土屋大洋

土屋大洋
慶応大学教授
Motohiro Tsuchiya
Professor, Keio University


【プロフィール詳細】

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、慶應義塾常任理事。1999年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。2019年10月から21年7月まで慶應義塾大学総合政策学部学部長 21年8月から慶應義塾常任理事 。14年3月から15年2月まで米国イースト・ウエスト・センター客員研究員。19年4月より日本経済新聞客員論説委員を兼任。第15回中曽根康弘賞受賞。主な著書に「サイバー・テロ 日米vs.中国」(文藝春秋、12年)、「サイバーセキュリティと国際政治」(千倉書房、15年)、「暴露の世紀」(角川新書、16年)、「アメリカ太平洋軍の研究」(編著、千倉書房、18年)、「サイバーグレートゲーム―政治・経済・技術とデータをめぐる地政学―」(千倉書房、20年)など。

Dr. Motohiro Tsuchiya is Vice-President for Global Engagement and Information Technology at Keio University, and Professor at Keio University Graduate School of Media and Governance. He is also serving as guest editorialist of Nikkei since April 2019. He served as dean of Faculty of Policy Management at Keio University from October 2019 to July 2021. He authored Intelligence and National Security (Tokyo: Keio University Press, 2007, in Japanese), Cyber Terror (Tokyo: Bungeishunju, 2012, in Japanese), Cyber Security and International Relations (Tokyo: Chikura Shobo, 2015, in Japanese), Great Cyber Game (Tokyo: Chikura Shobo, 2020, in Japanese), and co-authored Cybersecurity: Public Sector Threats and Responses (Boca Raton, FL: CRC Press, 2012) and 20 other books. He earned his BA in political science, MA in international relations, and Ph.D. in media and governance from Keio University. He received 15th Nakasone Yasuhiro Award in 2019.


閉じる