。Society5.0の実現で全員がつながる社会が見えてきた中、サイバーセキュリティはインクルーシブ(包括的)で平和な社会を支える重要な要素となる。現実社会では安全と思える場所もサイバー空間とつながった途端に景色は変わる。日常生活に深く入り込むサイバー空間を安全なものにするにはどうすればいいのか。専門家が議論する。

Innovations in digital technology are pushing society in radical new directions. Japan is aiming for a human-centered "supersmart" world called “Society 5.0” -- a fusion of the real and cyber worlds, which is expected to solve numerous social issues and make life more secure and prosperous. Creating a society supported by more advanced cybersecurity is indispensable for such major changes.


閉じる

メインスピーカー兼パネリスト
ユヴァル・エロヴィッチ
イスラエル・ベングリオン大学サイバーセキュリティ研究所所長
Yuval Elovici
Head of Ben-Gurion University Cyber Security Research Center
ユヴァル・エロヴィッチ

ユヴァル・エロヴィッチ
イスラエル・ベングリオン大学サイバーセキュリティ研究所所長
Yuval Elovici
Head of Ben-Gurion University Cyber Security Research Center


【プロフィール詳細】
イスラエルのベン=グリオン大学(BGU)電気通信イノベーション研究所所長および同大学サイバーセキュリティ研究センター長を務め、BGUソフトウェア・情報システム工学部教授として教鞭もとる。同大学でコンピュータ・電気工学の理学士および理学修士、テルアビブ大学で情報システムの博士号を取得。主な専門分野は、コンピュータセキュリティおよびネットワークセキュリティ、サイバーセキュリティ、Webインテリジェンス、情報戦争、ソーシャルネットワーク分析ならびに機械学習である。サイバーセキュリティ分野専門コンサルタントでもあり、攻撃対象を動的にすることによりサイバー攻撃を無効化させる「ムービング・ターゲット防御」に関連する画期的なサイバーセキュリティメカニズムを開発する新興企業、モーフィセックの共同設立者でもある。

Yuval Elovici is the director of the Telekom Innovation Laboratories at Ben-Gurion University of the Negev (BGU), head of BGU Cyber Security Research Center, Professor in the Department of Software and Information Systems Engineering at BGU. He holds B.Sc. and M.Sc. degrees in Computer and Electrical Engineering from BGU and a Ph.D. in Information Systems from Tel-Aviv University. His primary research interests are computer and network security, cyber security, web intelligence, information warfare, social network analysis, and machine learning. Prof. Elovici also consults professionally in the area of cyber security and is the co-founder of Morphisec, startup company that develop innovative cyber-security mechanisms that relate to moving target defense.


閉じる


パネリスト
中谷昇
Zホールディングス/ヤフー 執行役員(政策渉外・広報、サイバーセキュリティ担当)
初代インターポールIGCI総局長
日本IT団体連盟 専務理事

Noboru Nakatani
Executive Vice President (Public Affairs & Cyber Security),
Z Holdings/Yahoo Japan
The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation
Senior Executive Director,
Information Technology Federation of Japan(ITrenmei)
中谷昇

中谷昇
Zホールディングス/ヤフー 執行役員(政策渉外・広報、サイバーセキュリティ担当)
初代インターポールIGCI総局長
日本IT団体連盟 専務理事

Noboru Nakatani
Executive Vice President (Public Affairs & Cyber Security),
Z Holdings/Yahoo Japan
The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation
Senior Executive Director,
Information Technology Federation of Japan(ITrenmei)


【プロフィール詳細】
1993年に警察庁入庁。神奈川県警察外事課長、国家公安委員会補佐官、警察庁情報技術犯罪対策課課長補佐を経て、インターポール(国際刑事警察機構)へ。インターポールで経済ハイテク犯罪対策課長(2007~08)、ITシステム局長兼CISO(2008~11)を歴任後、国際組織犯罪対策官(2011~12)として警察庁に戻る。インターポールがサイバー犯罪対策の拠点としてINTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)をシンガポールに設置することを決めるとその初代総局長として赴任(2012~18)。在職中はIGCIの創設にリーダーシップを発揮するとともに、”Innovation in Policing”を掲げ、IGCIをサイバー犯罪のみならずテロや環境犯罪等国際的な警察協力が不可欠な組織犯罪対策の拠点に発展させた。IGCI総局長勤務後、国際課長(2018)として警察庁へ復帰。2019年3月に退官し、4月より現職。

Mr. Nakatani is the Corporate Officer, Executive Vice President of Public Affairs and Cybersecurity, of Yahoo Japan Corporation. He is in charge of developing the company’s overall policies on government affairs as well as overseeing cybersecurity issues.
Former positions at the National Police Agency (NPA) of Japan include Special Advisor to the Commissioner General, Executive Director of International Affairs, as well as other high-ranking appointments at the NPA.
Furthermore, Mr. Nakatani was the first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation, which was established in Singapore in 2015 to enable the law enforcement to better combat cybercrime, and he has held other positions at INTERPOL’s General Secretariat headquarters in Lyon, France.


閉じる

パネリスト
野原佐和子
イプシ・マーケティング研究所 社長
内閣サイバーセキュリティ戦略本部 有識者本部員
SOMPOホールディングス・ゆうちょ銀行・第一三共 社外取締役

Sawako Nohara
President, IPSe Marketing
野原佐和子

野原佐和子
イプシ・マーケティング研究所 社長
内閣サイバーセキュリティ戦略本部 有識者本部員
SOMPOホールディングス・ゆうちょ銀行・第一三共 社外取締役

Sawako Nohara
President, IPSe Marketing


【プロフィール詳細】
2000年インターネット及びデジタル・ビジネスに関する調査・コンサルテーションを行う㈱イプシ・マーケティング研究所を設立、代表取締役社長を務める。
その一方で、産業競争力会議、IT総合戦略本部、内閣サイバーセキュリティ戦略本部、経済産業省産業構造審議会総会、財務省関税・外国為替等審議会等、中央省庁の審議会等の委員を多数歴任。
さらに、日本電気㈱取締役、SOMPOホールディングス㈱取締役(現任)、㈱ゆうちょ銀行取締役(現任)、NISSHA㈱取締役、東京ガス㈱監査役(現任)、第一三共㈱取締役(現任)を務め、コーポレート・ガバナンスの推進に励む。
2009年より慶應義塾大学特任教授として、研究及び教育にも取り組む。

She established Ipse Marketing, Inc. which provides research and consultation on the Internet and digital business in 2000 and she has been a President and CEO of Ipse Marketing, Inc.
Meanwhile, she has served on many government committees as an expert member for over 15 years, such as IT General Strategy Headquarters, Cybersecurity Strategic Headquarters, etc.
In addition, she has served as an Outside Director in some Japanese companies for 13 years to encourage governance, such as NEC Corporation, SOMPO Holdings Co., Ltd. (current position), Japan Post Bank Co., Ltd. (current position), Daiichi Sankyo Co., Ltd. (current position) and as Audit & Supervisory Board Member in Tokyo Gas Co., Ltd. (current position).
Since 2009, she has been working as a Project Professor at Keio University.


閉じる


パネリスト
グレッグ・ラトレイ
コロンビア大学国際関係公共政策大学院上級特任教授
Greg Rattray
Senior Research Professor, School of International and Public Affairs, Columbia University
グレッグ・ラトレイ

グレッグ・ラトレイ
コロンビア大学国際関係公共政策大学院上級特任教授
Greg Rattray
Senior Research Professor, School of International and Public Affairs, Columbia University


【プロフィール詳細】
グレッグ・ラトレイ博士はコロンビア大学国際関係公共政策大学院の上級特任教授である。サイバー・エコシステムにおけるセキュリティ・コラボレーションの強化に焦点を当てた研究を行っている。

サイバーセキュリティリスク管理を手掛けるネクスト・ピーク社のパートナー兼創設者でもある。前職は、JPモルガン・チェースでグローバル最高情報セキュリティ責任者を務め、その後、業界パートナー、政府機関、およびグローバル組織とのサイバーセキュリティ政策を提唱・提言するグローバル・サイバー・パートナーシップチームの責任者を務めた。また、金融システム分析&レジリエンス・センター(FSARC)、シシェルタード・ハーバー、金融サービス部門サイバーセキュリティプロファイルなど、数多くの業界イニシアティブを推進した。

JPモルガン・チェースに入社する前は、デルタ・リスク社の創立パートナー兼最高経営責任者(CEO)や、米国の非営利団体「ICANN」のインターネット・セキュリティ・アドバイザーのチーフを務めた。米空軍大佐を退役後、ホワイトハウスのサイバーセキュリティ担当ディレクターを務め、米国空軍情報戦本部の軍事作戦(Ops)グループを指揮した。米国空軍士官学校で学士号、ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院で公共政策修士号、タフツ大学のフレッチャー法律外交大学院で博士号を取得している。著書には「Strategic Warfare in Cyberspace(サイバースペースでの戦略戦争)」がある。有力シンクタンクの外交問題評議会(CFR)の正会員でもある。

Dr. Greg Rattray is currently Senior Research Professor at the School of International and Public Affairs at Columbia University. His research is focused on enhancing security collaboration in the cyber ecosystem.

He is also a Partner and Founder of Next Peak LLC, a cybersecurity risk management firm. Previously, Greg was at JP Morgan Chase as the Global Chief Information Security Officer (CISO) and then headed the Global Cyber Partnership team responsible for cybersecurity policy advocacy with industry partners, government agencies & global organizations. Dr. Rattray drove numerous industry initiatives including the Financial Systemic Analysis & Resilience Center (FSARC), a private-public initiative to address systemic cyber risks, Sheltered Harbor and the Financial Sector Cybersecurity Profile.

Prior to joining JPMorgan Chase, Dr. Rattray was founding partner and CEO of Delta Risk LLC. He served as the ICANN Chief Internet Security Advisor. Greg retired from the U.S. Air Force as a Colonel and served as Director for Cybersecurity in the White House and commanded the Ops Group of the AF Information Warfare Center. Dr. Rattray has a B.S. degree from the USAF Academy, a M.P.P. from the John F. Kennedy School of Government, Harvard University and a Ph.D. from the Fletcher School of Law and Diplomacy, Tufts University. He authored Strategic Warfare in Cyberspace. He is a full member of the Council on Foreign Relations.


閉じる

モデレーター
江口純一
情報処理推進機構(IPA)理事
Junichi Eguchi
Vice Chairman, Information-technology Promotion Agency
江口純一

江口純一
情報処理推進機構(IPA)理事
Junichi Eguchi
Vice Chairman, Information-technology Promotion Agency


【プロフィール詳細】
昭和39年8月29日生 東京都出身

昭和63年3月 早稲田大学理工学部卒業
平成 2年3月 早稲田大学大学院理工学研究科修了
平成 2年4月 通商産業省入省
平成20年6月 JETROロンドン事務所次長
平成23年7月 商務情報政策局情報セキュリティ政策室長
平成24年4月 商務情報政策局情報処理振興課長
平成26年7月 資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課
        原子力発電所事故収束対応室汚染水対策官
平成28年4月 独立行政法人情報処理推進機構
        技術本部セキュリティセンター長
平成30年4月 独立行政法人情報処理推進機構 理事

Date of Birth
August 29th, 1964

Education
Mar 1990 Waseda University, Master of Engineering
Mar 1988 Waseda University, Bachelor of Engineering

Career Chronology
Apr 2018 IPA Vice Chairman
Apr 2016 Joined IPA (Information-technology Promotion Agency, Japan)
      General Manager
      IT Security Center, Technology Headquarters
Jul 2014  METI
      Director for management to contaminated water,
      Nuclear Energy Policy Planning Division, Agency for Natural Resources and Energy
Apr 2012 METI
      Director
      Information Service Industry Division, Commerce and Information Policy Bureau
Jul 2011 Joined METI
      Director
      IT Security Policy Office , Commerce and Information Policy Bureau
Jun 2008 Joined JETRO UK (Japan External Trade Organization United Kingdom)
      Deputy Director-General
Apr 1990 Joined METI (Ministry of Economy, Trade and Industry)


閉じる


12:35-12:45
Special session
河野太郎(予定)
防衛相
Taro Kono (tentative)
Minister of Defense
河野太郎

河野太郎
防衛相
Taro Kono
Minister of Defense


【プロフィール詳細】
生年月日 昭和38年1月10日
本籍地 神奈川県
衆議院議員 神奈川県第15区 衆当選8回

略歴
昭和56年3月 私立慶應義塾高等学校卒
昭和60年12月 米国ジョージタウン大学卒

政歴
昭和61年2月 富士ゼロックス株式会社入社
平成5年1月 日本端子株式会社入社
平成8年10月 第41回衆議院総選挙にて神奈川第15区で初当選
平成12年6月 第42回衆議院総選挙にて神奈川第15区で二回目の当選
平成14年1月 総務大臣政務官に就任(第1次小泉内閣)
平成15年11月 第43 回衆議院総選挙にて神奈川第15区で三回目の当選
平成16年10月 第九代自民党神奈川県連会長に就任
平成17年9月 第44回衆議院総選挙にて神奈川第15区で四回目の当選
平成17年11月 法務副大臣に就任(第3次小泉改造内閣)
平成20年9月 衆議院外務委員長就任
平成21年8月 第45回衆議院総選挙にて神奈川第15区で五回目の当選
平成24年12月 第46回衆議院総選挙にて神奈川第15区で六回目の当選
平成26年12月 第47回衆議院総選挙にて神奈川第15区で七回目の当選
平成27年10月 国務大臣国家公安委員会委員長
         行政改革担当
         国家公務員制度担当
         内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全 規制改革 防災)
         (第3次安倍改造内閣)
平成29年8月 外務大臣(第3次安倍第3次改造内閣)
平成29年10月 第48回衆議院総選挙にて神奈川第15区で八回目の当選
平成29年11月 外務大臣(第4次安倍内閣)
平成30年10月 外務大臣(第4次安倍改造内閣)
令和元年9月 防衛大臣(第4次安倍第2次改造内閣)

趣味 湘南ベルマーレ

家族 妻、長男

KONO Taro, 56, is an eight-term Member of the House of Representatives. He has been Minister of Defense in the Abe Government since September 11, 2019.

Among positions he has held are Foreign Minister; Chairman of the National Public Safety Commission, or Minister in charge of the National Police Organization; Minister for Administrative Reform; Minister for Civil Service Reform; Minister for Regulatory Reform; Minister in Charge of Consumer Affairs and Food Safety; and Minister in Charge of Disaster Management in the Abe Government, Parliamentary Secretary for Public Management and Senior Vice-Minister of Justice in the Koizumi Government, and Chairman of the Standing Committee on Foreign Affairs of the House of Representatives. Taro is a graduate of the School of Foreign Service, Georgetown University. He was Chairman of the Japan Race Horse Association and Chairman of the Shonan Bellmare Football Club, the 1995 Asia Champion Soccer Club. He is married to Kaori and has a son, Ippei.


閉じる

12:55-13:40
2A-3
データ社会への挑戦
Toward open, free and secure data-driven society

Session Overview »

データ社会への挑戦
Toward open, free and secure data-driven society


【講演概要】
インターネットでは日々大量のデジタル・データが生まれている。その流れはIoTや5Gでさらに加速する。上手に使えば生活がますます豊かになるが、一方で何がどのように使われているのか分からないとの不安が膨らむ。個人情報を保護しようと国境をまたいだデータの移動を規制する動きやサイバー攻撃もデータの利活用を妨げる。こうした負の連鎖を断ち切り、財産としてのデータを新たな産業や経済成長につなげるにはどうすればいいのだろうか。

Large amounts of digital data are generated every day on the Internet. The flow is further accelerated by IoT and 5G. If we use it well, it will enrich our lives, but many people worry about what the data is being used for. At the same time, there is increasing risk of cyberattacks leading to information leakage. The ethics of companies are also being questioned. How can we use valuable data to lead to new industries and economic growth?


閉じる

パネリスト
村井純
慶應義塾大学環境情報学部教授
Jun Murai
Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University
パネリスト
中谷昇
Zホールディングス/ヤフー 執行役員(政策渉外・広報、サイバーセキュリティ担当)
初代インターポールIGCI総局長
日本IT団体連盟 専務理事

Noboru Nakatani
Executive Vice President (Public Affairs & Cyber Security),
Z Holdings/Yahoo Japan
The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation
Senior Executive Director,
Information Technology Federation of Japan(ITrenmei)

パネリスト
三角育生
経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官 / 内閣官房サイバーセキュリティセンター内閣審議官 / 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室長代理(副政府CIO)
Ikuo Misumi
Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat, METI / Councillor, The National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat / Deputy Government Chief Information Officer, National Strategy Office of Information and Communications Technology, Cabinet Secretariat, Government of Japan
三角育生

三角育生
経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官 / 内閣官房サイバーセキュリティセンター内閣審議官 / 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室長代理(副政府CIO)
Ikuo Misumi
Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat , METI / Councillor, The National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat / Deputy Government Chief Information Officer, National Strategy Office of Information and Communications Technology, Cabinet Secretariat, Government of Japan


【プロフィール詳細】
1987年4月通商産業省(現経済産業省)に入省。2012年6月から内閣サイバーセキュリティセンター(NISC、改組前:情報セキュリティセンター)に勤務し、サイバーセキュリティ基本法制定・改正に内閣側として取り組んだとともに、同法に基づくサイバーセキュリティ戦略の立案とりまとめ(2015版及び2018年版)や各種基準等の見直しを行ってきた。

また、日本年金機構を含む重大なサイバーセキュリティ事象への対応などインシデントレスポンスの指揮等も多数行っている。

NISC勤務前は、(独)情報処理推進機構セキュリティセンター長、経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室長、同貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易審査課長等を歴任し、情報セキュリティガバナンスの推進、情報セキュリティ技術対策の促進などサイバーセキュリティに関連する業務の他、外為法に基づく審査、同審査の業務改革・情報化推進、コンピュータ2000年問題対応、90年代にワッセナーアレンジメント設立に向けた国際交渉等に従事してきている。

2016年6月から2018年7月まで内閣サイバーセキュリティセンター副センター長、2018年8月から現職。

Starting as an officer at the then Ministry of International Trade and Industry (MITI;currently the Ministry of Economy, Trade and Industry, METI), Dr. Misumi has long served in the Government of Japan, especially in the fields of security export control and cybersecurity policy. Most recently, he has served in the NISC since 2012 and was in charge of a number of important tasks, including the thorough revision of the “Management Standards for Information Security Measures for the Central Government Computer Systems,” the establishment of the Basic Act on Cybersecurity of 2014 and its amendment in 2016, and the formation of the Cybersecurity Strategy (2015). Since 2016 to 2018, he served as Deputy Director-General and oversees the entire staff and operations of the NISC. Since August 2018 he serves as the current offices.
In the early stage of his career, he engaged in the international negotiation for the preparation of the Wassenaar Arangement on Export Controls for Conventional Arms and Dual-Use Goods and Technologies as a government expert in the mid 90s. Prior to joining the NISC, he was the Director of Security Export License in METI(2009-2012). In this position, he contributed to making Japan’s export control systems more effective and efficient by developing innovative approaches, such as reengineering the licensing processes and introducing an examination system with advanced DBs and achieved the reformation of these systems. He received his master’s degree in 1987 and Ph.D. in Engineering (Precision Machinery Engineering) in 2004 from the University of Tokyo. Also he has a master’s degree in Management awarded from the Claremont Graduate School (CA,USA) in 1995.


閉じる

モデレーター
村山恵一
日本経済新聞社
コメンテーター

Keiichi Murayama
Commentator, Nikkei Inc.
村山恵一

村山恵一
日本経済新聞社
コメンテーター

Keiichi Murayama
Commentator, Nikkei Inc.


【プロフィール詳細】
1992年東北大学法学部卒、日本経済新聞社入社。東京本社編集局産業部に配属、情報通信・エレクトロニクス、自動車、医療、金融などの業界を担当。2004~05年に米ハーバード大学留学。05~09年に米シリコンバレー支局勤務。12年編集委員。15年論説委員を兼務。17年2月から編集局コメンテーター。担当分野はIT、スタートアップ。著書に『STARTUP起業家のリアル』(日本経済新聞出版社)などがある。山形県出身。

Keiichi Murayama formerly served as the U.S. Silicon Valley bureau chief of Nikkei Inc., and was a senior staff writer and an editorial writer of Nikkei. After earning his undergraduate degree at Tohoku University in 1992, he joined the Business News Department of Nikkei in Tokyo as a staff writer. He covered technology, medical, automotive, and financial news. After he joined the Program on US-Japan Relations of Harvard University, he went on to oversee the U.S. Silicon Valley Bureau for a few years. He's authored "Rise and Fall of the IT Empire - Steve Jobs Revolution” and “STARTUP - Real of Entrepreneurs”.


閉じる


13:50-14:35
2A-4

セキュア by デザイン ~DXで多様化する環境のサイバーリスクをどう最小化するか?

Secure by Design - How we minimize cyberrisk in a diversified ICT environment in DX era?
 
与沢和紀
NTTセキュリティ・ジャパン 代表取締役社長
NTTセキュリティ グローバル最高技術責任者(CTO)

Kazunori Yozawa
Regional CEO, NTT Security (Japan)
Chief Technology Officer, NTT Security
与沢和紀

与沢和紀
NTTセキュリティ・ジャパン 代表取締役社長
NTTセキュリティ グローバル最高技術責任者(CTO)

Kazunori Yozawa
Regional CEO, NTT Security (Japan)
Chief Technology Officer, NTT Security


【プロフィール詳細】
2011年にNTTコミュニケーションズ社のMSS事業の責任者に就任。
以降、数多くのM&A案件を手掛けた経験を活かし、2009年に欧州を中心とする総合セキュリティサービス事業者であるIntegralis社、2010年には高度なMSS脅威分析に定評のあるSecode社の買収を牽引し、コンサルティング含む総合力とMSSの高度化を実現。2016年8月より日米欧豪のセキュリティ事業を統合し設立したNTTセキュリティ社の取締役に就任。2018年1月より最高技術責任者(CTO)に就任、MSS分析基盤の統合及び高度化、最先端のR&D成果のグローバル展開に従事。電子工学学士、米国スタンフォード大学でMBAを取得。

Having served in senior executive and Board roles at companies within the NTT group, including holding a senior position in the US subsidiary, Kazu also started new service initiatives including enterprise hosting and managed IT.
Kazu has been engaged in our security business since 2009, following the acquisitions of Integralis and Secode, as a Supervisory member as well as managing the global MSS platform R&D. He has also been an integral part of the Advanced Services, MSS, GTIC/GTIP and services catalogue development. He is also actively engaged in Digital Boardroom Initiatives in the US.

He is experienced in leading major mergers and acquisitions and integration initiatives. Kazu holds a Bachelor's Degree in Electronic Engineering and an MBA from Stanford University.


閉じる

2B-1

サイバー攻撃最前線 ~世界中のサイバー犯罪集団の攻撃をハンティングしてみた~

The forefront of cyber attacks ~Incident Response Stories to Tell in the Dark~
廣川裕司
セキュアワークス
代表取締役社長

Yuji Hirokawa
President and Representative Director, SecureWorks Japan K.K.
廣川裕司

廣川裕司
セキュアワークス
代表取締役社長

Yuji Hirokawa
President and Representative Director, SecureWorks Japan K.K.


【プロフィール詳細】
神奈川県横須賀市生まれ。 1981年、慶応義塾大学工学部卒業。同年、日立製作所に入社。03年7月、サン・マイクロシステムズに移籍。06年11月、日本BEAシステムズ社代表取締役。08年2月オープンソースソフトウェア(OSS)分野での世界トップベンダである米国レッドハット社において本社副社長兼レッドハット株式会社の代表取締役社長に就任。日本の事業を3倍以上に拡大。16年12月ミドクラジャパン代表取締役社長就任。17年3月ビックデータのリーディング企業であるホートンワークスジャパン株式会社執行役員社長に就任し大きな事業成長を実現。 19年 6月セキュアワークス株式会社代表取締役社長に就任。

Born in Yokosuka City, Kanagawa Prefecture. Graduated from Keio University Faculty of Engineering in 1981. In the same year, joined Hitachi. Transferred to Sun Microsystems in July 2003. In November 2006, Representative Director of Japan BEA Systems. February 2008 Appointed as Vice President of Red Hat Co., Ltd. and President of Red Hat Japan, the world's top vendor in the open source software (OSS) field. Expand business in Japan more than 3 times. Mar. 2017 Big Data Data Leader Company Horton Works Japan. June 2019 assumed the position of President of SecureWorks Japan K.K.


閉じる


ケヴィン・ストリックランド
セキュアワークス
脅威ハンティング ディレクター

Kevin Strickland
Director of Threat Hunting, Secureworks Inc.
ケヴィン・ストリックランド

ケヴィン・ストリックランド
セキュアワークス
脅威ハンティング ディレクター

Kevin Strickland
Director of Threat Hunting, Secureworks Inc.


【プロフィール詳細】
ケヴィン ストリックランドは、セキュアワークスの脅威ハンティング ディレクターです。彼は、当社のお客様全体の脅威ハンティングサービスの革新、共同作業、および実装を担当しています。この職に就く前は、インシデント対応チームのシニアマネージャーであり、複数のデジタルフォレンジックおよびインシデント対応コンサルタントを指揮し、この分野の専門家として経験を積んできました。 ケヴィンは、国家が関与するレベルの高度な標的型攻撃の脅威による数百万ドル規模の侵害においてインシデント対応手順を効果的に指揮し、技術分析をリードし、世界中のさまざまなお客様に効果的な封じ込めと撲滅の推奨事項を提供しています。

Kevin Strickland is the Director of Threat Hunting at Secureworks. He is responsible for innovation, collaboration, and implementation of threat hunting services across the Secureworks client base. Prior to this position he was a Senior Manager with the Incident Response team leading multiple digital forensic and incident response consultants while acting as a Subject Matter Expert in his field. Kevin has effectively directed incident response procedures in multi-million dollar breaches specializing in APT\Nation State threats, leading technical analysis and providing effective containment and eradication recommendations to various clients globally.


閉じる

14:45-15:30
2A-5

クラウドネイティブ時代のデータ漏洩リスクの現状
デジタル変革(DX)を支える最新クラウドセキュリティ

Current status of data breach risk in the cloud native era
The latest cloud security that supports digital transformation
櫻井秀光
マカフィー
セールスエンジニアリング本部
本部長

Hidemitsu Sakurai
Sales Engineering Division
Senior Manager, Sales Engineering,
McAfee
櫻井秀光

櫻井秀光
マカフィー
セールスエンジニアリング本部
本部長

Hidemitsu Sakurai
Sales Engineering Division
Senior Manager, Sales Engineering,
McAfee


【プロフィール詳細】
株式会社ラックでのコンサルタント業務を経て、2006年にマカフィーに入社。主に官公庁や大規模な法人顧客への提案活動に従事し、ネットワークからエンドポイントに至る幅広い分野を担当。2016年より現職。近年、米国本社から発信される脅威情報や脅威予測について日本向けにわかりやすく解説するなど、主にエンタープライズ向けサイバーセキュリティに関するエバンジェリストとして啓発活動も行っている。

Joined McAfee in 2006 after working as a consultant at LAC Co., Ltd. He has made various cybersecurity proposals to customers such as government agencies and large-scale enterprises, covering various areas of cybersecurity from networks to endpoints. Incumbent since 2016. In recent years, he is actively engaged in various enlightenment activities as an evangelist for Enterprises. His commentaries on US HQ's threat intelligence and threat predictions tailored for the needs of Japanese audiences are highly appreciated.


閉じる

宮本智
NEC
経営システム本部
サイバーセキュリティ戦略本部
シニアエキスパート

Satoshi Miyamoto
Senior Expert
NEC Corporation Management System Division
Cybersecurity Strategic Headquarters
宮本智

宮本智
NEC
経営システム本部
サイバーセキュリティ戦略本部
シニアエキスパート

Satoshi Miyamoto
Senior Expert
NEC Corporation Management System Division
Cybersecurity Strategic Headquarters


【プロフィール詳細】
日本電気株式会社へ入社、2006年にセキュリティ技術センターへ配属。NECグループのセキュリティガバナンス、セキュリティポリシー(策定、導入)、セキュリティマネジメント(教育、監査)、セキュリティインフラ(ID管理・認証基盤、エンドポイントセキュリティ等)、およびNECグループ海外現地法人向けセキュリティ対策を担当。2015年より現職。近年、NECグループでのクラウドサービス利用におけるセキュリティ施策を推進するとともに、講演会やお客様向けにNECグループでのクラウドセキュリティ対策の事例紹介をおこなっている。

Joined NEC Corporation and assigned to Security Technology Center in 2006. Responsible for NEC Group security governance, security policy (formulation, inprementation), security management (education, audit), security infrastructure (ID management / authentication infrastructure, endpoint security, etc.), and security measures for NEC Group overseas subsidiaries. Incumbent since 2015. In recent years, he is promoting security measures for using cloud services in the NEC Group, and has lectures as a case study on cloud security measures in the NEC Group.


閉じる

2B-2

重要インフラ事業者を狙うグローバル攻撃キャンペーン

Introduction of an attack example "Global attack campaign aimed at critical infrastructure operators"
増田幸美
サイバーリーズン・ジャパン
エバンジェリスト

Yukimi Sohta
Evangelist, CYBEREASON Japan
増田幸美

増田幸美
サイバーリーズン・ジャパン
エバンジェリスト

Yukimi Sohta
Evangelist, CYBEREASON Japan


【プロフィール詳細】
日本オラクルにおいて、システムコンサルタントとして業務システムの構築を手掛けた後、ファイア・アイ株式会社において、脅威インテリジェンスのスペシャリストとして従事。警察大学校や各県警主催のサイバーテロ連絡協議会などで多数講演。現在、サイバーリーズンにおいてエンドポイントソリューションの導入支援、サイバーセキュリティの啓発活動をおこなっている。

After working as a system consultant at Oracle Japan, worked as a threat intelligence specialist at Fire Eye.Sohta has given lectures at police colleges and cyber terror communication councils organized by prefectural police. Currently, Sohta is supporting the introduction of endpoint solutions and conducting cyber security awareness activities at Cybereason Japan.


閉じる

15:45-16:05
Special session
小池百合子
東京都知事
Yuriko Koike
Governor of Tokyo
小池百合子

小池百合子
東京都知事
Yuriko Koike
Governor of Tokyo


【プロフィール詳細】

【生年月日】
1952(昭和27)年7月15日 兵庫県生まれ

【略歴】
1976年10月 カイロ大学文学部社会学科卒業
1992年7月 参議院議員
1993年7月 衆議院議員
2003年9月 環境大臣
2004年9月 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)兼任
2006年9月 内閣総理大臣補佐官(国家安全保障問題担当)
2007年7月 防衛大臣
2010年9月 自民党総務会長
2011年10月 予算委員会理事
2016年7月 東京都知事 当選

Born:
July 15, 1952, in Hyogo Prefecture

Education:
BA in Sociology, Cairo University (October 1976)

Career:
July 1992: Member of the House of Councillors
July 1993: Member of the House of Representatives
September 2003: Minister of the Environment
September 2004: Minister of the Environment and Minister of State for Okinawa and Northern Territories Affairs
September 2006: Special Advisor to the Prime Minister for National Security Affairs
July 2007: Minister of Defense
September 2010: Chairperson, General Council, Liberal Democratic Party
October 2011: Director, Committee on Budget, House of Representatives
July 2016: Elected Governor of Tokyo


閉じる

16:15-16:55
2A-6
メガイベントを守れ
Safeguarding mega-events

Session Overview »

メガイベントを守れ
Safeguarding mega-events


【講演概要】
5GやIoTの積極的な利用が見込まれる2020東京オリパラは以前とは異なる次元のサイバー脅威に臨まなければならない。どのような脅威が、どのように運営を脅かすのか。攻撃を受けた際に、どのように大会運営を続けるのか。大会後もにらみ大型イベントのサイバーリスク管理のあり方を議論する。

A sense of caution regarding cyberterrorism is increasing as the Tokyo Olympics approach. How will the Tokyo Olympics deal with the world's biggest event? How should we make use of domestic and foreign experience? How do you deal with legal issues such as reviewing defense? How should private companies work together? Discuss cyber risk management for large-scale events after the Olympics.


閉じる

メインスピーカー兼パネリスト
坂明
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会チーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー
Akira Saka
Chief Information Security Officer, The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games
坂明

坂明
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会チーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー
Akira Saka
Chief Information Security Officer, The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games


【プロフィール詳細】
1981年警察庁入庁。目黒警察署長、通商産業省(現経済産業省)通商政策局中南米室長、兵庫県警察本部長、国土交通省大臣官房審議官(自動車局担当)等を務めたほか、生活安全局セキュリティシステム対策室長、情報技術犯罪対策課長として勤務し、サイバー犯罪対策に従事。2002年にはハーバード大学国際問題研究所(WCFIA)客員研究員としてサイバーテロの研究に従事し、2008年から2年間は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。2014年11月より(一財)日本サイバー犯罪対策センターJC3理事、2017年4月より(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会チーフ・インフォメーション・セキュリティオフィサー(CISO)を務めている。

Akira Saka is the Chief Information Security Officer (CISO) of the Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games. He started his career at National Police Agency in 1981, serving as Director of Cybercrime Division, Community Safety Bureau, National Police Agency and Commissioner of Hyogo Prefectural Police.
Since he had retired from National Police Agency in 2014 until he became the CISO, he had been the Executive Director of Japan Cybercrime Control Center.
In the academic field, he researched about cyber terrorism as an associate of Weatherhead Center for International Affairs, Harvard University in 2002-2003 and served as a professor, Graduate School of Media and Governance, Keio University in 2008-2010.


閉じる


パネリスト
洞田慎一
JPCERTコーディネーションセンター
早期警戒グループ 担当部門長 兼 マネージャ
サイバーメトリクスグループ部門長 兼 マネージャ

Shinichi Horata
Early Warning Group Director/Manager
Cyber Metrics Group Director/Manager
Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center
洞田慎一

洞田慎一
JPCERTコーディネーションセンター
早期警戒グループ 担当部門長 兼 マネージャ
サイバーメトリクスグループ部門長 兼 マネージャ

Shinichi Horata
Early Warning Group Director/Manager
Cyber Metrics Group Director/Manager
Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center


【プロフィール詳細】
前職において大学のシステム管理業務に従事。2015年4月、JPCERTコーディネーションセンター
早期警戒グループ情報分析ラインに着任。2019年3月より現職。情報セキュリティアナリストとして、主に国内を標的としたサイバー攻撃に対する情報収集や分析、早期警戒情報、注意喚起情報の提供、また、サイバーメトリクスグループにおいてインターネット定点観測システムやインターネットリスク可視化サービスの運用改善に従事。その他、国内外のカンファレンス等での啓発活動なども行っている。
独立行政法人日本学術振興会契約監視委員会委員、公益社団法人私立大学情報教育協会情報セキュリティ対策問題研究小委員会アドバイザ

Shinichi was previously working on system management at university. In April 2015, Shinichi joined JPCERT/CC Watching and Warning group Information Analysis Team. Shinichi has been in the current position since March 2019.
As an information security analyst, Shinichi engages in collecting and analyzing information on cyberattacks targeting mainly Japan, providing early warning information and alerts. As the director of Cyber Metrics Group, Shinichi works on maintaining and improving the Internet threat monitoring system and Internet risk visualization service. Also, Shinichi proactively gives presentations and lectures in and out of Japan.
Member of Contract Monitoring Committee for Japan Society for the Promotion of Science
Adviser of Information Security Countermeasure Issue Research Committee for Japan Universities Association for Computer Education (JUCE)


閉じる

モデレーター
名和利男
サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官
日本サイバーディフェンス ディレクター

Toshio Nawa
Executive Director/Senior Security Analyst, Cyber Defense Institute,Inc.
Director, Nihon Cyber Defence
名和利男

名和利男
サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官
日本サイバーディフェンス ディレクター

Toshio Nawa
Executive Director/Senior Security Analyst, Cyber Defense Institute,Inc.
Director, Nihon Cyber Defence


【プロフィール詳細】
海上自衛隊において、護衛艦のCOC(戦闘情報中枢)の業務に従事した後、航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。

その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャ、JPCERTコーディネーションセンター早期警戒グループのリーダを経て、サイバーディフェンス研究所に参加。日本サイバーディフェンス株式会社ディレクター、PwCサイバーサービス合同会社最高技術顧問等を兼務。専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、CSIRT構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供。最近は、サイバーインテリジェンスやアクティブディフェンスに関する活動を強化中。

At the Japan Air Self-Defense Force, he was assigned as a programming executive in charge of security of message coding / transmission, liaison and coordination with U.S. Air Force stationed in Japan, air defense command system, and others.

Later, he served as a security/training division manager of a venture company. Prior to joining Cyber Defense, he served as a leader of JPCERT/CC Early Warning Group. As a leading figure in building CSIRT and cyber security exercises, he continues to provide support services while utilizing his experiences and knowledges of incident handlings - his forte. He is the founder of CDI-CIRT External, Cyber Defense's CSIRT.


閉じる


17:05-17:45
2A-7
ラップアップ・パネル
Wrap-up panel discussion


【お申し込み受付を終了しました】

お問い合わせ


Contact

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る