企業のデジタル戦略の基礎であり、要になるのがデータの基盤となるストレージ。IoTで膨れ上がるデータや、AIの構築に使われる大量のデータなど、データの量も質もこれまでとは比べ物にならないレベルになってきます。一方で、溜まるデータを持て余したり、管理の手間ばかりが増えてしまったりして有効活用に至らないというケースも少なからずあります。クラウドもオンプレミスも一元管理し、急激に増えるデータにも容易に対応できる、そういったデータ基盤のための新たなアプローチとして SDS(ソフトウエア・ディファインド・ストレージ)への期待が高まっています。

 本Webセミナーでは、ストレージのソリューションに悩まれている方、今後のデジタル戦略を練られている方、AIやIoTにこれから取り組もうとされている方々を対象に、 DXの要となるストレージ戦略や様々なソリューションを、実例を交えて分かりやすく解説します。

本セミナーはオンラインセミナー(Live配信)です。
オンラインセミナー視聴マニュアルはこちら

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2020年6月18日(木)13:00~14:40(予定)
2020年6月29日(月)13:00~14:50(予定)
会場
オンライン(Live配信型 Webセミナー)
主催
日経クロステック Active
共催
日本ヒューレット・パッカード
特別協賛
インテル
協賛
Cohesity Japan,スキャリティ・ジャパン,SUSE ソフトウエア ソリューションズ ジャパン,Qumulo
対象
IT戦略・企画の立案に携わる方、ITインフラの導入・決定に携わる方
受講料
無料(事前登録制)

※下記プログラムからご視聴ご希望のセッションにチェックをいれてお申し込みください。

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

6月18日(木)プログラム

13:00~13:30

変革待ったなし、AI/IoT時代におけるデータ管理基盤

野瀬 哲哉 氏

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括
プロダクトアーキテクト統括本部 製品技術本部
ストレージソリューション部
野瀬 哲哉 氏

詳細はこちら

企業内におけるデータ活用の加速/推進は、IT戦略の最優先事項になっています。その最重要要素であるデータ管理基盤で、いますべきことは何か? 顧客のニーズに応える戦略やソリューションを交えご紹介します。

13:35~14:05

最新のデータ管理プラットフォームを事例を交えて紹介
~HPE+COHEISTYが提供する次世代ストレージ/バックアップ/データ利活用~

東 一欣 氏

Cohesity Japan
SEマネジャー
東 一欣 氏

詳細はこちら

データからより多くのビジネス価値を引き出すためには、データの活用を見据えたストレージおよびバックアップ基盤を導入する必要があります。本セッションでは、オンプレ、クラウド環境におけるファイルサーバーとバックアップおよびそれらの運用管理を劇的に改善する、HPEプラットフォーム上でのCOHESITYのSDSソリューションをデモを交えてご紹介します。

14:10~14:40

事例で解明、AIの力を引き出すデータ活用基盤の作り方

高野 勝 氏

スキャリティ・ジャパン
技術本部 技術本部長
高野 勝 氏

詳細はこちら

多くの企業でAI活用のためのデータ活用基盤の導入が急務となっていますが、実際に導入している企業はまだ2割程度と言われています。本セッションでは、実際の導入事例を参考にしながらAI基盤に向けたストレージにはどんな要素が必要なのか解説していきます。

6月29日(月)プログラム

13:00~13:20

困難さを増すばかりのデータ統合、解決の糸口とは
~AIの真価を導引き出すコンテナプラットフォーム~

加藤 茂樹 氏

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括 製品統括本部
ストレージ製品本部 製品部 カテゴリーマネージャー
加藤 茂樹 氏

詳細はこちら

データ分析基盤で悩むことはありません。オンプレミス、複数のパブリッククラウド、ハイブリッドモデル、エッジのどこでも実行でき、環境を統合し、クラウドネイティブと非クラウドネイティブの両方のアプリケーションを利用できる企業向けコンテナプラットフォームの機能とメリットについてご紹介します。

13:25~13:55

データ爆発への対応とコスト削減を両立、
オープンソース・ストレージソリューションの魅力

野儀 路子 氏

SUSE ソフトウエア ソリューションズ ジャパン
シニアストレージテクノロジスト
野儀 路子 氏

詳細はこちら

リモートワークやデジタル化の進展により今まで以上にデータが増大し管理が複雑になる中で、サーバーを活用してコストを抑えながら、運用の手間をかけずにシステム拡張できるソリューションが求められています。
ビジネスニーズに迅速に適応して、課題を解決しながら導入が広がっていることを、事例を交えてご紹介します。

14:00~14:30

ペタバイト級の非構造化データにも対応、
国内導入も本格化する新世代スケールアウトNAS

野瀬 哲哉 氏

日本ヒューレット・パッカード
ハイブリッドIT事業統括
プロダクトアーキテクト統括本部 製品技術本部
ストレージソリューション部
野瀬 哲哉 氏

詳細はこちら

企業の収集データはログ、センサー、画像、動画などの非構造化データまで広がり数百テラバイトやペタバイト級まで増大。そこでビジネスのデータ活用に向くのが新世代のスケールアウトNASです。グローバルで多くの顧客支持を得ている理由を分かり易くご紹介します。既存のスケールアウトNAS運用でお困りの皆さまも必見です。

14:35~14:50

■オンラインセミナー【Live配信】ご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。
  1. 視聴に必要なURLは、各日、配信前日までにご案内します。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。また、SNSなどへのアップも禁止します。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も再配信などの対応は出来かねますのでご自身でご調整ください。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お申し込み受付を終了しました

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから