人材 2018年10月30日(火)14:30~16:00

変わる「会社と社員の関係」生き残るための仕組みづくりと人材育成策 社員のやる気と潜在能力を引き出す最新メソッドを公開!

リーダーが望む人材像と部下の実像がズレているというのはよくある話です。しかし、上司が部下を「できない社員」で見切ってしまっては会社が終わってしまいます。このような課題の解決方法を行動科学マネジメントの専門家として組織と社員の関係性について研究されているウィルPMインターナショナル代表取締役社長の石田淳 氏をお招きし、日経BP総研コミュニケーション ラボ所長の中須との対談の中で解説してまいります。ネックとなっているコミュニケーション障害を取り除き、社員の意識を変え、能力を向上させ、組織を活性化するにはどうすればよいのか?実際の成功事例も交えながらお伝えしてまいりますので、是非ご参加ください。

満席のためお申し込み受付を終了しました。

プログラム

14:30~16:00

1. 対談

石田淳 氏

ウィルPMインターナショナル
代表取締役社長兼 CEO
石田淳

プロフィール
米行動分析学会 ABAI会員、日本行動分析学会会員、日本ペンクラブ会員。社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事。日経BP主催『課長塾』にて講師を務める。
中須譲二

日経BP総研
コミュニケーション ラボ所長
中須譲二

プロフィール
早稲田大学卒業。『日経トレンディ』『日経おとなのOFF』『日経ECO21』『日経EW』『日経トレンディネット』など月刊誌やWEBメディア編集を経て、ターゲットに読まれるコンテンツ、リーチできるメディアのノウハウを企業の課題解決のために提供。数々の企業会報誌やWEBサイトのプロデュースを手がける。現在は、日経BP総研内で、社員の人材育成・意識改革・モチベーションアップなど「インナーブランディング」分野を担当するコミュニケーションラボの代表。最新の企業動向や人材育成の潮流を解説。
大塚葉

日経BP総研
コミュニケーション ラボ
上席研究員
大塚葉

プロフィール
早稲田大学卒業。技術評論社に入社し「パソコン倶楽部」、日本初の女性向けパソコン誌「パソコンスタイルブック for Women」を編集長として創刊。1997年日経BP社に入社し、2004年「日経PCビギナーズ」発行人兼編集長。「日経ビジネスオンライン」「日経WOMAN」編集委員などを経て、15年日経BPコンサルティングカスタム出版本部第二部長として、企業や大学の会報誌、書籍、周年史制作などのソリューション事業をけん引。2018年4月より現職。裏千家茶道助教授。
澤畑淳司

日経BP総研
企画マーケティング部
澤畑淳司

原田かおり

日経BP社
ヒューマンキャピタル Online 編集長
原田かおり

プロフィール
1998年学習院大学卒業。出版社を経て2000年日経BP社入社。航空機内誌、ゴールドクレジットカード会員誌、大手不動産会社会員誌など、企業機関誌の創刊および編集長を多数経験。現在は日経BP総研 コミュニケーション ラボのインナーブランディング担当として活動。日経BP社の人材開発支援サイト「ヒューマンキャピタルOnline」で「『働きがい』を創造する社内コミュニケーション改革」を執筆中。「社内コミュニケーション改革セミナー」プロデューサーとして企業の業績向上に役立つ社内コミュニケーション活性化プログラム「コエダス」を開発。2018.7 HumanCapital 2018 「ワークスタイル変革SUMMITパネルディスカッション」モデレーター。

2. 質疑応答

  • ※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

満席のためお申し込み受付を終了しました。