新型コロナウイルスの予想外の危機が襲った2020年。一方でビジネスを持続させるためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)が加速した年でもありました。2021年は経済再生が期待される中で、ビジネスを加速させる成長戦略としてのITの活用がますます期待されています。ビジネスモデルや企業システムにおける更なるDXを推し進めるにあたり、新技術やクラウド活用の拡大でITの活躍できる範囲はより幅広くなっています。

 「DIGITAL Foresight 2021 Summer」では、ICTをはじめとするテクノロジー系メディアと研究・調査機関を擁する日経BP 総合研究所の取材/調査力を結集。各メディアの編集長と総研研究員が、今、注目の技術テーマについての役立つ情報を1日1テーマのWebセミナーの番組としてお伝えします。

開催概要

名称
DIGITAL Foresight 2021 Summer
~日経BP編集部/日経BP 総合研究所が語るデジタル変革の行方~
日時

【2021年6月開催】

6/15(火)、 6/17(木)、 6/22(火)、 6/24(木)、 6/29(火)

【2021年7月開催】

7/1(木)、 7/6(火)、 7/8(木)、 7/13(火)、 7/15(木)、 7/20(火)、 7/26(月)、 7/27(火)、 7/28(水)、 7/29(木)

【2021年8月開催】

8/3(火)、 8/5(木)、 8/24(火)、 8/26(木)

※全19日間:16:00~17:00 配信(予定)

会場
オンラインセミナー
主催
日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
協賛
アラスジャパン、 FPTジャパンホールディングス、 インフォマティカ・ジャパン、 マクニカ、 エムオーテックス、 日本HP、 NTTコミュニケーションズ、 SailPoint Technologies Japan、 セゾン情報システムズ、 SAP ジャパン、 ヤプリ ほか(ABC順)
協力
日経クロステック、 日経クロステックActive、 日経コンピュータ、 日経NETWORK
受講料
無料/事前登録制(先着順)

※受講数に限りがあり、件数に到達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
ご了承ください。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

ご希望の講演日を選択してください。チェックボックスが配置された日程は複数日程もすべて選択が可能ですので、「お申込みボタン」を押してお申込みください。

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

■Webセミナーご受講に際し、以下の事項に同意のうえお申込ください。

1. 視聴URLはセミナーに参加する方のみ利用可能とし、再配布を禁止します。

2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすることは一切できません。
 もし、発見した場合、事務局は削除を要求できることとします。
 また、SNSなどへのアップも禁止します。

3. セミナーの内容や受講者の個人情報などはセミナー内のみとし、口外しないでください。

4. システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合も
 対応出来かねますのでご自身でご調整ください。

5. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。

※6月15日(火)16:00~17:00 のお申し込みは、受付を終了しました

16:00~16:30

アフターコロナとDXを乗り切るカギ、ローコード開発を知る

井上 英明

日経クロステック/日経コンピュータ 副編集長
井上 英明

見どころ

コードをなるべく書かない「ローコード開発」が国内で浸透しつつあります。コロナ禍を乗り越えようとDXへの取り組みが加速するなか、先進企業はどう活用しているのか。ローコード開発の今をひもときます。

16:30~17:00

ローコード導入と活用の要所
~DX・デリバリー・ソーシング戦略と共に考える~

  • 小野内 隆弘 氏

    FPTソフトウェアジャパン
    コンサルティングサービス事業本部
    小野内 隆弘 氏

    プロフィールはこちら

    2020年、コンサルティングおよびマネージドサービス分野強化のためにFPTジャパンホールディングスに入社。コンサルティングでは20年以上の経験、さらにマネジメント戦略、業務改革、IT開発、保守、運用など上流から下流にわたる幅広いプロジェクトマネジメント経験を持つ。

  • 大和田 尚孝

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
    上席研究員
    大和田 尚孝

見どころ

少子化の問題に直面する日本においてエンジニアの確保が一段と難しくなる中、システム構築が手軽に短期間でできることから「ローコード」技術に注目が集まっている。ローコード技術を上手に活用するには、DXやデリバリー、ソーシングといった戦略とセットで考えることが大切だ。ITプラットフォーム、データ移行・統合、モバイル向け新サービスなど、様々な局面で活用できる技術だけに、一部の組織やプロジェクトに閉じるのではなく、全社の視点でスキルを習得し、ノウハウを蓄積していくべきでもある。ローコード活用の要所について議論する。

※6月17日(木)16:00~17:00 のお申し込みは、受付を終了しました

16:00~16:30

デジタルの時代を制するのは正しいデータ

中村 建助

日経BP
技術メディアユニット編集委員
中村 建助

見どころ

DX、デジタルトランスフォーメーションの必要性が叫ばれている。デジタルの時代を制するのに不可欠な存在がデータだ。AI(人工知能)の活用もUXの改善もデータがなければ始まらない。IoT、SNS、ECの拡大などによって収集できるデータは増えたが、単に集めるだけで分析・活用は進まない。適切に利用できる形に整理された正しいデータの存在がDX、デジタルの時代を勝ち抜くためには不可欠である。データマネジメントの重要性はかつてないほど高まっている。

16:30~17:00

「データの民主化」を実現、最新のAIデータマネジメント

  • 森本 卓也 氏

    インフォマティカ・ジャパン
    センターオブエクセレンス部
    ソリューションアーキテクト
    森本 卓也 氏

    プロフィールはこちら

    日本アイ・ビー・エム株式会社に入社、ITアーキテクトとして10年以上に渡り金融を中心としたサービス活動を担当。数千人規模の超大規模プロジェクトの立ち上げから運用などに従事。その後Software事業部 ソリューションセールスとして、業種業界問わず開発支援、DevOpsを中心としたプリセールス活動に従事。現在は現職にて、ソリューションアーキテクトとして、日本全国のお客様向けにデータマネジメントの推進、普及活動に尽力。

  • 戸川 尚樹

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    イノベーションICTラボ
    所長
    戸川 尚樹

見どころ

企業が競争力を高めるためには、「データの民主化」を進める必要がある。利用部門は、多種多様なデータを容易に使いこなし、意思決定スピードや業務効率を高める。一方、システム部門にとっては、開発・運用管理負担の軽いデータ基盤の整備が求められる。
AIを活用したデータマネジメント製品が従来製品とどう違うのか。導入メリットは何かを分かりやすく解説する。

※6月22日(火)16:00~17:00 のお申し込みは、受付を終了しました

16:00~16:30

データドリブン経営、成功への道筋

浅川 直輝

日経コンピュータ 編集長
浅川 直輝

見どころ

データの収集・分析・活用を経営戦略に生かす「データドリブン経営」を実践し、競争力の強化につなげるには──。日経コンピュータが取材したデータ活用の先進事例と、成果を挙げた企業に共通する成功の勘所を明らかにする。

16:30~17:00

データドリブン経営を阻む「データの壁」をどう乗り越えるか

  • 安藤 博樹 氏

    NTTコミュニケーションズ
    プラットフォームサービス本部 データプラットフォームサービス部
    サービスクリエーション部門 担当部長
    安藤 博樹 氏

    プロフィールはこちら

    1996年に日本電信電話(NTT)に入社し、法人企業向けのネットワーク構築業務に従事。NTTコミュニケーションズにおいて、VPNサービスやクラウドサービスの開発/運用業務に携わり、2020年よりデータ利活用プラットフォームサービスの企画開発を推進している。

  • 小澤 泰斗 氏

    インフォマティカ・ジャパン
    営業本部 本部長
    小澤 泰斗 氏

    プロフィールはこちら

    大学卒業後、SAP ジャパン株式会社に入社。会計コンサルタント・インサイドセールス・アカウント営業を経て、2015年にインフォマティカ・ジャパン株式会社に入社。製造業を中心としたアカウント営業に従事し、現在は営業本部長として、日本全国のお客様向けにデータマネジメントの推進、普及活動に尽力。

  • 桔梗原 富夫

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    フェロー
    桔梗原 富夫

見どころ

DXを推進する上でカギとなるのがデータ活用です。社内にある膨大なデータを集約・分析し、そこで得たインサイトを活かして意思決定を行うデータドリブン経営に注目が集まっています。本セッションでは、データ活用をより促進し成果を上げるために、多くの企業が乗り越えるべき“壁”とは何か、またその先にある真のデータの活用法について分かりやすく解説します。

16:00~16:20

DXを加速させるITモダナイゼーションの最前線

  • 中村 建助

    日経BP
    技術メディアユニット編集委員
    中村 建助

  • 森重 和春

    日経クロステック
    IT・先端技術編集長
    森重 和春

見どころ

企業にとってDX(デジタルトランスフォーメーション)が大きな経営のテーマとなっています。しかしデジタル技術を活用して事業変革を進めようとしても、老朽化した既存のシステムがその足かせになることが少なくありません。そうした課題を克服してDXを加速させるには、新しい技術や開発手法を活用してシステムを近代化する「ITモダナイゼーション」が重要な意味を持ちます。主要なITモダナイゼーションの手法や最新動向を先行企業の事例を交えて解説します。

16:20~17:00

DXではなくビジネスの変革を推進するIT組織になるためのテクノロジープラットフォーム

  • 本名 進

    SAP ジャパン
    イノベーションオフィス部長
    本名 進 氏

  • 佐藤 歩

    SAP ジャパン
    IT部門長 
    佐藤 歩 氏

  • 大和田 尚孝

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
    上席研究員
    大和田 尚孝

見どころ

多くの企業がDXに取り組む中、DX自体が目的となっているおかしなケースも散見される。DXの目的はビジネスの変革であり、それを実践しているのがSAPだ。本編では、SAPのIT組織がどのように改革を行いビジネスの変革を推進しているのかをITの責任者が紹介し、改革に活用されているテクノロジープラットフォームについて解説する。

※6月29日(火)16:00~17:00 のお申し込みは、受付を終了しました

16:00~16:30

次世代セキュリティの本命「ゼロトラストネットワーク」

勝村 幸博

日経NETWORK
編集長
勝村 幸博

見どころ

テレワークの普及とともに、次世代セキュリティの本命として急速に注目が集まる「ゼロトラストネットワーク」。そもそもゼロトラストとは何なのか、なぜ関心が高まっているのか。メリットはどこにあり、導入に当たって意識すべきポイントは何なのか。逆に既存のセキュリティにどうして限界が訪れたのか。現在、企業が抱えるセキュリティリスクをどう理解すべきなのか。誰もが気にしているゼロトラストを分かりやすく解説する。

16:30~17:00

ゼロトラスト時代の要、いま「アイデンティティ・セキュリティ」に注目すべき理由とは

  • 藤本 寛 氏

    SailPoint Technologies Japan
    社長兼本社バイスプレジデント
    藤本 寛 氏

    プロフィールはこちら

    日本オラクル株式会社入社、2006年同社執行役員アプリケーションマーケティング本部長に就任し、2008年からCRM事業担当、同社初のSaaS事業をリード。2010年から日本マイクロソフト業務執行役員クラウド&ソリューション統括本部長。2013年からServiceNow社長として日本法人を0から立ち上げ、ITサービス管理のクラウド化を促進。2016年からZendesk社長として日本法人拡大やオフィス設立などを行い現在に至る。

  • 桔梗原 富夫

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    フェロー
    桔梗原 富夫

見どころ

ゼロトラストが注目を集める中、テレワークの普及によって明らかになった企業の課題は何か、ゼロトラストネットワークを実現する上で、なぜアイデンティティ・セキュリティが重要なのか、その中で、SailPointの優位性や導入における注意すべき点はどこにあるか、について議論していきます。

16:00~16:30

なぜサイバー攻撃に遭遇したのか、最新事例から探る企業防御策

齊藤 貴之

日経クロステック/日経コンピュータ 副編集長
齊藤 貴之

見どころ

企業を標的としたサイバー攻撃が次々と明らかになっている。その被害は機密情報の窃取、システムの破壊、金銭の詐取などだ。企業規模の大小にかかわらず標的になるため、被害によっては企業存続の危機に追い込まれるケースも出てくる。こうした状況は、情報システム部門の担当者はどのように企業システムを守っていけばよいのか。講演では、最善の企業防御策を見つけるヒントになる最新サイバー攻撃事例の原因や攻撃手法について解説する。

16:30~17:00

曖昧になる境界に対応した新しいセキュリティアプローチ

  • 九嶋 俊一 氏

    日本HP
    専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括
    九嶋 俊一 氏

    プロフィールはこちら

    1988年横河ヒューレット・パッカード株式会社入社(1995年 日本ヒューレット・パッカード株式会社に社名変更)、テクノロジー・ソリューション統括本部長等を歴任。2015年8月 日本ヒューレット・パッカード株式会社と分社後、2017年より法人向けデバイス事業や、マネージドサービス事業を統括する現職。広くテクノロジーに精通し、各種イベントで講演。

  • 井出 一仁

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
    主席研究員
    井出 一仁

見どころ

新型コロナウイルス感染症のパンデミックがビジネスにもたらした最も大きな変化の一つは、在宅勤務が従業員の都合で時々使われるものから、事業継続のための唯一の方法へと変わったことです。一方、ランサムウエアなどのサイバー攻撃の増加、高度化に伴い、情報の流出にとどまらず、サービス/事業の停止にまで追い込まれてしまう事案が増えています。会社の内と外の境界が曖昧になった環境下で、事業を止めないためには、どのようなセキュリティ対策が求められるのかを明らかにします。

16:00~16:30

DXの必須基盤「コンテナ」、先進ユーザーの活用法

中山 秀夫

日経クロステック/日経コンピュータ
副編集長 中山 秀夫

見どころ

テレワークの普及とともに、次世代セキュリティの本命として急速に注目が集まる「ゼロトラストネットワーク」。そもそもゼロトラストとは何なのか、なぜ関心が高まっているのか。メリットはどこにあり、導入に当たって意識すべきポイントは何なのか。逆に既存のセキュリティにどうして限界が訪れたのか。現在、企業が抱えるセキュリティリスクをどう理解すべきなのか。誰もが気にしているゼロトラストを分かりやすく解説する。

16:30~17:00

製造DXにコンテナ技術が求められる理由とは
~急増するデジタルツインデータを活用した価値創造型ビジネスに向けて~

  • 久次 昌彦 氏

    アラスジャパン
    社長
    久次 昌彦 氏

    プロフィールはこちら

    日本のPLMの創生期よりPDMの市場展開と、多くの製造業へのPLMシステムの導入及び設計開発業務コンサルティングに従事。自動車、家電、事務機器、重工業などさまざまな製造業における設計・生産領域の業務改革プロジェクト、ERP ベンダーなどでPLMコンサルティングビジネスの立ち上げに携わる。その後 PLM コンサルティングファームを設立し、2012年の Aras 日本法人設立に伴い、アラスジャパン合同会社 社長に就任。

  • 渡辺 享靖

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
    上席研究員
    渡辺 享靖

見どころ

テスラのクルマのように、「出荷した製品の制御ソフトウエアを毎年のようにアップデートして、性能や安定性を向上させる」というビジネスへのシフトが加速しており、それを支える基盤の構築が製造業DXの一つとして注目されている。だが、出荷済み製品から稼働情報を収集し、「デジタルツイン」に取り込んで分析をするには、複雑化する製品構成情報や指数関数的に増え続ける稼働情報を処理する大きなパワーが求められる。その解決のカギを握るのは、PLM(製品ライフサイクル・マネジメント)システムのコンテナ化やクラウド化だ。

※7月8日(木)16:00~17:00 のお申し込みは、受付を終了しました

16:00~16:30

AI革命はこれからが本番、次の激震地は「化学」

中田 敦

日経クロステック/日経コンピュータ
副編集長
中田 敦

見どころ

AI(人工知能)ブームは一段落した感がありますが、AIが産業を一変させるのはむしろこれからです。激変が予想される分野をAI専門記者が予測します。

16:30~17:00

デザイン思考で臨む「AI社会実装」
~成功の鍵はユーザー視点とサービス・UI設計にあり~

  • 楠 貴弘 氏

    マクニカ
    AI Research & Innovation Hub
    プリンシパル
    楠 貴弘 氏

    プロフィールはこちら

    ASICハードウェア開発を経験し、2000年にマクニカへ入社。ハイエンドプロセッサなどのアプリケーションエンジニアを担当後、GPU関連製品のサポートをきっかけにAIの世界へ入る。その後マクニカ初のデータサイエンティストチームを立ち上げ、2019年12月に新設されたAI Research & Innovation Hubのプリンシパルに就任。社会課題を解決することをミッションにAIの社会実装に向けた普及活動を行っている。

  • 大和田 尚孝

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
    上席研究員
    大和田 尚孝

見どころ

AI(人工知能)という新しいテクノロジーを使いこなすには、導入のアプローチから見直す必要があります。デザイン思考の手法を活用し、ユーザー視点でサービス設計から取りかかることによって、新たな価値の創造につなげやすくなります。本セッションではデザイン思考によってAIの威力を最大限に引き出すための方策を示します。

16:00~16:30

DXを加速する「データ活用基盤」、勝ちパターンが見えた

日経クロステック/日経コンピュータ 副編集長
森山 徹

見どころ

DXを成功に導くために、データ分析の高度化は避けて通れない。より多くのデータを素早く集め、より精緻に分析することで知見を得て、ビジネスに生かす必要がある。先進ユーザーは社内外のデータをデータレイクに集め、オンラインに近いスピードで分析する「データ活用基盤」を整備してきた。AIや機械学習の活用も進みつつある。どう作れば効率的にデータ活用できるのか。その「勝ちパターン」を解説します。

16:30~17:00

DXの活路を開く「データ連携」の最適解
素早くつないで、自動化と業務スピードの向上を

  • 広川 守 氏

    セゾン情報システムズ
    執行役員 ビジネスイノベーションセンター センター長
    広川 守 氏

    プロフィールはこちら

    国内事業会社及びIT企業で、新規ビジネスの立ち上げ・コンサルティング・事業提携のアレンジメント業務を数多く経験。その後、12年間在籍した外資大手IT企業ではゼネラルマネージャーとしてISV向けにパートナーおよびダイレクトセールス活動を年経験し、日本IT産業をグローバルに推進したいという思いで2019年当社へ入社、次世代ビジネス開発基盤のサービス開発プロジェクトのPMを務める。

  • 渡辺 享靖

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ
    上席研究員
    渡辺 享靖

見どころ

デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるのは、いうまでもなくデータの活用である。一連の業務に必要なデータを集め、業務プロセス全体を一貫して支援できるデータ・プラットフォームがあってこそDXは成功する。だが多くの企業では、活用すべきデータが個別のシステムに散在し、うまく連携・活用できていない。これが業務スピードを落としているだけでなく、DXの足かせにもなっている。解決のカギは、企業内のあらゆるデータを柔軟かつ自在に「つなぐ」ための仕組みづくりだ。DXの活路を開く「データ連携」の最適解を紹介する。

16:00~16:30

DX待ったなしの営業DX、勘所を先進事例に学ぶ

戸川 尚樹

日経BP 総合研究所
イノベーションICTラボ
所長
戸川 尚樹

見どころ

1位は「販売・営業」――。これは「デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性が高まっている業務」ランキングの結果だ。日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボの独自調査「DXサーベイ2」で分かった。With/アフターコロナ時代に生き残るためには、営業DX待ったなしの状況といえそうだ。では営業DXの勘所とは何か。先進事例の取り組みから学ぶ。

16:30~17:00

販売パートナーとの距離を縮めるアプリとは?
最新事例で明かす営業DX事情

  • 山本 崇博 氏

    ヤプリ
    執行役員 CMO
    山本 崇博 氏

    プロフィールはこちら

    株式会社アイ・エム・ジェイ(アクセンチュア グループ)にて、データ分析・コンサルティング部門の新規立ち上げを牽引し、その後、同社執行役員としてマーケティングコンサルティング部門を統括。2019年より株式会社ヤプリにてCMOに就任。2020年より同社執行役員。

  • 戸川 尚樹

    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    イノベーションICTラボ
    所長
    戸川 尚樹

見どころ

企業が売り上げを拡大するためには、フランチャイズ(FC)や特約店・代理店、そして取引先などといった販売パートナーとの距離感が非常に重要になってくる。そんな中、先進企業が販売パートナーとの新しいコミュニケーション手段として注目しているのが、「B2Bアプリ」である。B2Bアプリとは何か。企業が販売パートナーとの一体運営を実現するためには、アプリをどのように使いこなせばいいのか。ヤプリの最新事例から、営業DXの現状と今後について解説する。

16:00~16:30

テレワーク本格始動から1年、見えてきた課題と解決策

森重 和春

日経クロステック
IT・先端技術編集長
森重 和春

見どころ

新型コロナウイルス禍であらゆる企業が導入を余儀なくされたテレワーク/リモートワーク。本格的な活用を始めて1年以上がたち、会社に出社する仕事とそん色ない生産性をあげられるようになったという企業は少なくないでしょう。一方で、社内コミュニケーションやセキュリティーなど、各種の問題やリスクも浮き彫りになっています。テレワーク/リモートワークをうまく活用するコツや解決すべき課題について、事例を交えて解説します。

16:30~17:00

テレワークを後退させない!
可視化でセキュリティもコミュニケーションも向上

  • 中本 琢也 氏

    エムオーテックス
    経営企画本部 本部長
    中本 琢也 氏

    プロフィールはこちら

    2004年にエムオーテックスに入社後、開発部門にて自社製品LanScopeシリーズの設計、開発を実施。
    2015年に経営企画本部の本部長として、新規事業や海外展開を推進し、Cylance社とのOEM契約を締結。
    2017年にMOTEX-CSIRTを構築し自社のセキュリティ対策を推進。

  • 小林 暢子
    <モデレータ―>

    日経BP 総合研究所
    コンサルティングユニット長
    小林 暢子

見どころ

新型コロナ対策で浸透したテレワークだが、その実施率は徐々に低下している。原因は情報セキュリティへの不安や働いている姿が「見えない」ことによるコミュニケーションの不全だ。働き方の可視化によってこうした不安を払しょくし、安心安全に働き、チームの求心力を高めることができる。

■視聴環境事前ご確認のお願い

» オンラインセミナー視聴マニュアル(PDF)はこちら

Webセミナーご参加にあたり、「視聴環境チェックサイト」での動作確認をお願いしております。音声および動画が正常に受信できるかを、下記「視聴環境チェックサイト」へアクセスしていただきご確認ください。
なお、お客様がご使用のパソコンおよび通信環境によってはWebセミナーにご参加いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイト(PC・スマートフォン)
https://ondemand.seminar.vcube.com/checker/videostream

※チェックサイトで視聴に問題がある場合は、まずセミナーの推奨環境に合っているかをご確認ください。

▼セミナー推奨環境(ビデオストリーミング配信の「受講者」の項目をご確認ください)
https://jp.vcube.com/support/requirements/req_seminar.html

※受講者側で推奨しているPCブラウザ・OSは、以下となります。
Windowsプラウザ・・・Windows:Microsoft Edge、IE11、Firefox、GoogleChrome
Macブラウザ・・・safari
WindowsOS:Windows 10、Windows 8.1
MacOS:macOS 最新版

※受講者側で推奨しているスマートフォン・タブレットのブラウザ・OSは、以下となります。
iOS ・・・iOS デバイス iOS 7以上、safari
Android・・・ Android 4.4以上、chrome

※インターネット環境によっては視聴が出来ない場合がありますので、視聴確認サイトから、受講される環境にてテストをお願いします。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから