お申し込み受付を
終了しました

 国内でもAI(人工知能)の導入が本格化し、様々な業種・用途で実用化が進んできました。特にデータ活用のニーズは高く、大量の業務データやログ、動画や画像、音声など多岐にわたるデータをAIで分析する動きが広がっています。

 ところがAIを活用したシステムを企画・検討あるいは実装する段階で「つまずく」ケースが出ています。中でも目立つのが運用管理の負担とパフォーマンスの問題です。前者はAI未経験のIT担当者が新たな運用管理に手間取る問題、後者は多種多様な大量のデータを処理してパフォーマンス不足に陥る問題です。解決策を見いだせない場合、AI実装プロジェクトが停滞または頓挫する危険性があります。

 そこで注目したいのが、仮想化技術を使った最新AIスイートです。データ分析ソフトやコンテナ、各種ライブラリー、GPUを搭載するラックマウントサーバーをパッケージ化した製品で、データ活用を阻む「つまずきポイント」を克服できるのが特徴です。具体的にはIT担当者はAIに関する運用管理を従来のITインフラと同様の環境で行えるほか、複数の仮想マシンから1つのGPUを同時に利用してパフォーマンスを最適化できます。AI導入の投資コストを抑えるメリットも期待できるでしょう。

 本セミナーではAI実装プロジェクトの「つまずきポイント」を改めて整理するとともに、解決策のヒント、そして今注目される最新AIスイートの実力に迫ります。AIを使ったデータ活用を手軽に始めたいユーザーやIT担当者の方はこの機会にぜひご参加ください。

本セミナーはオンラインセミナー(Live配信)です。

オンラインセミナー視聴マニュアルはこちら

開催概要

名称
AI実装「つまずきポイント」解決法、手軽に始められる新AIスイートの実力は?
~データ活用を阻む運用負担とパフォーマンス問題は仮想化・コンテナで克服!~
日時
2022117日(月)
13:00~14:00 (予定)
会場
オンラインセミナー
主催
日経クロステック Active
協賛
日本ヒューレット・パッカード、エヌビディア、ヴイエムウェア (ABC順)
受講料
無料(事前登録制)
受講対象
IT戦略・企画の立案に携わる方、ITインフラの導入・決定に携わる方

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:20

急速に広がるデータ活用、AI実装「つまずきポイント」を克服しよう

AIプランナー大西 可奈子 氏

プロフィールはこちら

2012年お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。博士(理学)。 同年、NTTドコモ入社。2016年より2年間、情報通信研究機構に出向。一貫して雑談対話システムの研究開発に従事。2020年より大手IT企業にてAIの導入や設計をリード。本業の傍ら、AIに関する講演や執筆、監修等も行う。東京スポーツ新聞「今さら聞けない AI時代の歩き方」連載、放送大学「数理・データサイエンス・AI リテラシー講座 心得」講師など多数。著書に「いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門」。

13:20~13:50

徹底討論!運用の負担とパフォーマンスの問題、AI基盤に求められる条件とは?

小沼 建人 氏

日本ヒューレット・パッカード
コアプラットフォーム事業統括
サーバー製品本部 製品部
カテゴリーマネージャー小沼 建人 氏

久保田 隆志 氏

エヌビディア
ソリューション アーキテクチャ&
エンジニアリング
シニアソリューションアーキテクト久保田 隆志 氏

橋本 晃久 氏

ヴイエムウェア
パートナ技術本部
ストラテジック アライアンス部
シニアテクニカルアライアンス
マネージャ橋本 晃久 氏

大西 可奈子 氏
<モデレーター>

AIプランナー大西 可奈子 氏

13:50~14:00

Q&A

お申し込み

■Webセミナーご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。

  1. 視聴に必要なURLは、登録完了メールでご確認ください。
    また、MyPageからも確認ができます。
    URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
    もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。また、SNSなどへのアップも禁止します。
  3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。
  4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も対応出来かねますのでご自身でご調整ください。
  5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンターセミナー係

お問い合わせ

お申し込み受付を
終了しました

日経BP