Cyber Initiative Tokyo 2020 | サイバー・イニシアチブ東京 2020 Cyber Initiative Tokyo 2020 | サイバー・イニシアチブ東京 2020

講師


Lecturers
  • 村井純

    村井純
    Jun Murai


    慶応義塾大学教授
    Distinguished Professor, Keio University
  • マイケル・チャートフ

    マイケル・チャートフ
    Michael Chertoff


    元米国土安全保障長官
    チャートフ・グループ共同創設者・会長
    Michael Chertoff
    Former Secretary, U.S. Department of Homeland Security
    Co-Founder and Executive Chairman of Chertoff Group
  • マイク・ロジャース

    マイク・ロジャース
    Mike Rogers


    ブランズウィック・グループ上級顧問
    海軍大将(退役)
    米国家安全保障局(NSA)前長官
    米サイバー軍前司令官
    Senior Advisor of Brunswick Group
    U.S. Navy (retired)
    Former Director of the National Security Agency
    Former Commander, U.S. Cyber Command
  • ナイジェル・インクスター

    ナイジェル・インクスター
    Nigel Inkster


    英国際戦略研究所(IISS)
    シニアアドバイザー
    英情報局秘密情報部(MI6)元副長官
    Nigel Inkster
    Senior Advisor to the International Institute for Strategic Studies (IISS)
    Former assistant chief and director of operations and intelligence for Britain's Secret Intelligence Service (MI6)
  • クー・ブーン・フイ

    クー・ブーン・フイ
    Khoo Boon Hui


    インターポール元総裁
    元シンガポール警視総監
    Khoo Boon Hui
    Former President, INTERPOL
    Former Commissioner of the Singapore Police Force
  • 江口純一

    江口純一
    Junichi Eguchi


    経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官
    Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat , Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan
  • 三角育生

    三角育生
    Ikuo Misumi


    国立情報学研究所客員教授
    東海大学情報通信学部客員教授
    Visiting Professor at the National Institute of Informatics
    Guest Professor at the School of Information and Telecommunication Engineering, Tokai University
  • 土屋大洋

    土屋大洋
    Motohiro Tsuchiya


    慶応義塾大学教授
    Professor, Keio University
  • 中谷昇

    中谷昇
    Noboru Nakatani


    Zホールディングス常務執行役員 / Group Chief Trust & Safety Officer
    初代インターポールIGCI総局長
    Group Chief Trust & Safety Officer, Z Holdings
    The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation
  • 梶浦敏範

    梶浦敏範
    Toshinori Kajiura


    日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査
    Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security, Keidanren

開催趣旨


Main theme

新型コロナウィルスの大流行は私たちにヒト、モノ、カネの動きの再定義を迫っています。この危機をきっかけに⼈々の価値観は⼀変。経済、社会、⽣活の仕組みをゼロから⾒直すとともに、サイバー空間とリアル社会を⼀段と融合させることで「新たな日常」を目指す動きが世界中で始まりました。

一方で、コロナ禍で⼀気に進んだデジタルとリアルの融合に伴いサイバー戦争やサイバーテロ、サイバー犯罪、プライバシー侵害といった脅威がものすごい勢いで私たちに襲いかかっています。瞬時に多くの⼈に情報を伝えるデジタル技術を乱用してフェイクニュースや誹謗中傷を拡散し社会に不安を広げる例も後が絶ちません。

社会的課題の解決に向けたビッグデータの有効活用も⼀段とクローズアップされるなどサイバー空間が社会全体を⽀える存在になりつつある中で、私たちは効率を求めるだけでなく持続的で安心・安全な「サイバーセキュア社会」を作り上げることができるのでしょうか。

「サイバー・イニシアチブ東京2020」では2日間の会議を通じて登壇者や参加者の交流を通じてサイバーセキュリティーに関する世界各地の経験や知見を取り⼊れるとともに、日本の取り組みを世界に発信します。

The coronavirus pandemic is forcing us to rethink the movement of people, goods and capital. The crisis has changed people's sense of values. As well as reconsidering our economy, society and lifestyles from scratch, a movement has begun around the globe to create a "new normal" by further integrating cyberspace and the real world.

However, the convergence of the digital and real worlds, which has been accelerated by the coronavirus crisis, has led to concerns about cyberwarfare, cyberterrorism, cybercrime and invasion of privacy, which are increasing at an alarming rate. There is no end to the number of cases in which fake news and slanderous rumors are disseminated by abusing the Internet's ability to reach large numbers of people in an instant, leading to widespread anxiety in society.

As the use of big data to solve social issues is drawing more attention, cyberspace is becoming an integral part of our society. We need to create a sustainable, safe and secure "Cyber-Secure Society."

The two-day “Cyber Initiative Tokyo 2020” conference will be a chance to bring together speakers and participants with experience and knowledge of cybersecurity from around the world and to share Japan's efforts with the world.

+ Read more

開催概要


Overview
日時
Dates & Times
(JST)
DAY1 :
2020年11月24日(火)
November 24 (TUE) 2020
DAY2 :
2020年11月25日(水)
November 25 (WED) 2020
+EXTRA Session :
2020年11月26日(木)
November 26 (THU) 2020
 
オンラインライブ配信
Live Streaming
主催
Organizers
日本経済新聞社
Nikkei Inc.
日経BP
Nikkei Business Publications, Inc.
協力
In Association With
一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会
一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会
General Incorporated Association Japan Cybersecurity Innovation Committee (JCIC)
慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター
慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート
Keio University Global Research Institute
受講料
Admission Fee
無料
Free
申し込み締切日
Application Deadline
2020年11月18日(水)
November 18 (WED) 2020

協賛


Sponsors
ダイヤモンド
Diamond
  • デロイト トーマツ グループ
プラチナ
platinum
  • トレンドマイクロ
  • マイクロソフト
ゴールド
Gold
  • NTTセキュリティ・ジャパン/NTTコミュニケーションズ
  • サービスナウジャパン
  • Secure Works Japan
  • タニウム
  • 日本アイ・ビー・エム
  • 富士通
  • PwC Japanグループ
  • Brunswick Japan
シルバー
Silver
    Northrop Grumman

プログラム


Conference program
  • ※ご聴講ご希望のセッションにチェックをいれてお申し込みください。
  • ※テーマ、スケジュールは一部変更の可能性があります。
    Please note that agenda, presentation topics are subject to change.
  • ※プログラムの詳細は順次更新いたします。
    Details of the program will be updated.
DAY 1 11月24日(火)
November 24 (Tue)
時間 プログラム
A.M.
1A-1
Opening session
Speaker
村井純
慶応義塾大学教授
Jun Murai
Distinguished Professor, Keio University
村井純

村井純
慶応義塾大学教授
Jun Murai
Distinguished Professor, Keio University



【プロフィール詳細】
工学博士(慶應義塾大学・1987年取得)
1984年日本初のネットワーク間接続「JUNET」を設立。1988年インターネット研究コンソーシアムWIDEプロジェクトを発足させ、インターネット網の整備、普及に尽力。初期インターネットを日本語をはじめとする多言語対応へと導く。

内閣高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)有識者本部員、内閣サイバーセキュリティセンターサイバーセキュリティ戦略本部本部員、IoT推進コンソーシアム会長他、各省庁委員会の主査や委員などを多数務め、国際学会等でも活動。

2013年「インターネットの殿堂(パイオニア部門)」入りを果たす。2019年フランス共和国レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。「日本のインターネットの父」として知られる。

著書に「インターネット」 (岩波新書) 著、「角川インターネット講座」第1巻「インターネットの基礎 情報革命を支えるインフラストラクチャー」(角川学芸出版)他多数。

He received his Ph.D. in Computer Science, Keio University in 1987, majored in Computer Science, Computer Network and Computer Communication. He established JUNET (Japan University UNIX Network), the first network in Japan connecting multiple universities, in 1984. In 1988, established the WIDE (Widely Integrated Distributed Environment) Project, a Japanese Internet research consortium. Has long been engaged in research related to Internet technology platforms, and is known as the Father of the Internet in Japan and in international circles as the Internet Samurai.

He is a member of the Strategic Headquarters for the Promotion of an Advanced Information and Telecommunications Network Society (IT Strategic Headquarters), a member of the Cyber Security Policy Council, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity(NISC), Cabinet Secretariat, chairs and serves on many other governmental committees, and is active in numerous international scientific associations.

He was inducted into The 2013 Internet Hall of Fame (Pioneer)/ 2011 IEEE Internet Award / 2005 Jonathan B. Postel Service Award / 2019 the Knight of the Legion of Honor by the French Government.

閉じる

1A-2
コロナ時代の新たなサイバー脅威
New Cyberthreats in the COVID-19 Era

Session Overview »

安全保障の新たな領域
New domain for national security

【講演概要】
新型コロナウィルス感染拡大などで世界の分断が⼀段と深まるなか、国家が関与しているとされるサイバー攻撃が活発になっている。その手口や標的も大きく変化している。コロナ危機で揺れる国際情勢の中で浮上してきた新たな脅威に各国はどう対抗しようとしているのか。

As divisions around the world deepen with the spread of coronavirus and other factors, cyberattacks in which nations are believed to be involved are becoming more prevalent. The methods and targets of these attacks are changing significantly. How are countries trying to counter this new threat in the midst of the international crisis?

閉じる

Speaker
マイケル・チャートフ
元米国土安全保障長官
チャートフ・グループ共同創設者・会長

Michael Chertoff
Former Secretary, U.S. Department of Homeland Security
Co-Founder and Executive Chairman of Chertoff Group
マイケル・チャートフ

マイケル・チャートフ
元米国土安全保障長官
チャートフ・グループ共同創設者・会長

Michael Chertoff
Former Secretary, U.S. Department of Homeland Security
Co-Founder and Executive Chairman of Chertoff Group


【プロフィール詳細】
これまで歴任した政府職:
米国土安全保障長官(2005~2009年)
合衆国第3巡回区控訴裁判所連邦判事(2003~2005年)
米司法省刑事局司法次官補(2001~2003年)

2005~09年まで、米国土安全保障長官として、テロリスト予備軍の米国内への侵入を、また、すでに国内にいる場合にはその計画の実行を阻止すべく辣腕を振るった。さらに、ハリケーン・カトリーナの直撃を受け、米連邦緊急事態管理局(FEMA)を効率的な組織へ転換させた。こういった多くの功績はほとんど報道されなかったが、それは、事件が起こらなかったという最も重要な事実の裏返しである。

チャートフ・グループでは、企業トップや政府首脳に、リスクの特定と予防から準備、応急措置・復旧に至る幅広いセキュリティ問題に関する高レベルの戦略的助言を提供している。チャートフ氏は次のように述べている。「リスクマネジメントは今や企業の最高経営責任者(CEO)の頭痛の種となっているが、私たちの顧客は包括的な戦略を策定して、業務の妨げになるようなバリアを設けることなくリスク管理を実行している」

米国土安全保障長官就任に先立ち、合衆国第3巡回区控訴裁判所連邦判事を務めた。それ以前は、十年以上にわたり、連邦検事として政治汚職、組織犯罪、企業不正やテロ(11年に9月11日に発生した米同時多発テロの捜査も含む)の事案を捜査・訴追した。

1975年にハーバード大学、78年にハーバード大学ロースクールを極めて優秀な成績で卒業。79~80年まで、ウィリアム・ブレナン・ジュニア最高裁判事を補佐した。

チャートフ・グループでの役割に加え、コヴィントン&バーリング法律事務所で上席弁護士を務めるほか、企業のホワイトカラー弁護・捜査プラクティスグループのメンバーでもある。

Previous Government Service:
Secretary, U.S. Department of Homeland Security (2005 – 2009)
Federal Judge, U.S. Court of Appeals for the Third Circuit (2003 – 2005)
Assistant Attorney General of the United States, Criminal Division (2001 – 2003)

As Secretary of the U.S. Department of Homeland Security from 2005 to 2009, Michael Chertoff led the country in blocking would-be terrorists from crossing our borders or implementing their plans if they were already in the country. He also transformed FEMA into an effective organization following Hurricane Katrina. His greatest successes have earned few headlines – because the important news is what didn’t happen.

At Chertoff Group, he provides high-level strategic counsel to corporate and government leaders on a broad range of security issues, from risk identification and prevention to preparedness, response and recovery. “Risk management has become the CEO’s concern,” he says. “We help our clients develop comprehensive strategies to manage risk without building barriers that get in the way of carrying on their business.”

Before heading up the Department of Homeland Security, he served as a federal judge on the U.S. Court of Appeals for the Third Circuit. Earlier, during more than a decade as a federal prosecutor, he investigated and prosecuted cases of political corruption, organized crime, corporate fraud and terrorism – including the investigation of the 9/11 terrorist attacks.

He is a magna cum laude graduate of Harvard College (1975) and Harvard Law School (1978). From 1979-1980 he served as a clerk to Supreme Court Justice William Brennan, Jr.

In addition to his role at Chertoff Group, he is also senior of counsel at Covington & Burling LLP, and a member of the firm’s White Collar Defense and Investigations practice group.

閉じる

Panelist
河原淳平
警察庁 サイバーセキュリティ・情報化審議官
Jumpei Kawahara
Director-General for Cyber Security and Informatization, National Police Agency(NPA), Japan
河原淳平

河原淳平
警察庁 サイバーセキュリティ・情報化審議官
Jumpei Kawahara
Director-General for Cyber Security and Informatization, National Police Agency(NPA), Japan


【プロフィール詳細】

昭和63年警察庁入庁、警察庁警備局警備企画課サイバー攻撃対策官、警察庁情報通信局情報技術解析課長、石川県警察本部長、警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課長等を歴任し、令和元年9月より現職



Apr. 1988:
Joined NPA
Aug. 2014:
Director for Counter Cyber Attacks, NPA
Jul. 2016:
Director, High-Tech Crime Technology Div., NPA
Sep. 2017:
Chief, Ishikawa Prefectural Police
Aug. 2019:
Director, Cybercrime Div., NPA
Sep. 2019:
Director-General for Cyber Security and Informatization, NPA

閉じる

 
Moderator
赤堀毅
総合外交政策局審議官
国際安全保障・サイバー政策担当大使

Takeshi Akahori
Ambassador (International Security Policy, Cyber Policy)
Deputy Assistant Minister, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs of Japan
赤堀毅

赤堀毅
総合外交政策局審議官
国際安全保障・サイバー政策担当大使

Takeshi Akahori
Ambassador (International Security Policy, Cyber Policy)
Deputy Assistant Minister, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs of Japan


【プロフィール詳細】

生年月日 1966年8月25日生
東京大学法学部第二類卒業後、1989年に外務省入省。1991年フランス国立行政学院卒業(国際行政修士)。フランス国立東洋言語文化学院国際関係修士コースを中断し、在フランス大使館勤務。1994年に帰国後、南東アジア第一課補佐、国連政策課補佐、大臣官房総務課総括補佐、条約局法規課首席事務官、北米局北米第一課首席事務官。2004から在アメリカ合衆国日本国大使館参事官(経済部、政務部)。2007年に帰国後、アジア大洋州局北東アジア課日韓経済室長兼朝鮮半島政策調整官、大臣官房広報文化交流部文化交流課長。2011年から外務大臣秘書官。2012年12月から国際法局条約課長。2015年9月から国際連合日本政府代表部政務公使。2018年7から大臣官房参事官兼G20サミット事務局長(大使)。2019年7月から総合外交政策局参事官兼サイバー政策担当大使。2020年8月から総合外交政策局審議官兼国際安全保障・サイバー政策担当大使。



Ambassador (International Security Policy, Cyber Policy)
Deputy Assistant Minister, Foreign Policy Bureau,
Ministry of Foreign Affairs of Japan (MOFA)
Joined MOFA in 1989 upon graduation from the University of Tokyo Law School. Graduated from the French Ecole nationale d’administration (ENA) in 1991. Interrupting studies at the international relations graduate course of the French Insitut national de Langues et de Civilizations orientales, served in the Embassy in Paris. Back in MOFA, worked on South East Asian affairs, UN Policy including Security Council reform, management, and North American affairs. Served as Counsellor at the Embassy in Washington, DC from 2004 to 2007. At Director level, worked on Japan-Korea economic affairs, denuclearization of the Korean Peninsula, cultural diplomacy. After serving as Executive Assistant to the Foreign Minister, was deeply involved in Japan’s new defense legislation and security cooperation as Director for Treaties from 2012 to 2015. From 2015 to 2018, served as Political Minister of the Permanent Mission of Japan to the UN and led the Security Council team. From July 2018, served as Secretary-General for the G20 Osaka Summit (Ambassador) for a year. Was assigned to the current post in July 2019. Speaks Japanese, English, French and understands Spanish.


閉じる

1A-3

「サイバー×取締役会」視点からのクロスボーダー危機対応

The Growing Cyber Risk: Building resilience for corporate leadership to combat cyber threats
ショバン・ゴーマン
ブランズウィック・グループ
パートナー

Siobhan Gorman
Partner
Brunswick Group
ショバン・ゴーマン

ショバン・ゴーマン
ブランズウィック・グループ
パートナー

Siobhan Gorman
Partner
Brunswick Group


【プロフィール詳細】
危機、M&A、訴訟等の重要局面に特化した、英戦略コンサルティング会社ブランズウィック・グループのワシントンDC支社のパートナー。サイバー危機におけるレピュテーション管理を得意とする。世界のグローバルトップ企業の経営者・取締役会に対し、危機対応、訴訟等、会社の命運を左右する局面での対応戦略から、平時のパブリックアフェアーズやメディア対応までを幅広く支援。

ブランズウィック参画前は、米ウォールストリートジャーナルにて、ピュリッツアー賞に3度にわたりノミネートされたトップ記者として活躍(サイバー、インテリジェンス担当)。データ漏洩時における、規制当局、マスコミなどの各ステークホルダーの目線や期待値を熟知。

Siobhan Gorman is a Partner in Brunswick’s Washington, DC office, where she concentrates on crisis, cybersecurity, public affairs, and media relations. As a co-chair of the global Cybersecurity and Privacy practice, Siobhan has also led a range of cybersecurity, public affairs, litigation, and corporate reputation projects in the financial, retail, airline, and technology sectors, including Delta Air Lines, Southwest Airlines, Under Armour, and HBO. Siobhan has advised a range of companies around the world on cyber preparedness and response issues, including companies headquartered in Hong Kong, Japan, China, and Singapore.

She is a member of the Senior Advisory Group for Harvard University’s Defending Digital Democracy Project, which is focused on preventing and mitigating cyberattacks on the election process, and she has advised state and local election officials around the country on cyber crisis management. She is also member of the Advisory Committee for Brown University's Executive Master in Cybersecurity. Last year, Siobhan hosted a weekly consumer cybersecurity segment on local CBS stations, called “Eye on Cyber.”

Prior to joining Brunswick, Siobhan had a successful 17-year career as a reporter, most recently at The Wall Street Journal. At The Journal, she covered a range of national security and law enforcement topics, including counterterrorism, intelligence, and cybersecurity. She has been nominated three times for the Pulitzer Prize.

閉じる

Moderator
藤井彰夫
日本経済新聞社論説委員長
Akio Fujii
Chair of Editorial Committee
Nikkei
藤井彰夫

藤井彰夫
日本経済新聞社論説委員長
Akio Fujii
Chair of Editorial Committee
Nikkei


【プロフィール詳細】
1985年日本経済新聞社入社。経済部、ニューヨーク、ワシントン駐在記者、経済金融部次長、編集委員兼論説委員、欧州総局(ロンドン)編集委員、ワシントン支局長、国際アジア部長、Nikkei Asian Review(NAR)編集長、編集局総務兼グローバル編集本部長、上級論説委員などを経て2020年より現職。
早稲田大学政治経済学部経済学科卒。
著書に「G20~先進国・新興国のパワーゲーム」(2011年、日本経済新聞出版社)、「イエレンのFRB~世界同時緩和の次を読む」(2013年、同)、「日本経済入門」(2018年、同)、「リブラの野望」(2019年、共著、同)など。

Since he joined in 1985, he has held various positions with Nikkei, including being the Bank of Japan and Ministry of Finance correspondent, New York Bureau Correspondent, Chief Correspondent for economic affairs at Washington Bureau from 1998 to 2002, London based Senior Writer from 2009 to 2011 and Washington Bureau Chief from 2012 to 2014.
He has also served as Senior Editor for International News Department, Editor-in-Chief for Nikkei Asian Review from 2015 to 2016, Senior Managing Editor, Head of Global News Operations from 2016 to 2017, Senior Editorial Writer from 2017 to 2020.
He covered issues related to global governance, economic policy and international finance.
Fujii obtained his BA in Economics from Waseda University in Tokyo.

Main publication:
G20-The Great Game in 21stCentury (2011, Nikkei)
Yellen’s Federal Reserve(2013 Nikkei)
Introduction for Japan’s Economy(2018 Nikkei) Ambition of Libra(2019 Nikkei)

閉じる

1B-3

セキュリティ運用とリスク管理業務の“作業自動化のコツ“とは?
貴重な人財には“分析・判断“に注力させましょう!

How to Automate Tasks of Security Operation and Risk Management
- Make Valuable Employees focus on Analyzing and Judging -
高山 勇喜
サービスナウジャパン
執行役員
ソリューションセールス統括本部
統括本部長

Yuki Takayama
Solution Sales Dep.
Senior Director,
ServiceNow Japan
高山 勇喜

高山 勇喜
サービスナウジャパン
執行役員
ソリューションセールス統括本部
統括本部長

Yuki Takayama
Solution Sales Dep.
Senior Director,
ServiceNow Japan


【プロフィール詳細】
ServiceNow Japanにおける、ソリューション営業部門の責任者。各種ソリューション特性にフォーカスした営業活動およびマーケティング活動をリードする役割。加えて、日本市場に有用なリファレンス顧客の情報や利活用導入事例をグローバルからロールインする役割、および、日本のお客様、および日本のパートナー様や当社アカウント営業本部から上がって来る製品に関する日本市場要望をグローバルR&Dチームへとロールアウトする役割。 1996年 SAPジャパン株式会社に入社後、会計コンサルタント、プロジェクトマネージャー、営業部長職などを経て、2015年 ハイブリス事業本部 事業本部長に就任。B2B/B2Cを問わず、同社のほぼすべての業種および製品の販売に従事。18年10月より現職。

Yuki Takayama is the Senior Director of Solution Sales for ServiceNow Japan. He drives the sales strategy through the introduction of entire ServiceNow Product suite to the Japan market. He leverages global references and Use-Cases that are of great benefit to the Japanese Customer Base and the local market. Through his close engagement with the Partner and Sales Organisation he is able to impact core R&D requirements for the Japan market via ServiceNow HQ. Prior to joining ServiceNow Japan, Mr. Takayama was the Head of SAP Hybris Japan, responsible for a broad product strategy across every industry sector.

閉じる

1A-4


 
P.M.
1A-5
TBD
1A-6
TBD
1A-7
データは社会を救うか~個⼈情報活⽤のロールモデルを探る
Can Data Save Society? -- Exploring Role Models in the Use of Personal Information

Session Overview »

データは社会を救うか~個⼈情報活⽤のロールモデルを探る
Can Data Save Society? -- Exploring Role Models in the Use of Personal Information

【講演概要】
新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐ目的で個人情報を活用する事例が各国で注目を集めた。プライバシーに配慮しながら濃厚接触を見つけ出す仕組みはデータ活用の方法はデータ活⽤のロールモデルとなり得るのか。データを社会・経済に役立てるにはどのようなリスクを想定し、どういう姿勢でデータと向き合う必要があるのか。専門家が議論する。

The use of personal information to prevent the spread of coronavirus has been attracting a lot of attention. Can a system for finding concentrated contacts while still preserving privacy be a model for the use of data? What risks and attitudes need to be taken to make use of data for social and economic benefits?

閉じる

Panelist
三角育生
国立情報学研究所客員教授
東海大学情報通信学部客員教授

Ikuo Misumi
Visiting Professor at the National Institute of Informatics
Guest Professor at the School of Information and Telecommunication Engineering, Tokai University
三角育生 博士(工学)

三角育生 博士(工学)
国立情報学研究所客員教授
東海大学情報通信学部客員教授

Ikuo Misumi
Visiting Professor at the National Institute of Informatics
Guest Professor at the School of Information and Telecommunication Engineering, Tokai University


【プロフィール詳細】
2012年6月から内閣サイバーセキュリティセンター(NISC、改組前:情報セキュリティセンター)に内閣参事官として、16年6月から内閣審議官・同センター副センター長として勤務し、サイバーセキュリティ基本法制定・改正に内閣側として取り組んだとともに、同法に基づくサイバーセキュリティ戦略の立案とりまとめ(2015版及び2018年版)や各種基準等の見直しを行った。また、日本年金機構を含む重大なサイバーセキュリティ事象への対応などインシデントレスポンスの指揮等も多数行っている。

NISC勤務前は、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易審査課長、同商務情報政策局情報セキュリティ政策室長、(独)情報処理推進機構セキュリティセンター長等を歴任し、情報セキュリティガバナンスの推進、情報セキュリティ技術対策の促進などサイバーセキュリティに関連する業務の他、外為法に基づく審査、同審査の業務改革・情報化推進、コンピュータ2000年問題対応、90年代にワッセナーアレンジメント設立に関する国際交渉等に従事してきた。

2018年8月から2020年7月まで経済産業省大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官兼内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター内閣審議官兼内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室長代理(副政府CIO)として、社会や組織のデジタライゼーションとサイバーセキュリティを一体として進める政策などに取り組んだ。

Starting as an officer at the then Ministry of International Trade and Industry (MITI; currently the Ministry of Economy, Trade and Industry, METI), Dr. Misumi has long served in the Government of Japan, especially in the fields of security export control and cybersecurity policy. Most recently, he has served in the National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC) since 2012 and was in charge of a number of important tasks, including the thorough revision of the “Management Standards for Information Security Measures for the Central Government Computer Systems,” the establishment of the Basic Act on Cybersecurity of 2014 and its amendment in 2016, and the formation of the Cybersecurity Strategy (2015).

Since 2016 to 2018, he served as Deputy Director-General and oversees the entire staff and operations of the NISC. Since August 2018 he serves as Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat, METI / Councillor, NISC, Cabinet Secretariat / Deputy Government Chief Information Officer, National Strategy Office of Information and Communications Technology, Cabinet Secretariat, Government of Japan. In July 2020, he left the Government of Japan.

In the early stage of his career, he engaged in the international negotiation for the preparation of the Wassenaar Arangement on Export Controls for Conventional Arms and Dual-Use Goods and Technologies as a government expert in the mid 90s. Prior to joining the NISC, he was the Director of Security Export License in METI (2009-2012). In this position, he contributed to making Japan’s export control systems more effective and efficient by developing innovative approaches, such as reengineering the licensing processes and introducing an examination system with advanced DBs and achieved the reformation of these systems.

He received his master’s degree in 1987 and Ph.D. in Engineering (Precision Machinery Engineering) in 2004 from the University of Tokyo. Also he has a master’s degree in Management awarded from the Claremont Graduate School (CA,USA) in 1995.

閉じる


Panelist
村井純
慶応義塾大学教授
Jun Murai
Distinguished Professor, Keio University
高市早苗

村井純
慶応義塾大学教授
Jun Murai
Distinguished Professor, Keio University

Moderator
村山恵一
日本経済新聞社
コメンテーター

Keiichi Murayama
Commentator, Nikkei Inc.
村山恵一

村山恵一
日本経済新聞社
コメンテーター

Keiichi Murayama
Commentator, Nikkei Inc.


【プロフィール詳細】
1992年東北大学法学部卒、日本経済新聞社入社。東京本社編集局産業部に配属、情報通信・エレクトロニクス、自動車、医療、金融などの業界を担当。2004~05年に米ハーバード大学留学。05~09年に米シリコンバレー支局勤務。12年編集委員。15年論説委員を兼務。17年2月から編集局コメンテーター。担当分野はIT、スタートアップ。著書に『STARTUP起業家のリアル』(日本経済新聞出版社)などがある。山形県出身。

Keiichi Murayama formerly served as the U.S. Silicon Valley bureau chief of Nikkei Inc., and was a senior staff writer and an editorial writer of Nikkei. After earning his undergraduate degree at Tohoku University in 1992, he joined the Business News Department of Nikkei in Tokyo as a staff writer. He covered technology, medical, automotive, and financial news. After he joined the Program on US-Japan Relations of Harvard University, he went on to oversee the U.S. Silicon Valley Bureau for a few years. He's authored "Rise and Fall of the IT Empire - Steve Jobs Revolution” and “STARTUP - Real of Entrepreneurs”.

閉じる

1A-8


 
1A-9

リモートワーク環境も狙われる!経営を揺るがすサイバー脅威への効果的な対策

Countermeasures against cyber threat
纐纈昌嗣
日本IBM 執行役員
セキュリティー事業本部長

Masatsugu Koketsu
VP, IBM Security
纐纈昌嗣

纐纈昌嗣
日本IBM 執行役員
セキュリティー事業本部長

Masatsugu Koketsu
VP, IBM Security


【プロフィール詳細】
1987年に京都大学大学院工学研究科修了後、日本電気株式会社に入社しソフトウェアの開発と事業アライアンスに従事。その後サン・マイクロシステムズ株式会社のストレージ事業本部長、プロダクトマーケティング本部長、アクセンチュア株式会社でデータセキュリティ担当のパートナー、レッドハット株式会社で常務執行役員パートナー統括本部長を歴任。セキュリティー製品のソフォス株式会社で代表取締役社長、統合ログ管理製品のSplunk Japanではカントリーマネジャを務め2017年12月1日付で執行役員IBMセキュリティー事業本部長に就任。

After completing the Graduate School of Engineering, Kyoto University in 1987, he joined NEC Corporation and engaged in software development and business alliances. Afterwards, he was Manager of Storage Business Division, Product Marketing Division of Sun Microsystems Japan, Partner of Data Security at Accenture Japan, Managing Executive Officer of Red Hat Japan. Most recently, he was President of Sophos Japan, and Country Manager of Splunk Services Japan. As of December 1, 2017, he was inaugurated as Vice President of Security, IBM Japan.

閉じる

1B-9

組織が一丸となってDXを実現するために、必要不可欠な「セキュリティトランスフォーメーション」とは

"Security Transformation" is the key for DX in entire organization to perfom the real DX
廣川裕司
セキュアワークス
代表取締役社長

Hirokawa Yuji
President and Representative Director, SecureWorks Japan

廣川裕司

廣川裕司
セキュアワークス
代表取締役社長

Hirokawa Yuji
President and Representative Director, SecureWorks Japan


【プロフィール詳細】
神奈川県横須賀市生まれ。
1981年、慶応義塾大学工学部卒業。同年、日立製作所に入社。03年7月、サン・マイクロシステムズに移籍。06年11月、日本BEAシステムズ社代表取締役。08年2月オープンソースソフトウェア(OSS)分野での世界トップベンダである米国レッドハット社において本社副社長兼レッドハット株式会社の代表取締役社長に就任。日本の事業を3倍以上に拡大。16年12月ミドクラジャパン代表取締役社長就任。17年3月ビックデータのリーディング企業であるホートンワークスジャパン株式会社執行役員社長に就任し大きな事業成長を実現。 19年 6月セキュアワークス株式会社代表取締役社長に就任。

Born in Yokosuka City, Kanagawa Prefecture. Graduated from Keio University Faculty of Engineering in 1981. In the same year, joined Hitachi. Transferred to Sun Microsystems in July 2003. In November 2006, Representative Director of Japan BEA Systems. February 2008 Appointed as Vice President of Red Hat Co., Ltd. and President of Red Hat Japan, the world's top vendor in the open source software (OSS) field. Expand business in Japan more than 3 times. Mar. 2017 Big Data Data Leader Company Horton Works Japan. June 2019 assumed the position of President of SecureWorks Japan

閉じる

古川勝也
セキュアワークス
主席上級セキュリティアドバイザー

Furukawa Katsuya
Japan Marketing Lead, SecureWorks Japan

古川勝也

古川勝也
セキュアワークス
主席上級セキュリティアドバイザー

Furukawa Katsuya
Japan Marketing Lead, SecureWorks Japan


【プロフィール詳細】
1969年兵庫県生まれ。
元マイクロソフト株式会社 セキュリティ戦略責任者 兼 エグゼクティブ・セキュリティ・アドバイザー。Dell Technologies のセキュアワークスの日本支社設立当時から参画し、企業のCIO,CSO向けのセキュリティアドバイザリーおよび、市場開発に従事。。日本Linux協会理事、日本ネットワークセキュリティ協会 理事兼マーケティング部会長、セキュリティ対策推進協議会 理事、itSMF Japan 理事、SEA/J 理事、IPA 情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会 メンバー、早稲田大学理工学部非常勤講師などを歴任。CISSP, CISA (公認情報システム監査人)

Born in Hyogo prefecture in 1969. Former Chief Strategy Officer and Executive Security Advisor of Microsoft Corporation. Participated since the launch of the Secureworks Japan as a part of Dell Technologies. Engaged in security advisory and market development for corporate CIOs and CSOs.Director of Japan Linux Association, Director of Japan Network Security Association and Chairman of Marketing Department, Director of Security Measures Promotion Council, Director of itSMF Japan, Director of SEA / J, Member of Study Group on Handling of Vulnerability Information such as IPA Information Systems, Faculty of Science and Technology, Waseda University Served as a speaker. Lisenced CISSP, CISA.

閉じる

1A-10
「2つのデジタル世界」にどう向き合うか
How to Face the ‘Two Digital Worlds’

Session Overview »

「2つのデジタル世界」にどう向き合うか
How to Face the ‘Two Digital Worlds’

【講演概要】
米国率いる西側諸国と中国との間で世界のデジタル覇権を争う動きが⼀段と加速している。この分断は新型コロナウィルス感染拡大をきっかけに⼀段と深まる。中国の脅威と米中の分断は世界にサイバーセキュア社会の実現にどのような影を落とすのか。

The struggle for global digital supremacy between the U.S.-led West and China is gaining momentum. This division has deepened with the spread of the new coronavirus. What kind of shadow will the Chinese threat and the division between the U.S. and China cast over the world's cybersecure society?

閉じる

Speaker
ナイジェル・インクスター
英国際戦略研究所(IISS)
シニアアドバイザー
英情報局秘密情報部(MI6)元副長官

Nigel Inkster
Senior Advisor to the International Institute for Strategic Studies (IISS)
Former assistant chief and director of operations and intelligence for Britain's Secret Intelligence Service (MI6)
ナイジェル・インクスター

ナイジェル・インクスター
英国際戦略研究所(IISS)
シニアアドバイザー
英情報局秘密情報部(MI6)元副長官

Nigel Inkster
Senior Advisor to the International Institute for Strategic Studies (IISS)
Former assistant chief and director of operations and intelligence for Britain's Secret Intelligence Service (MI6)


【プロフィール詳細】
ナイジェル・インクスター氏は2017年より国際戦略研究所(IISS)でシニア・アドバイザーを務めている。それ以前からIISSでフルタイムで働いており、07年からはフューチャーコンフリクトとサイバーセキュリティ部門の責任者を務めた。IISSで働くかたわら、テロリズム、越境犯罪、反政府活動、紛争とサイバーセキュリティの変化する特性などについて、幅広い国際セキュリティ問題について執筆、発信している。

IISSに参加する前は、英国秘密情報部において31年間勤務。04年〜06年には副長官とオペレーション・インテリジェンス部門長を務めた。

現在はIISSの活動に加え、英国と中国の政府職員と民間有識者が参加して意見交換する「トラック1.5英国-中国サイバーセキュリティダイアログ」を含む様々な準外交活動も行なっている。

インスクター氏は世界経済フォーラムテロリズムコミッティ の議長を務め、サーバースペース安定のためのグローバルコミッションでは委員を務めた。現在は、ロンドンにある中国専門のマクロ経済コンサルタント会社エノド・エコノミクスに地政学分析とインテリジェンス分析を提供している。

インクスター氏の出版物には、IISSアデルフィシリーズより出版された「中国のサイバーパワー」や、近々出版される「The Great De-coupling: China, America and the Struggle for Technological Supremacy(大いなるデカップリング 中国、アメリカとテクノロジー覇権をめぐる争い)」などがある。

Nigel Inkster has been Senior Advisor to the International Institute for Strategic Studies (IISS) since June 2017. Prior to that he worked full -time at IISS, latterly as Director for Future Conflict and Cyber Security beginning in 2007. Whilst at IISS he has written and broadcast on a wide range of international security issues including terrorism, transnational crime, insurgency, the changing character of conflict and cybersecurity.

He has also conducted a range of para-diplomatic activities including a Track 1.5 UK- China Cyber Security Dialogue.

His publications include China’s Cyber Power published in the IISS Adelphi series and a forthcoming book entitled The Great De-coupling: China, America and the Struggle for Technological Supremacy.

He has served as Chairman of the World Economic Forum’s Terrorism Committee and as a Commissioner on the Global Commission for the Stability of Cyber Space.He currently contributes geopolitical and intelligence analysis to Enodo Economics, a London-based macro-economic consultancy specialising in China.

Prior to joining IISS he served for thirty-one years in the British Secret Intelligence Service. From 2004 to 2006 he was Assistant Chief and Director for Operations and Intelligence.

閉じる

Panelist
中谷昇
Zホールディングス常務執行役員 / Group Chief Trust & Safety Officer
初代インターポールIGCI総局長

Noboru Nakatani
Group Chief Trust & Safety Officer,
Z Holdings The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation
中谷昇

中谷昇
Zホールディングス常務執行役員 / Group Chief Trust & Safety Officer
初代インターポールIGCI総局長

Noboru Nakatani
Group Chief Trust & Safety Officer,
Z Holdings The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation


【プロフィール詳細】
1993年に警察庁入庁。神奈川県警察外事課長、国家公安委員会補佐官、警察庁情報技術犯罪対策課課長補佐を経て、インターポール(国際刑事警察機構)へ。インターポールで経済ハイテク犯罪対策課長(2007~08)、ITシステム局長兼CISO(2008~11)を歴任後、国際組織犯罪対策官(2011~12)として警察庁に戻る。インターポールがサイバー犯罪対策の拠点としてINTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)をシンガポールに設置することを決めるとその初代総局長として赴任(2012~18)。在職中はIGCIの創設にリーダーシップを発揮するとともに、”Innovation in Policing”を掲げ、IGCIをサイバー犯罪のみならずテロや環境犯罪等国際的な警察協力が不可欠な組織犯罪対策の拠点に発展させた。IGCI総局長勤務後、国際課長(2018)として警察庁へ復帰。2019年3月に退官し、4月より現職。

Mr. Nakatani is the Corporate Officer, Executive Vice President of Public Affairs and Cybersecurity, of Yahoo Japan Corporation. He is in charge of developing the company’s overall policies on government affairs as well as overseeing cybersecurity issues.
Former positions at the National Police Agency (NPA) of Japan include Special Advisor to the Commissioner General, Executive Director of International Affairs, as well as other high-ranking appointments at the NPA.
Furthermore, Mr. Nakatani was the first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation, which was established in Singapore in 2015 to enable the law enforcement to better combat cybercrime, and he has held other positions at INTERPOL’s General Secretariat headquarters in Lyon, France.

閉じる


 
Moderator
土屋大洋
慶応義塾大学教授
Motohiro Tsuchiya
Professor, Keio University
土屋大洋

土屋大洋
慶応義塾大学教授
Motohiro Tsuchiya
Professor, Keio University


【プロフィール詳細】
慶應義塾大学総合政策学部長、教授。1999年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。2019年10月より現職。14年3月から15年2月まで米国イースト・ウエスト・センター客員研究員。19年4月より日本経済新聞客員論説委員を兼任。第15回中曽根康弘賞受賞。主な著書に「サイバー・テロ 日米vs.中国」(文藝春秋、12年)、「サイバーセキュリティと国際政治」(千倉書房、15年)、「暴露の世紀」(角川新書、16年)、「アメリカ太平洋軍の研究」(編著、千倉書房、18年)など。

Dr. Motohiro Tsuchiya is dean and professor of Faculty of Policy Management at Keio University in Japan. He is also serving as guest editorialist of Nikkei since April 2019. He authored Intelligence and National Security (Tokyo: Keio University Press, 2007, in Japanese), Cyber Terror (Tokyo: Bungeishunju, 2012, in Japanese), Cyber Security and International Relations (Tokyo: Chikura Shobo, 2015, in Japanese) and co-authored Cybersecurity: Public Sector Threats and Responses (Boca Raton, FL: CRC Press, 2012) and 20 other books. He earned his BA in political science, MA in international relations, and Ph.D. in media and governance from Keio University. He received 15th Nakasone Yasuhiro Award in 2019.

閉じる

DAY 2 11月25日(水)
November 25 (Wed)
時間 プログラム
A.M.
2A-1
Special Speech
2A-2
ニューノーマルの安全保障・インテリジェンス戦略(仮)
Cyberdefense and intelligence strategies in the COVID-19 era (tentative)
Speaker
マイク・ロジャース
ブランズウィック・グループ上級顧問
海軍大将(退役)
米国家安全保障局(NSA)前長官
米サイバー軍前司令官

Mike Rogers
Senior Advisor of Brunswick Group
U.S. Navy (retired)
Former Director of the National Security Agency
Former Commander, U.S. Cyber Command
マイク・ロジャース

マイク・ロジャース
ブランズウィック・グループ上級顧問
海軍大将(退役)
米国家安全保障局(NSA)前長官
米サイバー軍前司令官

Mike Rogers
Senior Advisor of Brunswick Group
U.S. Navy (retired)
Former Director of the National Security Agency
Former Commander, U.S. Cyber Command


【プロフィール詳細】
前米国家安全保障局長官、前米サイバー軍司令官。2014-18年までの間、オバマ政権、トランプ政権下にて、米政府最大のインテリジェンス機関である国家安全保障局(NSA)、国防省傘下の大型戦闘組織、サイバー軍を率いた海軍大将。

在職中は、米政府トップや国内のインテリジェンス関係者に加え、世界各国の政府機関とも幅広く連携する中で、米国のサイバー、インテリジェンス、テクノロジー分野の政策立案をリードした。

19年より英戦略コンサルティング会社ブランズウィック・グループの上級顧問に就任。現在は、民間企業の取締役として経営トップへの助言を行う傍ら、世界中でサイバー、テクノロジー、地政学のテーマで講演活動を行っている。

Mike Rogers retired from the Navy in 2018, rising to four star admiral. He culminated his career serving simultaneously as Commander, U.S. Cyber Command and Director, National Security Agency – creating the U.S. Department of Defense’s (DoD) then newest large warfighting organization and leading the U.S. government’s largest intelligence organization.

He worked extensively with the leadership of the U.S. government, the DoD, and the U.S. Intelligence community as well as their international counterparts in the conduct of cyber and intelligence activity across the globe. He also assisted in the development of national and international policy with respect to cyber, intelligence and technology – including extensive work with corporate leadership in the private sector.

He has been a Senior Advisor at the Brunswick Group since July 2019. He serves on several board of directors and advises multiple companies in the private sector while speaking globally on cyber security, technology, geopolitics and leadership.

閉じる

Moderator
佐々木孝博
元海上自衛隊海将補
元在ロシア防衛駐在官
広島大学・東海大学客員教授

Takahiro Sasaki
Rear Admiral, Japan Maritime Self-Defense Force (retired)
Former Defense Attache in Russian Federation
Visiting Professor, Hiroshima University and Tokai University
佐々木孝博

佐々木孝博
元海上自衛隊海将補
元在ロシア防衛駐在官
広島大学・東海大学客員教授

Takahiro Sasaki
Rear Admiral, Japan Maritime Self-Defense Force (retired)
Former Defense Attache in Russian Federation
Visiting Professor, Hiroshima University and Tokai University


【プロフィール詳細】

【学歴】

1986年 3月
防衛大学校(電気工学) 卒業
1998年 6月
オーストラリア海軍大学幕僚課程 修業
(クイーンズランド工科大学大学院管理学準修士課程 修業)
2008年 7月
英国国防情報学校国際情報主任課程 修業
2010年 3月
日本大学大学院総合社会情報研究科(国際情報)博士前期課程 修業

【職歴】

1986年 4月
海上自衛隊入隊
1992年 8月
米海軍第3艦隊司令部海自連絡官兼戦術システムインターオペラビリティセンター連絡官
1996年 8月
海上幕僚監部総務課兼副官
2001年 8月
護衛艦「ゆうべつ」艦長
2004年 6月
(外務省出向)在ロシア日本国大使館防衛駐在官兼参事官
2007年12月
情報本部分析部課長
2009年12月
第8護衛隊司令
2010年12月
統合幕僚監部サイバー企画調整官
2013年 3月
自衛隊広島地方協力本部長
2015年 3月
指揮通信開発隊司令
2017年 8月
海上自衛隊幹部学校未来戦研究所室長
2017年12月
下関基地隊司令
2018年12月
退職(退職時 海将補)

現在
㈱富士通システム統合研究所 安全保障研究所 主席研究員
広島大学 大学院社会科学研究科 客員教授(2018年10月~)
東海大学 平和戦略国際研究所 客員教授(2019年4月~)
明治大学 サイバーセキュリティ研究所 客員研究員(2020年8月~)

【Academic Background】

March, 1986
Graduated from National Defense Academy, Bachelor of Electrical Engineering
Jun, 1998
Graduated from Royal Australian Naval Staff College and received Graduate Certificate in Management from Queensland University of Technology
July, 2008
Graduated from British Intelligence School at International Intelligence Directors Course
March, 2010
Graduated from Nihon University and received Master degree of International Relations

【Career Background】

April, 1986
Joined Japan Maritime Self-Defense Force and entered Officer Candidate School, JMSDF
August, 1992
Liaison Officer at Commander Third Fleet, U.S. Navy and Navy Center for Tactical Systems Interoperability
August, 1996
Aide to Vice Chief of Staff, JMSDF
August, 2001
Commanding Officer, JS YUUBETSU, DE-224
June, 2004
Defense and Naval Attaché in Russian Federation
December 2007
Chief of Division, Analysis Department, Defense Intelligence Headquarters
December, 2009
Commander, Escort Division Eight
December, 2010
Cybersecurity Coordinator, C4 Systems Department (J6), Joint Staff
March, 2013
Director of Provincial Cooperation Office in Hiroshima
March, 2015
Commanding Officer, C4I Systems Center
August, 2017
Chief of Office, Institute for Future Warfare Studies, JMSDF Staff College
December, 2017
Commander, Sub Area Activity, Shimonoseki, JMSDF
December, 2018
Retired from JMSDF as Rear Admiral and assumed Research Principal, National Security Institute, Fujitsu Systems Integration Laboratories

Also, Visiting Professor, Tokai University and Hiroshima University, and Visiting Researcher, Meiji University


閉じる

2A-3
TBD
2A-4

サプライチェーンセキュリティリスクに備えよ ~分極化する世界における情報戦~

Be prepared, securing your supply chain
Speaker
國分俊史
多摩大学大学院 教授
ルール形成戦略研究所 所長
パシフィックフォーラム シニアフェロー

Kokubun Toshifumi
Professor, Tama University,
Director, Rule Making Strategy Research Center,
Senior Fellow, Pacific Forum
國分俊史

國分俊史
多摩大学大学院 教授
ルール形成戦略研究所 所長
パシフィックフォーラム シニアフェロー

Kokubun Toshifumi
Professor, Tama University,
Director, Rule Making Strategy Research Center,
Senior Fellow, Pacific Forum


【プロフィール詳細】
シンクタンク、IT企業社長室、米国系戦略ファームであるA.T.カーニーのプリンシパルなどを経て2016年より現職。
経済安全保障を起点とするルール形成の専門家として、エコノミック・ステイトクラフトへの対応策やサイバーセキュリティ政策など多様なテーマについて、与党や政府の委員会、アドバイザーを歴任。(著書「エコノミック・ステイトクラフト 経済安全保障の戦い」)

He is the Director and Professor of the Center for Rule-making Strategies, Tama University since 2016. Prior to this position, he has worked at a thinktank, the President's office of an IT company, and as a Principal of A.T. Kearney, which is a strategic consulting firm in the U.S.
He specializes in rule-making strategy triggered by changes in national security policies. He also holds advisory roles at the Liberal Democratic Party and other government agencies regarding various strategic planning of economic statecraft and cyber security. He has recently published a book in Japan titled Economic Statecraft: War of National Security Economy.

閉じる

Moderator
中谷昇
Zホールディングス常務執行役員 / Group Chief Trust & Safety Officer
初代インターポールIGCI総局長

Noboru Nakatani
Group Chief Trust & Safety Officer,
Z Holdings The first Executive Director of INTERPOL Global Complex for Innovation

Panelist
三角育生
国立情報学研究所客員教授
東海大学情報通信学部客員教授

Ikuo Misumi
Visiting Professor at the National Institute of Informatics
Guest Professor at the School of Information and Telecommunication Engineering, Tokai University
Panelist
園田道夫
国立研究開発法人情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンター
センター長

Sonoda Michio
Director Genreal, National Cyber Training Center, National Institute of Information and Communications Technology
園田道夫

園田道夫
国立研究開発法人情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンター
センター長

Sonoda Michio
Director Genreal, National Cyber Training Center, National Institute of Information and Communications Technology


【プロフィール詳細】

中央大学大学院理工学研究科博士(工学)課程修了
2003年よりNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)非常勤研究員
2004年より独立行政法人情報処理推進機構(IPA)非常勤研究員
2004年より経済産業省、IPA主催セキュリティ・キャンプ実行委員・講師等
2007年4月サイバー大学IT総合学部准教授
2007年より白浜サイバー犯罪シンポジウム危機管理コンテスト審査委員
2012年よりSECCON実行委員(事務局長)
2014年4月サイバー大学IT総合学部教授(2017年退官)
2016年 国立研究開発法人情報通信研究機構セキュリティ人材育成研究センター長
2017年 国立研究開発法人情報通信研究機構ナショナルサイバートレーニングセンター長
   現在に至る
2018年、情報セキュリティ文化賞表彰
2018年より日本ハッカー協会理事


Completed doctoral (engineering) course at Chuo University Graduate School of Science and Engineering
Part-time researcher at NPO Japan Network Security Association (JNSA) since 2003
Since 2004, Part-time Researcher, Information-technology Promotion Agency (IPA)
Since 2004, Ministry of Economy, Trade and Industry, IPA sponsored security camp executive committee, lecturer, etc.
April 2007 Associate Professor, Faculty of IT, Cyber University
Shirahama Cybercrime Symposium Crisis Management Contest Jury since 2007
SECCON executive committee (secretary general) since 2012
April 2014 Professor, Faculty of IT, Cyber University (retired in 2017)
2016 –
Director, General
Cyber Security Human Resource Development Research Center,
National Institute of Information and Communications Technology
2017-
Director Genreal,
National Cyber Training Center, National Institute of Information and Communications Technology
Until now


閉じる


Panelist
清水智
トレンドマイクロ 執行役員 政策・連携戦略推進部 シニアエキスパート
サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム 代表理事
日本サイバー犯罪対策センター(JC3) 理事

Shimizu Satoshi
Executive Director, Senior Expert, Policy and Partnership Strategy Enablement Div. Trend Micro,
Representative Director, Cybercrime Investigation Knowledge Forum,
Director, Japan Cybercrime Control Center
清水智

清水智
トレンドマイクロ 執行役員 政策・連携戦略推進部 シニアエキスパート
サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム 代表理事
日本サイバー犯罪対策センター(JC3) 理事

Shimizu Satoshi
Executive Director, Senior Expert, Policy and Partnership Strategy Enablement Div. Trend Micro,
Representative Director, Cybercrime Investigation Knowledge Forum,
Director, Japan Cybercrime Control Center


【プロフィール詳細】
2002年トレンドマイクロ入社、製品開発部門、セキュリティのコアテクノロジー部門での品質マネジメントや事業継続マネジメントの責任者を歴任。2012年より統合型リスクマネジメントの重要性を認識し社内に専門チームを発足。大規模スポーツイベントのセキュリティ、サイバーセキュリティ、リスクマネジメント、人材育成などのマネジメント領域における専門家。2020年10月よりトレンドマイクロ・日本本社のCISOを拝命。

Satoshi Shimizu is the CISO (Chief Information Security Officer) of Trend Micro, and an expert in cyber security, large-scale sporting event security, risk management and cyber security workforce development. Prior to this role, Satoshi had led quality management and business continuity management in product development and core security technology div. in Trend Micro since 2002. In 2012, Satoshi established an internal organization for integrated risk management.
Satoshi also holds other roles at nonprofit cybersecurity organizations including Representative Director of Cybercrime Investigation Knowledge Forum and Director of Japan Cybercrime Control Center (JC3).

閉じる

P.M.
2A-5
TBD
2A-6
TBD
2A-7
命を守るサイバーセキュリティー~医療崩壊狙う攻撃急増、世界はどう動くべきか
Protecting Lives with Cybersecurity: As Attacks Target Medical Facilities, What Should the World Do?

Session Overview »

命を守るサイバーセキュリティー~医療崩壊狙う攻撃急増、世界はどう動くべきか
Protecting Lives with Cybersecurity: As Attacks Target Medical Facilities, What Should the World Do?

【講演概要】
新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、医療機関へのサイバー攻撃が急増している。多くは大流行への対応の弱体化を⽬的としている。世界各地で数十万人が新型ウイルスの感染症により死亡し、感染者が数百万に上るいま、医療の重要性はかつてないほど高まっている。世界的流⾏と闘う最前線にいる医療機関を⼈命を脅かす可能性のある攻撃から守るにはどうすればいいのか。この教訓をほかの重要インフラ防衛にどう生かせばいいのか。

Since the coronavirus started to spread, there has been a surge of cyberattacks on healthcare facilities. Many of them appear to be aimed at weakening the response to the pandemic. With hundreds of thousands of people dying from the coronavirus worldwide and millions more infected, the healthcare system is more important than ever. How can medical institutions on the front lines of the global pandemic fight be protected from potentially deadly attacks? How can we apply these lessons to defend other critical infrastructure?

閉じる

Speaker
クー・ブーン・フイ
インターポール元総裁
元シンガポール警視総監

Khoo Boon Hui
Former President, INTERPOL
Former Commissioner of the Singapore Police Force
クー・ブーン・フイ

クー・ブーン・フイ
インターポール元総裁
元シンガポール警視総監

Khoo Boon Hui
Former President, INTERPOL
Former Commissioner of the Singapore Police Force


【プロフィール詳細】
クー・ブーン・フイ氏は、1997年〜2010年までシンガポール警視総監を務め、08年から12年にはインターポールで総裁を務めた。シンガポール警察での勤務後、10年から14年まで内務省上級次官補を務めた。政府機関を退職後は、内務省の上級顧問に任命、次いで上級研究員に任命された。内務省上級研究員の契約は16年に終了している。クー氏は現在も、シビル・サービス・カレッジとホーム・チーム・アカデミーの上級研究員を務めている。

クー氏はインターポールの顧問であるとともに、銀行、ヘルスケア、セキュリティー、サーバーセキュリティ、防衛、カジノ規制、慈善活動の各分野の顧問や役員を務めている。また、国土安全保障の法執行と安全面での協力に関する米国とシンガポールの対話の最初の3回の会議、サイバー犯罪に関するASEAN高級官僚ラウンド・テーブルの最初の2回の会議、そしてシンガポール安全都市実験プラットホーム構想でそれぞれ共同議長を務めた。現在はアジア太平洋地域のセキュリティーに関する産官学の専門家によるミリポル・アジア・パシフィック会議の議長でもある。

Khoo Boon Hui was the Commissioner of the Singapore Police Force from 1997 to 2010 and also served as President of INTERPOL from 2008 to 2012.

After his stint in the Police, Mr Khoo was appointed Senior Deputy Secretary of the Ministry of Home Affairs from 2010 to 2014. Upon his retirement from government, Mr. Khoo was appointed the Senior Advisor and subsequently Senior Fellow of the Ministry of Home Affairs on contracts which ended in 2016. He remains a Senior Fellow of the Civil Service College and the Home Team Academy.

He is an Advisor to INTERPOL, and holds advisory and board positions in Banking, Healthcare, Security, Cybersecurity, Defense, Casino Regulation, and Philanthropy. He co-chaired the first three US-Singapore Law Enforcement Homeland Security and Safety Co-operation Dialogue with his US counterparts and the first two ASEAN Senior Officials’ Roundtable on Cybercrime as well as the Singapore Safe City testbed initiative. He is the current Chairman of the Milipol Asia Pacific Conference.

閉じる

Moderator
深津博
医療ISAC 代表理事
愛知医科大学 医療情報部長・特任教授、放射線科専門医

Hiroshi Fukatsu
Representative Officer, Medical ISAC Japan
MD, Professor & Manager of Medical Informatics Division, Aichi Medical University Hospital
深津博

深津博
医療ISAC 代表理事
愛知医科大学 医療情報部長・特任教授、放射線科専門医

Hiroshi Fukatsu
Representative Officer, Medical ISAC Japan
MD, Professor & Manager of Medical Informatics Division, Aichi Medical University Hospital


【プロフィール詳細】
1985年名古屋大学医学部卒業。2000年より名古屋大学医学部附属病院准教授、2006年より日本医療コンシェルジュ研究所の代表に就き、医療コンシェルジュの育成(1000人以上)および医師事務作業補助者の基礎知識研修(3500人以上)を実施。2009年より愛知医科大学医療情報部長・特任教授。2014年に一般社団法人メディカルITセキュリティフォーラム代表理事に就任。2019年10月に団体名を一般社団法人医療ISACに改名。

Hiroshi Fukatsu MD, Professor & Manager of Medical Informatics Division, Aichi Medical University Hospital, Certified Radiologist, Certified Social Medicine Trainer
Representative Officer, Medical ISAC Japan

Graduated from Nagoya University school of Medicine in 1985.
Became Assistant Professor, Nagoya University Hospital in 2000.
Shifted to the current status since 2009.
Also plays a role as the representative director of Japan Medical Concierge Laboratory in 2006.
Offering medical concierge training courses for more than 1000 students,
and basic training for medical clerks for more than 3500 students.
Founded Medical IT Security Forum in 2014 and became the representative officer.
Organization name changed to Medical ISAC Japan in October 2019

閉じる


2A-8

新常態時代の攻撃者の進化と対応

Cyber criminal evolution in new nomal era and our action
与沢和紀
NTTセキュリティ・ジャパン
代表取締役社長
NTTセキュリティ グローバル最高技術責任者(CTO) 兼務

Kazunori Yozawa
CTO and Regional CEO, Japan, NTT Security

与沢和紀

与沢和紀
NTTセキュリティ・ジャパン
代表取締役社長
NTTセキュリティ グローバル最高技術責任者(CTO) 兼務

Kazunori Yozawa
CTO and Regional CEO, Japan, NTT Security


【プロフィール詳細】
多くのR&D及び新サービス開発に従事した経験を経て、2011年より自社グループ及び顧客のサイバーセキュリティ対策に従事。日本でのサービスをリードすると共に、グローバルに分散するチームを率いてサイバー攻撃者及び攻撃手法の情報収集、AIを活用した検知技術の開発及び拡張、DX時代の新たな対策検討委、並びに将来のコネクテッドワールドに向けたサイバーセキュリティ対策のためのイノベーションに注力。電子工学学士、米国(スタンフォード大学)にて経営学修士を取得。

After being engaged in variety of R&D topics and service development, he has been engaged in cyber security defense for NTT group and enterprise clients since 2011. He is responsible for security business in Japan as well as global innovation on cyber security detection and defense with globally distributed R&D team, by collection of threat intelligence, cyber-attack methods analysis and detection technology using proprietary AI technologies. The area of cyber defense expands into new era of Digital transformation and IoT.
He earned Bachelor of Science in Electrical Engineering and Master degree in business administration at Stanford.

閉じる

2B-8

グローバルセキュリティガバナンスの理想と現実

The Ideals and Realities of Global Security Governance
丸山満彦
PwCコンサルティング
パートナー

Mitsuhiko Maruyama
Partner, PwC Consulting

丸山満彦

丸山満彦
PwCコンサルティング
パートナー

Mitsuhiko Maruyama
Partner, PwC Consulting


【プロフィール詳細】
25年にわたり製造業、サービス業、金融機関、政府などの幅広い業種に対するサイバーセキュリティ、ITリスク分野のコンサルティング、監査に携わる。内閣官房に出向し、内閣官房サイバーセキュリティセンターの立ち上げ、政府統一基準の策定、改訂に関与。ISMS制度の立ち上げ、普及にも関わる。内閣官房、総務省、経済産業省などの有識者委員に多数就任しているほか、複数のセキュリティ関連団体の理事、監事も務める。

閉じる

名和利男
PwC Japan グループ
サイバーセキュリティ最高技術顧問

Toshio Nawa
Chief Technical Advisor, Cyber Security, PwC Japan Group

名和利男

名和利男
PwC Japan グループ
サイバーセキュリティ最高技術顧問

Toshio Nawa
Chief Technical Advisor, Cyber Security, PwC Japan Group


【プロフィール詳細】
航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮 システムなどのセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。 その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャ、JPCERTコーディネーションセンター 早期警戒グループのリーダーを経て、株式会社サイバーディフェンス研究所に参加。 専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を生かして、CSIRT構築、サイバー演習、および新しい領域のフォレンジックの国内第一人者として、支援サービスを提供している。 外部コンサルタントとしてPwC Japan グループの最高技術顧問を務める。

閉じる

2A-9

これからのサイバーセキュリティを再定義する

Re-Define the Future of Cybersecurity
森玄理
富士通
サイバーセキュリティ事業本部
本部長

Motomichi Mori
Head of Cybersecurity Business Unit, Fujitsu

森玄理

森玄理
富士通
サイバーセキュリティ事業本部
本部長

Motomichi Mori
Head of Cybersecurity Business Unit, Fujitsu


【プロフィール詳細】
事業の責任者として、セキュリティライフサイクルにおけるお客様の悩みを解決し、お客様ビジネスの前進を支援するために、コンサルティングサービス・マネージドサービス・プロフェッショナルサービスを中心とした包括的なセキュリティ施策を提供している。
これまでに、グローバルITガバナンスの責任者やFujitsu North AmericaのマネージドITシェアサービスのディレクターを歴任。約8年間の米国駐在経験を有する。

He is responsible for offering the comprehensive security with consulting services, managed services and professional services that support customers solve their security lifecycle challenges and accelerate their businesses.
Mr. Mori was previously responsible for corporate global IT governance strategies and played a Director role of managed IT shared services for Fujitsu North America companies. He has the experiences residing in US for about 8 years.

閉じる

2B-9

ゼロトラスト×オンプレ共存環境で求められるエンドポイントセキュリティの最前線

The Leading Edge of Endpoint Security for Coexisting Zero Trust and On-Premises Environments
楢原盛史
タニウム
リード・セキュリティ・アーキテクト CISSP、CISA

Morifumi Narahara
Lead Security Architect CISSP, CISA,
Tanium
楢原盛史

楢原盛史
タニウム
リード・セキュリティ・アーキテクト CISSP、CISA

Morifumi Narahara
Lead Security Architect CISSP, CISA,
Tanium


【プロフィール詳細】
タニウム合同会社のリード・セキュリティ・アーキテクトである楢原盛史は、トレンドマイクロ社、シスコシステムズ社、ヴイエムウェア社のセキュリティ営業、コンサルタント、アーキテクトを歴任し、特に経営層向けにセキュリティ対策のあり方から実装、運用までを包含した、「現場」目線における鋭い視点は多くのファンを持つ。

Morifumi Narahara is the Lead Security Architect of Tanium Japan & South Korea with a wide variety of experience and knowledge, having served as a Security Consultant, Sales, and also an Architect for Trend Micro, Cisco Systems, and VMware. His resourceful ideas and sharp analysis in conducting security measures and technical operation have been attracting a lot of his fans, especially fans in management levels.

閉じる

2A-10
未知の世界のサイバーセキュリティー
Cybersecurity in the Unknown Future: 5G and beyond

Session Overview »

未知の世界のサイバーセキュリティー
Cybersecurity in the Unknown Future: 5G and beyond

【講演概要】
サイバー空間は日進月歩の進化を遂げている。セキュリティーのあり方も今と同じでは決してありえない。瞬時に大量のデータ量をやり取りする次世代通信規格「5G」ではこれまでとは違った次元の安全策が不可欠。さらに先をみると、現在使われている公開鍵は10年後には破られ、ネット上の安全な通信が脅かされる可能性がある。⼀方でブロックチェーンを活用する分散型のネットワークは不正アクセスや情報漏えい、データ改ざんのリスクが軽減するとされている。これらの技術は私たちに何をもたらすのか。サイバーセキュア社会はどのようなかたちになっていくのか。未知の世界のサイバーセキュリティーを展望する。

Cyberspace is constantly evolving, and security will never be the same. The next generation communications standard, 5G, which allows massive amounts of data to be exchanged in an instant, requires security measures of a different order. Looking further ahead, the public security keys currently in use may be broken in 10 years' time, threatening secure communications over the internet. At the same time, decentralized networks using blockchain will reduce the risk of unauthorized access, information leakage and data tampering. What are the implications of these technologies? What will a cybersecure society look like?

閉じる

Panelist
盛合志帆
情報通信研究機構(NICT)
経営企画部 統括 兼 サイバーセキュリティ研究所 上席研究員

Shiho Moriai
Managing Director, Strategic Planning Department / Executive Researcher,
Cybersecurity Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology(NICT)
盛合志帆

盛合志帆
情報通信研究機構(NICT)
経営企画部 統括 兼 サイバーセキュリティ研究所 上席研究員

Shiho Moriai
Managing Director, Strategic Planning Department / Executive Researcher,
Cybersecurity Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology(NICT)


【プロフィール詳細】
国立研究開発法人情報通信研究機構 経営企画部 統括 兼 サイバーセキュリティ研究所 上席研究員。1993年京都大学工学部情報工学科卒。2003年 博士(工学)(東京大学)。日本電信電話(株), ソニー株式会社等勤務を経て2012年より現組織。共通鍵暗号の設計, 安全性解析, 標準化やPlayStationプラットフォームのセキュリティ, 著作権保護に関する研究開発等に従事。現在、JST CREST「人工知能」研究課題「プライバシー保護データ解析技術の社会実装」を推進するほか、CRYPTREC暗号技術評価委員会委員等を務める。情報処理学会平成17年度業績賞等受賞。経済産業省平成23年度工業標準化事業表彰、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰(科学技術賞)など受賞

Shiho Moriai is a Managing Director of Strategic Planning Department, and an Executive Researcher of Cybersecurity Research Institute, NICT. She received the B.E. degree from Kyoto University in 1993 and Ph.D. from the University of Tokyo in 2003. She has worked at NTT Laboratories, Sony Computer Entertainment, Inc. as a Research Scientist, and Sony Corporation as a Distinguished Researcher. She has been involved in design, analysis and standardization of block ciphers. She has also worked on designing security architectures of PlayStation platforms. She drives the JST CREST “Artificial Intelligence” research project “Social Implementation of Privacy-Preserving Data Analytics”. She also serves as a member of CRYPTREC Cryptographic Scheme Committee for Japan e-Government. She was awarded IPSJ Industrial Achievement Award in 2006, Minister's Award of The Ministry of Economy, Trade and Industry, the Industrial Standardization Awards in 2011, and Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology in 2014.

閉じる

Panelist
花村実
米マイクロソフト
チーフ・セキュリティー・アドバイザー

Minoru Hanamura
Chief Security Advisor, Microsoft
花村実

花村実
米マイクロソフト
チーフ・セキュリティー・アドバイザー

Minoru Hanamura
Chief Security Advisor, Microsoft


【プロフィール詳細】
Chief Security Advisorとして将来的動向を踏まえた戦略的イニシアティブをリードし、製品・サービス開発の方向性を提示。主に北アジア(日本、中国、香港、台湾、韓国)のお客様とパートナーを担当。、インテリジェント クラウド、インテリジェント エッジ活用における適切なリスク管理によるデータ保護の知見を政府機関および重要インフラ企業に助言。

RSAにて不正リスクインテリジェンス分野専門領域のトレンドおよびアンダーグラウンドマーケット動向に関するセキュリティエバンジェリストを務める。Dell、Intel、IBMで様々なテクノロジー関連ポジションを歴任。

電気通信大学 (情報理論、学士)、テンプル大学 (Fox School of Business, MBA)。CISSP (Certified Information Systems Security Professional)、CCSP (Certified Cloud Security Professional)、公認不正検査士 (Certified Fraud Examiner、CFE) の各資格を保有。

As the Chief Security Advisor (CSA) for Microsoft Cybersecurity Solutions Group (CSG), Minoru Hanamura leads Microsoft’s initiatives and operations to provide thought leadership and strategic direction on the development of Microsoft security products and services, as well as maintain deep customer and partner engagement across Japan, Korea, and the Greater China Region. He consults with governments, critical infrastructure organizations and enterprises across the region to enable them to secure corporate data and manage risk while taking advantage of the opportunities presented by today’s intelligent cloud, intelligent edge world.

Prior to his current role, Minoru was with the Cybersecurity Solutions Group focused on empowering Japanese enterprises to confidently move to the cloud and modernize their platforms by delivering the security solutions, expertise and services needed to keep their infrastructure & information safe.

A technology industry veteran, before joining Microsoft, Minoru was the Senior Business Development Manager with EMC Japan’s RSA Security division where he served as an evangelist in Fraud Risk Intelligence and a subject matter expert on fraud trends and the cybercrime underground market. He has also held key technical positions at several technology multinational corporations in Japan, including Dell, IBM and Intel.

Minoru graduated from the University of Electro-Communications in Tokyo, Japan, with a Bachelor’s Degree in Computer Science and received his Master of Business Administration degree from Temple University’s Fox School of Business and Management in Philadelphia, United States. He also holds the Certified Information Systems Security Professional (CISSP), Certified Cloud Security Professional (CCSP), and Certified Fraud Examiner(CFE) certifications.

閉じる


Panelist
田原康生氏
総務省サイバーセキュリティ統括官
Yasuo Tawara
Director-General for Cybersecurity, Ministry of Internal Affairs and Communications, Japan
田原康生氏

田原康生氏
(総務省サイバーセキュリティ統括官)
Yasuo Tawara
Director-General for Cybersecurity, Ministry of Internal Affairs and Communications, Japan


【プロフィール詳細】

昭和38年7月8日生

出身地
千葉県
最終学歴
昭和63年3月慶應義塾大学大学院理工学研究科
採用試験
国家公務員採用Ⅰ種試験(電子)

略歴

昭和63年4月
郵政省採用
平成18年7月
総務省情報通信政策局技術政策課研究推進室長
併任情報通信政策局総合政策課ユビキタス情報家電推進室長
平成19年4月
情報通信政策局技術政策課研究推進室長
平成20年7月
総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課長
平成22年7月
総合通信基盤局電波部移動通信課長
平成25年6月
情報通信国際戦略局技術政策課長
平成26年7月
総合通信基盤局電波部電波政策課長
平成29年7月
九州総合通信局長
平成30年7月
総合通信基盤局電波部長
令和2年7月
サイバーセキュリティ統括官

Post:

Director-General for Cyber Security
Ministry of Internal Affairs and Communications

Final Education:

Master's degree, Graduate School of Science and Technology,
Keio University (March 1988)

Career in Government:

April 1988
Joining Ministry of Posts and Telecommunications*
* Reorganized as Ministry of Internal Affairs and Communications in January 2001
July 2006
Director, R&D Promotion Office, Technology Policy Division,
Communications Policy Bureau
July 2008
Director, Telecommunication Systems Division,
Telecommunications Business Department, Telecommunications Bureau
July 2010
Director, Mobile Communications Division,
Radio Department, Telecommunications Bureau
June 2013
Director, Technology Policy Division,
ICT Grobal Strategy Bureau
July 2014
Director, Radio Policy Division,
Radio Department, Telecommunications Bureau
July 2017
Director-General,
Kyushu Regional Bureau of Telecommunications
July 2018
Director-General, Radio Department,
Telecommunications Bureau
July 2020
Director-General for Cyber Security (Incumbent)

閉じる

Panelist
山内智生
内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター
副センター長 内閣審議官

Tomoo Yamauchi
Deputy Director-General, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat, Government of Japan
山内智生

山内智生
内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター
副センター長 内閣審議官

Tomoo Yamauchi
Deputy Director-General, National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity (NISC), Cabinet Secretariat, Government of Japan


【プロフィール詳細】
現職にて、サイバーセキュリティ戦略本部事務局を担当。現職就任前、同センター参事官として、2018年7月に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略のとりまとめを担当した他重要インフラ担当参事官も経験。総務省では、第4世代移動通信システム、多言語翻訳など情報通信関係の研究開発、携帯電話や無線LANの技術基準の策定などの電波監理を主に担当。

重要インフラ担当の際、分野横断的に必要度の高い対策をまとめた安全基準の策定、官民の情報共有体制の強化等についての重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画のとりまとめも担当。

August 2018, Tomoo Yamauchi assumed the position of Deputy Director-General, NISC. Between 2016 and 2018, he was in charge of Cybersecurity as Counselor of NISC, and preparing new Cybersecurity Strategy decided by Cabinet July last year and draft amendment of Cybersecurity Basic Act. Before that, he was in charge of policies regarding research, development and promotion of space communications and of those results at Ministry of Internal Affairs and Communications. In addition, he has a variety of experience in ICT policies. His previous assignments include Director of Research and Development Office, Deputy Director of Land Mobile Communications Division and Satellite Mobile Communications Division.

Also, he was in charge of protection of information systems in the critical infrastructure. He was especially engaged in facilitation of mutual information exchange among various critical information infrastructure sectors and construction of effective information distribution between the government and related sectors. He played very active role in preparing the 3rd Basic Policy of Critical Information Infrastructure Protection summarized in 2014.

He joined MIC in 1989, and before joining MIC, he received an M.E. degree in applied system science from Kyoto University.

閉じる


Moderator
村井純
慶応義塾大学教授
Jun Murai
Distinguished Professor, Keio University
高市早苗

村井純
慶応義塾大学教授
Jun Murai
Distinguished Professor, Keio University

+EXTRA Session 11月26日(木)
November 26 (Thu)
時間 プログラム
P.M.
3A-1
一からわかるサイバーセキュリティー~中小企業編
Cybersecurity at a Glance for SMEs
Panelist
江口純一
経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官
内閣官房サイバーセキュリティセンター内閣審議官

Junichi Eguchi
Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat , Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan
Councillor, Cabinet Secretariat, Government of Japan
The National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity
江口純一

江口純一
経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官
内閣官房サイバーセキュリティセンター内閣審議官

Junichi Eguchi
Deputy Director - General for Cybersecurity and Information Technology, Minister’s Secretariat , Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan
Councillor, Cabinet Secretariat, Government of Japan
The National center of Incident readiness and Strategy for Cybersecurity


【プロフィール詳細】
昭和39年8月29日生
東京都出身
昭和63年3月
早稲田大学理工学部卒業
平成 2年3月
早稲田大学大学院理工学研究科修了
平成 2年4月
通商産業省入省
大臣官房情報管理課
平成 3年4月
貿易局貿易保険課情報システム室
平成 5年7月
基礎産業局生物化学産業課
平成 8年5月
機械情報産業局計量行政室総括班長
平成10年6月
基礎産業局鉄鋼課技術振興室調整班長
平成13年1月
産業技術環境局技術振興課課長補佐
平成14年6月
岩手県商工労働観光部産業振興課長
平成16年4月
資源エネルギー原子力政策課課長補佐
平成17年6月
産業技術環境局産業技術政策課課長補佐
平成18年7月
内閣府政策統括官(科学技術政策担当)付企画官
平成20年6月
JETROロンドン事務所次長
平成23年7月
商務情報政策局情報セキュリティ政策室長
平成24年4月
商務情報政策局情報処理振興課長
平成26年7月
資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課
原子力発電所事故収束対応室汚染水対策官
平成28年4月
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部セキュリティセンター長
平成30年4月
独立行政法人情報処理推進機構 理事
令和 2年7月
現職
Date of Birth
 
August 29th, 1964
 
Education
 
Mar 1990
Waseda University, Master of Engineering
Mar 1988
Waseda University, Bachelor of Engineering
Career Chronology
 
July 2020
Current position
Apri 2018
Vice Chairman, IPA
Apri 2016
Joined Information-technology Promotion Agency, Japan(IPA) General Manager, IT Security Center, Technology Headquarters
July 2014
Director for management to contaminated water, Nuclear Energy Policy Planning Division, Agency for Natural Resources and Energy, METI
April 2012
Director, Information Service Industry Division, Commerce and Information Policy Bureau, METI
July 2011
Joined METI
Director, IT Security Policy Office, Commerce and Information Policy Bureau
June 2008
Joined JETRO UK (Japan External Trade Organization United Kingdom) Deputy Director-General
April 1990
Joined METI

閉じる

Moderator
梶浦敏範
日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会 代表理事
日立製作所上席研究員 (ICT政策)
日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査

Toshinori Kajiura
President, Japan Cybersecurity Innovation Committee
Senior Researcher, Hitachi (ICT Policy)
Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security, Keidanren
梶浦敏範

梶浦敏範
日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会 代表理事
日立製作所上席研究員 (ICT政策)
日本経済団体連合会サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査

Toshinori Kajiura
President, Japan Cybersecurity Innovation Committee
Senior Researcher, Hitachi (ICT Policy)
Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security, Keidanren


【プロフィール詳細】

1981年、株式会社日立製作所入社。エンジニアリングワークステーション、タブレットPC、郵便区分機や金融システムの開発を手がける。2001年に新規事業開拓部門の部長職に就き、2003年以降、小泉内閣や麻生内閣のIT戦略などICT政策に関与。ICT/データの利活用促進について研究や政策提言を続けている。2016年より上席研究員を務める。
日本経済団体連合会ではデジタルエコノミー推進委員会企画部会長代行、サイバーセキュリティ委員会サイバーセキュリティ強化ワーキンググループ主査を務める。14年間ICT政策に関与し、インターネット・エコノミー促進に向けた提言(2012年~)やサイバーセキュリティに関する提言(2015年~)をとりまとめている。2017年、一般社団法人日本サイバーセキュリティ・イノベーション委員会代表理事に就任。他に、経済産業省サイバーセキュリティ研究会ワーキンググループ2(経営・人材・国際)座長も務める。

Kajiura joined JCIC as founding member in 2017. He currently also serves as a Senior Researcher of HITACHI and Chair of Working Group on Cyber-Security Enhancement, Committee on Cyber Security of Keidanren (Japan Business Federation) as well as its Acting Chair of Sub-Committee, Committee on Digital Economy. Kajiura joined HITACHI as computer scientist and experienced various fields such as R&D, marketing, business planning etc. related to ICT business to create new technology, new economy and new regulation for ICT utilization.
At Keidanren, he has worked on policy meetings and cooperated with IT strategy of Japanese government in Koizumi & Aso cabinets. Now he has responsibility for proposals on cybersecurity as a Chair of a working group. He is a regular member of international ICT conferences such as US-Japan Internet Economy Dialogue and EU-Japan ICT Work Shop. From 2017, he also serves as a Chairperson of METI's Working Group under the Study Group for Industrial Cybersecurity which focuses on management, personnel and international strategies.


閉じる


Panelist
野田幹稀
大阪商工会議所
経営情報センター
課長

Motoki Noda
Manager, Information Service Division, Osaka Chamber of Commerce and Industry
野田幹稀

野田幹稀
大阪商工会議所
経営情報センター
課長

Motoki Noda
Manager, Information Service Division, Osaka Chamber of Commerce and Industry


【プロフィール詳細】

1997年大阪商工会議所入所。総務広報部、大正・浪速・西成支部(中小企業向けの融資・経営相談・商店街活性化等)、中小企業振興部(商談会・農商工連携等)、流通・サービス産業部(地域ブランディング事業等)、人材開発部課長などを経て、2018年以降、経営情報センターにて、中小企業のサイバー攻撃対策支援事業を展開。2018年「中小企業を狙ったサイバー攻撃の実態を調査・分析する実証事業(神戸大学との共同研究)」「サプライチェーンにおける取引先のサイバーセキュリティ対策等に関する調査」、2019年・2020年「サイバーセキュリティお助け隊実証事業(経済産業省補助事業・IPAからの請負事業)」、2020年「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」受賞(団体受賞)、2020年「商工会議所サイバーセキュリティお助け隊サービス」事業化

1997
Entered into Osaka Chamber of Commerce and Industry
2001
General Affairs and Public Relations Division
2003
West District Branch(Financing and consulting for SMEs, Activities to revitalize local shopping streets)
2008
Small Business Promotion Division(Projects to create new commercial flow)
2011
Distribution&Service Industries Division(Increasing the attractiveness of Osaka)
2017
Manager, Human Resources Development Division
2018
Manager, Information Service Division(Some new projects to raise awareness on cybersecurity among SMEs)
Research to clarify actual situations of the cyber attacks aimed at SMEs
(Collaborative research with Kobe University)
Survey about cybersecurity measures in the supply chain
2019&2020
Demonstrating Measures for Supporting SMEs in Conducting Post-Accident
Measures Involving Cybersecurity (Cybersecurity Support Ranger)
(Adopted by METI and the IPA)
2020
Awarded Cybersecurity Encouragement Prizes of Minister for Internal Affairs and Communications for 2019(Groups)
Commercialization of Original cybersecurity support service for SMEs “CCI Cybersecurity OTASUKE-TAI(Cybersecurity Support Ranger)service”

閉じる

  • ※上部のプログラムのご聴講ご希望のセッションにチェックをいれて
    お申し込みください。

お問い合わせ


Contact