デビッド・コー

デビッド・コー
シンガポール・サイバーセキュリティー・コミッショナー
シンガポール・サイバーセキュリティー庁長官

David Koh
Commissioner of Cybersecurity
Chief Executive of the Cyber Security Agency of Singapore



【プロフィール詳細】

 シンガポール初のサイバーセキュリティーコミッショナーで、サイバーセキュリティー庁(CSA)の創設時からの長官。コミッショナーとして、サイバー攻撃を受けても重要なサービスが中断されないためにサイバー脅威やインシデントを調査する法的権限を有している。CSAの最高責任者として、国家のサイバーセキュリティー機能を専門的かつ集中的に監督するためのシンガポールの取り組みを指揮している。その取り組みには、サイバーセキュリティーに関する法律の施行、戦略・政策の策定、サイバーセキュリティーの運用、エコシステム、研究開発、能力開発、広報活動、国際的な活動などが含まれる。
 シンガポール政府技術庁(GovTech)、 DSOナショナル・ラボラトリーズ、シンガポール金融管理局(MAS)サイバーセキュリティ諮問委員会、ヘルスケア・サイバーセキュリティ・アドバイザリー・パネル(HCAP)の役員でもある。現在の職務に就く前はシンガポール軍に所属し、国防省とシンガポール国軍で様々な役職を務めた。歴任した主要な役職としては、国防省のサイバーチーフ、テクノロジー担当副長官、軍事安全部長、チーフシグナルズオフィサーなどがある。

Mr David Koh is Singapore’s first Commissioner of Cybersecurity and the founding Chief Executive of the Cyber Security Agency (CSA) of Singapore. As a Commissioner, he has the legal authority to investigate cyber threats and incidents to ensure that essential services are not disrupted in the event of a cyber-attack. Concurrently, as Chief Executive of CSA, he leads Singapore’s efforts to provide dedicated and centralised oversight of national cyber security functions. These include enforcing the cybersecurity legislation; strategy and policy development; cyber security operations; ecosystem, R&D and capability development, public outreach and international engagement. Mr Koh also sits on the Boards of the Government Technology Agency (GovTech), DSO National Laboratories (DSO), the Monetary Authority of Singapore (MAS) Cyber Security Advisory Panel and the Healthcare Cybersecurity Advisory Panel (HCAP). Prior to his current appointments, Mr Koh served in the Singapore Armed Forces and held various command and staff appointments in the Ministry of Defence and the SAF. He previously held the positions of Defence Cyber Chief; Deputy Secretary (Technology); Director Military Security and Chief Signals Officer.


閉じる