「国内大手企業の8割がAI(人工知能)を活用し、自社製品やサービスの革新に期待をかける」――。日経コンピュータと日本経済新聞が今年7~8月に実施した調査によると、既に多くの企業が自社の生産性向上やサービス向上にAIを活かす試みを進めており、競争力を保つにはもはやAIの導入が不可欠となっています。


しかし、AIの導入を試みる検証段階のケースもまだ多く、“PoC(概念検証)祭り”と揶揄されるほど闇雲にPoCを進めているのも事実です。PoCの段階でうまくいかなかったり、実際の運用で期待されるほどの効果が出ていなかったり、隠れた失敗プロジェクトも少なくありません。


今、AI導入を成功させるためには、成功事例やノウハウなどの研究が欠かせません。


そこで日経 xTECHは、成功事例やノウハウを集結し、これから導入を進める企業、検証段階の企業、既にAIを活用しているがさらなるステップアップを目指す企業の皆様に有用な情報を提供いたします。AIで他社をリードするために、本セミナーをぜひご活用ください。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2018年11月16日(金) 09:25~17:10 (開場 08:55)予定
会場
ホテル雅叙園東京 2F(旧:目黒雅叙園) (東京都目黒区下目黒1-8-1)
主催
日経 xTECH
共催
日経BP総研 イノベーションICTラボ / ビジネスAIセンター
プラチナ協賛
アマゾン ウェブ サービス ジャパン、ジェナ(ABC順)
ゴールド協賛
ギリア、日立産業制御ソリューションズ、KPMGコンサルティング、
LeapMind、SAS Institute Japan、
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(ABC順)
受講対象
企業の経営層、経営企画、商品開発、マーケティング、
人事/総務/経理/財務、情報システム部門の管理者、担当者など
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

ご希望の講演を選択してください。

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

各セッションをテーマ毎に色分けしています。

  • AI基盤/サービス

  • AI活用(ビジネス創造)

  • AI活用(生産性向上/働き方改革)

  • AI活用(セキュリティ)

  • AI活用(その他)

  • AI人材/コンサルティング

9:25~9:30

【主催者挨拶】

9:30~10:20

S-1【基調講演】【満席】

木村 俊也 氏

フリマを変革するメルカリのAI戦略
〜AIを活用した簡単出品と安全な売買〜

メルカリ
Engineering Manager of Engineering AI
木村 俊也 氏

詳細はこちら

メルカリでは「簡単な販売」と「安全な売買」を目的として、AIを活用する様々なシステムを開発してきた。これまでメルカリでお客様に提供してきた各種AIのシステムと効果、実サービスとして提供する際の難しさなど、現実的なAIの知見について説明する。加えて、これからAIをさらに活用していくための挑戦についても紹介する。

10:20~11:00

S-2【満席】

AI活用(生産性向上/働き方改革)

手塚 康夫 氏

コミュニケーションが資産に変わる
〜最新事例から見る、AIチャットボットと共に働く未来〜

ジェナ
代表取締役
手塚 康夫 氏

詳細はこちら

導入費用や運用負荷を理由にAIの採用に踏み切れない企業が多い中、AIのビジネス活用においてチャットボットの注目度が急速に高まっています。ビジネスの現場ではチャットボットに何が求められ、どのような業務で活用されて成果が出ているのか、法人向けAIチャットボットサービス「hitTO」を提供し、国内最大規模のAIチャットボットの導入実績を誇るジェナが、最新の事例やAIチャットボットが担う未来をご紹介します。

11:10~11:50

S-3【満席】

AI基盤/サービス

宇都宮 聖子 氏

高速AI開発と実運用を実現するクラウドソリューション

アマゾン ウェブ サービス ジャパン
技術統括本部
機械学習ソリューションアーキテクト
宇都宮 聖子 氏

詳細はこちら

お客様のビジネス課題を速やかに解決していただくためには、AI開発のツールやプラットフォームを使いこなしていただく必要があります。AI導入から実運用までを、多くのお客様にスムーズに実現いただけるよう、AWSは多くのお客様の声を反映して、AI開発プラットフォーム・サービスを開発を進めてきました。使い方や実際のお客様の活用事例も含めてご紹介致します。

12:00~13:00

昼休憩

A会場

B会場

13:00-13:40
A-1【事例講演】 【満席】

AIは一日にして成らず
~コールセンターへのAI本格導入に向けた二年間~

篠﨑 基 氏

損保ジャパン日本興亜
カスタマーコミュニケーション企画部
課長代理
篠﨑 基 氏

詳細はこちら

損保ジャパン日本興亜では、一部コールセンターに導入していた音声認識AIシステムを2018年3月より全国のコールセンターに本格導入しました。このシステムは、お客さまとの通話内容をAIによる音声認識技術でテキスト化し、コールセンターのアドバイザーにリアルタイムで最適な回答候補を表示するものです。今回はプロジェクトの立上げから本格導入に至るまでの発生課題や対応策、今後の展望についてご紹介いたします。

B-1【事例講演】 【満席】

AIを用いた臨床試験効率化の取組み

清水 良 氏

田辺三菱製薬
執行役員
フューチャーデザイン
部長
清水 良 氏

詳細はこちら

ひとつの医薬品の創製には数百億~1千億円規模の開発投資と十年前後の長い時間を要しますが、その中でもっともコストがかかる臨床試験の効率化に、当社と日立製作所の協創によって取り組んだ事例をご紹介します。「どこから手をつけるか」の議論を経て、両社の技術とノウハウを掛け合わせた事例を、異業種の方々にもご参考になるようにお話しいたします。

13:50-14:30
A-2 【満席】

AI活用(ビジネス創造)

ヒトとAIの協働が変える企業活動
~AI活用は”内製化”にヒントあり~

池田 拓史 氏

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
執行役員常務
データサイエンスグループ統括長
博士(理学)
池田 拓史 氏

詳細はこちら

先進事例は参考になるものの、現実的に自社に役立つAI活用方法を探りたいとお考えの方も多いと思います。現時点ではAIの真価は全自動化よりも、人間がAIを活用して業務を効率的に改善できるサイクルを確立できる点にあると考えられます。本セミナーでは活用のための基本知識や活用のための組織体制、進め方について、事例を交えながらお話します。

B-2【満席】

AI活用(生産性向上/働き方改革)

人工知能2018最新動向
~最強の深層強化学習で社会、
企業、ビジネスはこう変わる~

清水 亮 氏

ギリア
代表取締役社長
清水 亮 氏

詳細はこちら

我々ギリアは世界で最も「強く」、そして身近なAIの開発を目指しています。
昨今、中国脅威論やGAFA諦観論によって、日本のAI開発は世界からみて遅れていると言われています。本当にそうでしょうか。
本セッションは日本企業がAIにおいて世界に伍するために現状をどう考えるか、そして今何をすべきか論じます。

14:30~14:45

休憩

14:45-15:25
A-3

AI活用(ビジネス創造)

対話型AIの現在と未来
〜成長したチャットボットは人間を超えるのか?〜

椎名 茂 氏

KPMGコンサルティング
執行役員 パートナー
椎名 茂 氏

詳細はこちら

対話型AIであるチャットボットは日々進化し、ビジネスの様々な場面で活用されています。
チャットボットの活用事例を交えながら、チャットボット技術の現状と課題、この先どのような進化を遂げていくのかについて、モビルス株式会社 執行役員 柏原学様との対談形式で解説します。

B-3【満席】

AI基盤/サービス

AI実用化の鍵は「アナリティクス・ライフサイクル」に在り
~ビジネス価値創出に不可欠なオープン・AIプラットフォームとは~

畝見 真 氏

SAS Institute Japan
ビジネス開発グループ
エバンジェリスト
畝見 真 氏

詳細はこちら

AI/機械学習を活用したビジネス価値創出には「アナリティクス・ライフサイクル」が欠かせません。データを準備し、予測モデルを開発し、業務に実装する、このサイクルを素早く回し続けることが利益を生み出す鍵なのです。
企業内に散在する様々異なるオープンソース言語スキルを持つ分析者・人材を有効活用してサイクルを回し、ビジネス価値を創出できる比類なきオープン・AIプラットフォームであるSAS Viyaをご紹介します。

15:35-16:15
A-4 【満席】

AI活用(ビジネス創造)

組込みディープラーニングの現実と可能性

大嶋 尚一 氏<

LeapMind
Business Division・
Manager
大嶋 尚一 氏

詳細はこちら

その案件、本当にAI・ディープラーニングが必要ですか?
第4次産業革命の要とも言われるAI・ディープラーニング技術を本当に導入まで持っていくには “今” を正しく認識する必要があります。
本セミナーでは、開発サイドの生の声と成功事例をご紹介致します。

B-4

AI人材/コンサルティング

なぜ御社のAI導入はつまずくのか?
その答は業務の視点とデータ前処理にある
~IoT時代のデータを磨くデータバリューアップ~

北村 慎吾 氏

日立産業制御ソリューションズ
AI&ビッグデータソリューションセンタ
センタ長
北村 慎吾 氏

詳細はこちら

AI導入プロジェクトをPoC(概念検証)で終わらせず、成功に導くにはAIの精度向上が欠かせません。 そのためには、業務の課題を明らかにし、業務の視点で適切なデータを準備する前処理がカギとなります。本セミナーでは、数多くの導入事例の中から、データ前処理を含めた、実務的なAI導入プロセスをご紹介します。

16:15~16:30

休憩

16:30-17:10
A-5【事例講演】

業務効率化と売上貢献の両面で進める、アサヒのAI活用

関根 義信 氏

アサヒプロマネジメント
業務システム部
関根 義信 氏

詳細はこちら


アサヒグループでは、社内の業務効率化とお得意先様への売上貢献の両面でAIを活用している。
例えば、社内のOAヘルプデスクの利用者の問合せに対し、AIが24時間365日自動応答する。
廃棄ロス削減、お得意先様売上貢献には、需要予測や売上予測のAIシステムをトライアル及び展開中。
本講演では、各AIシステムの企画から構築までの実態を紹介する。

B-5【事例講演】

現場から始めるAI-driven

白石 寛樹 氏

三井住友カード
統合マーケティング部
データドリブングループ グループマネージャー
白石 寛樹 氏

詳細はこちら

データサイエンティスト不在の弊社において、2017年4月にAI分析ツール“DataRobot”を導入以降、さまざまな業務の担当者がAI活用を自らデザインし、実行できるようになることを目指して取り組んできた道のりと、直面している課題、今後の目標などを、事例を交えてご紹介します。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。