過去セミナー動画 開催概要 プログラム

日経BP 総合研究所
イノベーションICTラボ
戸川 尚樹

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、既存の製品・サービスを強化したり、新しいビジネスを創出するための有効な手段である。日経BP総研の独自調査レポート『DXサーベイ2 Withコロナ時代の実態と課題分析』によれば、企業規模が大きくなるほど、「既存製品・サービスの強化」と「新しい製品・サービスの創出」、「新しい市場への参入」の3つをDXの目的に挙げる割合が大きくなることが分かった。とはいえ、売り上げ拡大やCX(顧客体験)向上に向けたDXは容易ではない。

今回のITイノベーターズ会議では、
◎既存製品・サービスの強化
◎新しい製品・サービスの創出
◎新しい市場への参入
といったテーマについて、ITイノベーターズエグゼクティブメンバー約40名による議論や、DXに精通した有識者の講演によって、現状打開策を探る。

過去セミナー動画

2019年11月28日に開催したITイノベーターズサミットより

開催概要

日時

2021年9月17日(金)13:00~17:30

会場

オンライン開催

主催

日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ

協力

日経クロステック

イベントパートナー

アビームコンサルティング、アドビ、Dynatrace、アイ・アイ・エム、
インフォマティカ・ジャパン、日鉄ソリューションズ、オービック、
SATORI、トレジャーデータ(社名ABC順)

受講料

無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00-13:40

エグゼクティブメンバー講演(40分)

DXで成果上げるワークマン、「しない経営」の正体

ワークマン
専務取締役
土屋 哲雄 氏

デジタルトランスフォーメーション(DX)で成果を上げるには、D(デジタル活用)よりもX(変革)の方が重要である――。こうした考えのもと、デジタル化やデータ活用を推進し、ビジネス成果を上げているワークマン。同社の変革リーダーとして有名な土屋哲雄専務取締役が、ワークマン流の「しない経営」の正体や、デジタル変革の要諦、CIOの役割・責任、ITシステム導入の注意点などについて明快に語る。

13:50-14:20

イベントパートナー講演

13:50-14:00

データから体験へ 〜 ITが主導する、これからの顧客体験管理

アドビ
DXマーケティング&セールスデベロップメント本部
執行役員 本部長
祖谷 考克 氏

「顧客体験が重要」と言われて久しいが、 “顧客満足度” につながる「顧客体験」を提供できている企業はまだまだ一握り。部門に閉じた小手先の対応で “社内満足度” を上げるだけに終始しているケースも。この状況を打開するために、IT部門はインフラの保守/運用から、顧客体験管理の保守/運用へとその領域を広げていくことが求められているのではないでしょうか。

14:00-14:10

CX(顧客体験)の根幹をなすデータマネジメント戦略とは?

インフォマティカ・ジャパン
センターオブエクセレンス部 ソリューションアーキテクト
森本 卓也 氏

顧客体験へと繋がる新たなビジネスモデルや顧客エンゲージメントモデルを急ピッチで整理していく上で、既にある様々なデータに加え、結果として発生するデータをどう管理し活用につなげるか、は見落とされがちですが非常に重要な要素です。本講演では、企業全体で一貫した顧客体験を実現するための、戦略的なデータマネジメントの最適解について解説します。

14:10-14:20

ビッグデータに頼るな!
「リーンデータ」のススメ

アビームコンサルティング
Consumer Business Unit
ダイレクター
財部 透 氏

価値観の多様化と機能に対する効用の減少が進む中で、企業では複数の顧客セグメントを並行して拡大していくことが求められています。そのような市場環境の中で、ビッグデータ分析から事業成長の道筋が見えてこないことに課題意識を持たれている企業が増えてきています。本講演では、セグメント最適化に対し革命的な効果を及ぼすビッグデータ分析が、セグメント拡大局面においては効果を出せないメカニズムと、それを解決するためのリーンデータ(変革のモニタリング指標)駆動による経営管理手法を紹介させていただきます。

14:20-15:30

エグゼクティブメンバーが本音で語るディスカッション

「売り上げ拡大、CX向上に効くDX(前編)」

過去のディスカッションの様子

15:40-16:10

イベントパートナー講演

15:40-15:50

Beyond Marketing  

トレジャーデータ
執行役員
高木 一成 氏

マーケティング分野におけるデータ活用において、「CDP」というキーワードは認知を得るところとなりました。CDPは多岐に渡る顧客接点から得られた情報が統合された顧客データベースと捉えることもでき、CDPで統合した顧客データを活用する企業活動は、マーケティング領域に限定されません。マーケティング領域を超え、全社でTreasure Data CDPを活用する企業の最先端事例をご紹介するとともに、事例から明らかになった企業のDX推進のあるべき姿についてお話しします。

15:50-16:00

プレッシャーが増すデジタル部門、独自調査で判明したDXの課題と打開策 

Dynatrace
執行役員
日野 義久 氏

Dynatraceでは、2019年より欧米を中心としたGlobalの約700名のCIOに対してDX推進における課題や必要な取り組みに関する調査を行ってきており、その結果を数冊のレポートにまとめて発表しています。本講演では、調査結果により明らかになった課題や取り組みについて事例を交えて紹介し、DX推進に向けたチャレンジについて考察を行います。

16:00-16:10

協働・共感するマーケティングチームの作り方

SATORI
代表取締役
植山 浩介 氏

ビジネス環境が劇的に変化している中で、これからのマーケティング活動には、速さと柔軟さが求められる。計画を紙に書き、それをチームに渡していくようなバトンリレー型では限界がある。様々な専門性を持ったチームが1つの大きなチームとなって相互に強く結びつき、ラグビーのように最初から最後まで一緒に働くことが求められる。SATORIは全社マーケティング組織の運営及びナレッジマネジメントに、スクラム(Scrum@Scale)を導入し、変化に強い組織を目指している。コロナ禍を乗り越えた、SATORI流ナレッジマネジメントについてご紹介します。

16:10-17:30

エグゼクティブメンバーが本音で語るディスカッション

「売り上げ拡大、CX向上に効くDX(後編)」

過去のディスカッションの様子

本催事は終了いたしました。
次回11月17日イノベーターズサミットへのご参加を心よりお待ち申し上げます。

視聴環境事前ご確認のお願い

  • オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら
  • Webセミナー【ライブ配信】ご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナー【ライブ配信】にご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • ▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
    https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream
  • ※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください
  • ▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
    https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html
  • ※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
    Windowsブラウザ・・・Microsoft Edge、IE11、Firefox、GoogleChrome
    Macブラウザ・・・safari
    WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
    MacOS:macOS 最新版
  • ※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
    iOSデバイス(iPhone/iPad)・・・ iOS 10以上、safari
    Android・・・ Android 6以上、chrome
  • ※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

オンラインセミナー【Live配信】ご受講に際し、
以下の事項に同意のうえお申込ください。

  • 1.視聴に必要なURLは、登録完了メールに記載しています。また、MyPage(https://ers.nikkeibp.co.jp/user/myPageLogin/)からも確認ができます。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布はご遠慮ください。
  • 2.本催事の配信権利、著作は主催者と講演者にあり、受講時における、動画を録画・キャプチャーは禁止させていただきます。
    もし、発見した場合、主催者は権利保護のため削除依頼させていただきます。また、同様に許可のない、SNSなどへのアップも禁止します。
  • 3.セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、許可のない二次使用は著作件、肖像権、個人情報保護法違反となりますので、おやめください。
  • 4.回線、システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再配信などの対応は出来かねますので予めご了承下さい。
  • 5.配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

お問い合わせはこちらから