日経BP総研主催 経営課題×社会課題解決フォーラム2018~2019 確実に来るリスクをチャンスに変える 開催日:2018年10月30日(火) 会場:ホテル雅叙園東京

アクセスいただき
誠にありがとうございます。
本フォーラムは、満席のため
受付を終了しました。

大変革時代到来!ビジネスリスクをチャンスに変える

いま世界では産業の「再定義」がはじまっています。新しいテクノロジーがもたらすインパクトが、社会や産業、人々の生活、そして地球環境に至るすべての分野において「融合」と「再生」を生み出そうとしています。例えば米国アマゾン・ドット・コムの登場によって小売業界のルールが世界中で激変したように、AI(人工知能)やFinTech、AgriTechなどの新しい技術が既存業界内に浸透することによって、国境や産業の垣根を超えた「再定義」がはじまろうとしているのです。…全文はこちら

いま世界では産業の「再定義」がはじまっています。新しいテクノロジーがもたらすインパクトが、社会や産業、人々の生活、そして地球環境に至るすべての分野において「融合」と「再生」を生み出そうとしています。例えば米国アマゾン・ドット・コムの登場によって小売業界のルールが世界中で激変したように、AI(人工知能)やFinTech、AgriTechなどの新しい技術が既存業界内に浸透することによって、国境や産業の垣根を超えた「再定義」がはじまろうとしているのです。

このような不確実性の高い時代を乗り越えるためには、情報をいち早く集め、自社の価値を棚卸して発信し、ネットワークを形成していくことが肝要です。機先を制することでリスクはチャンスに変えることができます。

本フォーラムでは数多く存在するリスクの中から、特に注意していきたい10大リスクを中心にご紹介します。
後半のセッションでは、皆様のビジネスのお悩み別に、リスクを先読み、課題を解決するためのソリューションについて先進事例を紹介しながら徹底解説します。

経営者や事業責任者の方々に向けて、日経BP総研がお届けする「経営課題×社会課題解決フォーラム2018~2019」。本フォーラムを契機に、リスクをチャンスに変えていただければ幸いです。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日経BP総研所長 望月 洋介

開催概要

開催日時 2018年10月30日(火) 13:00~16:00(開場 12:30)
会場 ホテル雅叙園東京(旧:目黒雅叙園)2F
東京都目黒区下目黒1-8-1 MAP ↗
主催 日経BP社 日経BP総研
定員 500名 ※事前登録制(先着順)
受講料 無料
対象 経営者や事業責任者の方、マーケティング部門・広報宣伝部門・人事総務部門、開発部門・CSR部門などの意思決定に携わる方

プログラム本セミナーは2部構成です。第2部は4テーマから1つお選び下さい

第1部:リスク/技術トレンド徹底予測(13:00~)

  • リスク解説13:00~13:20

    10大リスクをビジネスチャンスに変える

    日経BP社 取締役副社長 酒井綱一郎

    詳細はこちら

    酒井綱一郎

    国際基督教大学教養学部社会学科卒業。スタンフォード大学プロフェッショナル・パブリッシング・コース修了。日経マグロウヒル(現在の日経BP社)に入社。ニューヨーク支局長、日経ビジネス編集部長、ビジネス局長、日経ビジネス発行人などを務める。その後、日本経済新聞社の常務執行役員を経て、日経BP社 取締役経営情報グループ統括・医療局担当。2015年、日経BP総研 所長を経て現職に至る。故ピーター・ドラッカー氏の薫陶を受け、イノベーションを専門とする。

  • 技術トレンド予測13:20~14:10

    日経BP総研を代表する研究員10名が予測する、
    ゲームチェンジテクノロジー&キーワード2019

    「AI経営」「デザインシンキング」「インプラントデバイス」などこの先注目すべき技術やキーワードを一挙ご紹介!

    モデレーター:日経BP社 上席執行役員 日経BP総研 所長 兼 日経ESG経営フォーラム 事業部長 望月洋介

    詳細はこちら

    望月洋介

    <プロフィール>
    1987年、日経マグロウヒル入社(現在の日経BP社)、日経マイクロデバイス配属。1995年シリコンバレー支局。2000年日経マイクロデバイス 編集長。2005年日経エレクトロニクス 編集長。2010年クリーンテック研究 所長。2011年Smart City Week委員長を兼務。2013年電子・機械局長。2017年から現職。著書「スマートシティ・ビジネス入門」。講演は技術系テーマを中心に年間20本前後。

    <詳細>
    テクノロジーの進化はこれからの社会をどのように変えていくのだろうか。変化の時代を生き抜くためには、ゲームチェンジテクノロジーにいち早く気づき、これを経営にどう活かすのか考えていくことが肝要です。自動運転、フィンテック、再生医療など各分野から次々と新しい技術が生まれる中で、特に有望な技術は何なのかをコンパクトにお伝えするセッションを設けました。日経BP総研を代表する10名の研究員がそれぞれの専門分野からピックアップした有望な技術をゲームチェンジングテクノロジー&キーワードとして皆様にご紹介する予定ですので是非ご参加ください。

+

第2部:選べるテーマ別セッション(14:30~)
※貴社のお悩みやご関心テーマに応じて以下4テーマから1つお選び下さい。