坂明

坂明
デジタル庁
CISO

Akira Saka
CISO,
Digital Agency



【プロフィール詳細】

1981年、警察庁に入庁。目黒警察署長、通商産業省(現経済産業省)通商政策局中南米室長、兵庫県警察本部長、国土交通省大臣官房審議官(自動車局担当)等を務めたほか、生活安全局セキュリティシステム対策室長、情報技術犯罪対策課長として勤務し、サイバー犯罪対策に従事。
2002年にはハーバード大学国際問題研究所(WCFIA)客員研究員としてサイバーテロの研究に従事し、2008年から2年間は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。
また、原子力規制委員会核セキュリティに関する検討会委員、国土交通省IT政策検討会委員、観光庁旅行業情報流出事案検討会委員、警察庁サイバーセキュリティ政策会議委員、国土交通省自動車検査証の電子化に関する検討会委員も務めた。本年開催された東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、同組織委員会CISOを務めた。
現在は、デジタル庁CISOのほか、公益財団法人公共政策調査会(CPP)専務理事、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)理事を務める。

Akira SAKA is the CISO of Digital Agency Japan and the CISO of The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games. He is also the managing director of the Council of Public Policy Japan, CPP, and a director of Japan Cybercrime Control Center, JC3. He served a career in the National Police Agency and other government agencies for 23 years, including serving as the Director of Cybercrime division, the Director of Security System Planning Office, and the Director of Latin America Office of MITI(now METI). He received a Bachelor of Laws from the University of Tokyo and a Master of Arts from Graduate School of Policy Science and was an associate of Weatherhead Center for International Affairs in Harvard in 2002.


閉じる