ESG 2018年10月30日(火)14:30~16:00

ESG経営はリスクに効くか?チャンスに効くか?~経営の新潮流~ 長期的に成長し続けられる会社になるために

ESG投資の急拡大とともに、経営戦略にESGの視点を取り入れる必要性が高まっています。

ESGには事業継続リスク(企業活動で守られるべき人権、環境、労働、腐敗防止などの諸問題)への耐性を高めつつ、新たな市場や顧客を獲得するバリューを生み出す効果が期待されているためです。

本セッションでは一橋大学大学院商学研究科特任教授の伊藤邦雄 氏をゲストとしてお招きし、伊藤氏が唱える「ROESG(ROE+ESG)経営」について日経ESG編集長の田中との対談を行う予定です。

また、セッションの後半では、NIKKEIグループ のサステナビリティ情報開示の取り組みについてご紹介しながら、企業“らしさ”をステークホルダーに伝えるためのポイントについても触れてまいりますので是非ご参加ください。

満席のためお申し込み受付を終了しました。

プログラム

14:30~16:00

1. 調対談

伊藤邦雄 氏

一橋大学大学院商学研究科
特任教授
CFO教育研究センター長
伊藤邦雄

プロフィール
三菱商事、東京海上ホールディングス、セブン&アイ・ホールディングスなど数多くの社外取締役を兼任。2017年10月に発表された「伊藤レポート2.0」=持続的成長に向けた長期投資(ESG・無形資産投資)研究会報告書はこれからの経営の方向性を示すものとして評価されている。
田中太郎

日経ESG 編集長
田中太郎

プロフィール
1990年早稲田大学政治経済学部卒業、日経BP社入社。「日経ビジネス アソシエ」副編集長、「日経ビジネス」副編集長、「日経エコロジー」編集長などを経て2018年4月から現職。農林水産省食品リサイクル小委員会委員、新エネルギー大賞審査員などを務める。

2. 日経グループのESG/SDGs戦略

日本経済新聞社 グ口一バル事業局 局次長
牧江邦幸

日本経済新聞社 ク口スメディア営業局
企画部 部長 兼 グループイベント推進本部
菊原周平

古塚浩一

日経BPコンサルティング
SDGsデザインセンター長
古塚浩一

プロフィール
カスタムメディアのプロデューサー、ディレクターとして主にBtoB領域の企業コミュニケーションを支援。日経ナショナルジオグラフィック広告賞(三井物産)、日経電子版広告賞BtoBタイアップ広告部門賞(三菱商事)等受賞。

<モデレーター>

斎藤正一

日経ESG経営フォーラム 事務局長
斎藤正一

プロフィール
1985年明治大学法学部卒業、1987年日経マグロウヒル社(現在の日経BP社)入社。日経ビジネス記者などを経て、1999年日経エコロジー副編集長、2012年より日経BP環境経営フォーラム事務局長、2018年4月より現職。
  • ※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

満席のためお申し込み受付を終了しました。